臀部の怪我からの復帰を目指しているアンディ・マレー。

ロジャー・フェデラーとのエキシビションマッチは無事こなしたものの、所感としては不安が拭いきれませんでした。

 

「復帰は春になってからなんじゃ…」と思って過ごしていましたが、良いニュースが飛び込んできました。

コーチのジェイミー・デルガドが、マレーのブリスベン国際での復帰に太鼓判を押しています!

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

ティームとの練習でO2アリーナに登場したマレー

前記事でも触れましたが、最終戦に出場中のドミニク・ティームの練習相手として、会場のO2(オーツー)アリーナに登場したマレー。

プレー動画は見つかりませんでしたが、順調に回復しているようです。

 

何より、一番近くで見ていたデルガドコーチが自信を深める内容だったことが一番です。

フェデラー戦では、少し患部を気にしながらプレーしているのかなと感じましたが、それ以降も問題なく動けていて、経過は良好のようです。

「ブリスベン国際にマレーはいるか?」の問いに "YES"

skysportsの番組内でインタビューを受けたデルガド。

「ブリスベン国際にマレーはいるか?」とダイレクトに聞かれ、「いる」と答えました!

 

以下、拙訳をいくつか載せておきます。

"He played the exhibition last week in Scotland with Federer, that was good,"

"That was the first time [since losing to Querrey in the quarter-finals at Wimbledon four months ago] that he had played against anyone at that level.

「実戦レベルでプレーするのは、ウィンブルドンでクエリーに敗れて以来はじめてだったから、先週にフェデラーとスコットランドで戦えて良かった。」

 

"His body recovered well after that. Then a few days later we came down here to practise with [Dominic] Thiem. That was a progression as well. He enjoyed it.

「エキシビションマッチを終えてからも順調に回復している。それから数日後に、こうやってティームと練習ができている。良い流れで来てるし、彼も楽しめている。」

 

"The plan is to start in Brisbane in the first week of the year and then there is a week's gap between that and the Australian Open. We are in the process now of getting ready for a few weeks and try to get a pre-season block together, try and get some good players to practise with and pick up that level and get ready for Australia.

「2018年の始動はブリスベンからで、1週間後には全豪オープンがある。今は数週間準備をしていて、数人のパートナーと一緒に練習して、オーストラリアに向けてレベルを上げていけるよう頑張っている。」

(その前にも、来年までに実戦感覚を取り戻すために、良い選手と練習する必要があると語っていました)

 

極めつけはこちら。

"We are very confident and hopeful that he will be back to his best."

「ベストの状態まで戻してくれると確信しているし、大いに期待している。」

 

あれ、涙で前が見えなく...

 

マレーはブリスベン国際で2012年・2013年に優勝

マレーがブリスベン国際に参戦したのは2012年と2013年の二度

そして、ともに優勝を飾った、とても縁起の良い大会です!

1年のスタート、景気付けには持ってこいと言えます!!

 

【2012年決勝 vsドルゴポロフのハイライト動画】

 

【2013年決勝 vsディミトロフのハイライト動画】

 

2018年早々、こんな風に躍動してくれることを期待して...

Let's Go Andy!!

コメント一覧
  1. kumi-mado より:

    こんばんは。嬉しい悲鳴のお忙しい中、更新お疲れ様です(^o^)赤ちゃんメチャクチャかわいいでしようね😬ベテランパパ✨頑張って下さい‼️

    さて、ファイナルズもSFですね。去年の神がかり的な、本当に頑張ったアンディが思い出され、ちょっとなんとも言えない気持ちで試合を観てます。フェデラー以外はランキング下位の選手が残りましたね💦
    ソックはパリがかなり自信になって、初出場でSF。ティームはやはりあの写真がいけなかった⁉️
    アンディと練習してたのに、残念でした😩

    デルガドコーチの頼もしい嬉しいお言葉がありましたが、レンドルとの関係解消ですね😭レンドルもアメリカで忙しいし、色々難しいんでしょうが、寂しいですね…アンディも心機一転ですね‼️
    躍動するアンディが観たくて観たくて、キリンの首状態です😆

  2. はるるん より:

    こんばんは
    ご無沙汰しておりました。。。皆さんお元気ですか?
    アンディ不在じゃ元気出ないですよね涙

    そんな中、デルガドさんの心強いコメントには少し希望の光が見えた様で嬉しいですね。
    言葉通り、順調に回復していると信じたいですが、私がチャリティマッチを見た限りでの見解は少し厳しいものです。。。
    そのお話は後ほど。

    今日は、スコットランド旅行のご報告をしますね。
    この報告を果たしてmori_ichi_さんのコメント欄に書いても良いのか迷いましたが
    自分のブログサイトを持っていないので、ここへ書く失礼をお許し下さい。

    スコットランドから帰って来て、既に2週間も経ってしまいました。
    行く前も、帰ってからも試合を見る気がせず、テニス関係の情報取得を怠っていました、すみません。

    まず、クロムリックスホテルのお話から
    クロムリックスホテルは聞きしに勝る素晴らしさでした!

    ホテルの外観はもとより、ホスピタリティもお食事も周りの環境もほぼ全てパーフェクトです。
    「ほぼ」としたのは「歯磨きセット」が無かったからです(汗)
    確か以前、ロンドンのホテルに泊まった時にはあったと思うので、イギリスのホテルの常識という事はないと思うのです。
    同じく、グラスゴーのアパートにも無かったのでスコットランドだけですかね?(アパートなので単純に比較できないですが)

    クロムリックスホテルは、アンディファンでなくても行く価値のある素敵なホテルです!
    イギリスの食事は不味いという常識をくつがえす美味しい料理の数々は、
    グルメな日本人の舌を満足させる事も請け合いです。

    場所は、グラスゴーから車で1時間弱の田舎にあります。
    私たちは空港でレンタカーを借りて向かったのですが、ナビがなければ絶対に行けないところでした(汗)
    高速を降りた後は、ナビも間違えまくるほどの舗装すらままならない田舎道。
    途中までハイビームの在処が分からず死ぬ思いで運転しました(涙)
    でも、頑張って行ってよかったです❤︎

    そして、アンディファンの聖地「ダンブレーン」
    ここは本当に小さな小さな田舎町です。

    駅前の「TESCO」に車を止めて、直感に従ってGold Post Boxを目指します!
    全くの感頼りだったのに、すぐ見つかりました。
    だってメイン通りがほんの50mくらいしかない小さな町なんですもの、迷い様がありません(笑)

    アンディが結婚式を挙げたダンブレーン大聖堂もポストからほんの20〜30mくらいしか離れていません。
    ロンドンオリンピック後のダンブレーン凱旋の時、写真や動画で見た町の印象よりずっと小さかったです。
    あの時集まった沢山の人は、一体全体どこから集まって来たのでしょう?

    私たちが訪れた日が平日の昼間ということもありましたが、
    通りを歩く住人らしき人は4〜5人しか見かけませんでした。
    その中に何と!何と!アンディのおばあちゃんがいたのです(驚)

    小さな町を堪能し、そろそろ帰ろうかと金のポストの前を通ったところ、
    可愛いピンクのコートを着たご婦人が歩いてポストへ向かって来ます。。。???
    あれ、アンディのおばあちゃんじゃない?
    思わず話しかけて、写真も一緒に撮っていただきました(嬉)

    私って持ってるでしょ?(プチ自慢汗)
    まさかおばあちゃんに会うなんてね〜
    これは、ダンブレーンミュージアムの親切な方々の協力あってのことなのです。

    というのは、ミュージアムを訪れた際、私が傘を忘れてしまい
    ミュージアムのおばちゃんがそれを知らせてくれる為、町中を探して下さる。
    という事件があったおかげなのです(淚)
    (傘を取りに戻ったら、ミュージアムのおばちゃん4〜5人が外に出て
    「良かった、良かった」とハグで迎えてくださいました淚)

    それがなかったら、アンディのおばあちゃんとはすれ違いになっていたことでしょう。
    ダンブレーンのおばちゃんたちありがとう!
    アンディのおばあちゃんはもとより、気取りがなくて、暖かい町の人々。
    アンディの素朴で気取りがない人柄は(スターなのにオーラが無い汗)、
    ダンブレーンという町に生まれ育ったからなのでしょうね。
    アンディのルーツを見た気がしました。

    かなり長くなってしまったので、AndyMurrayLiveの話はまた今度にします。
    こちらは、少々筆が重くなる話になりそうです。。。淚

    追伸)今回の旅の写真をインスタグラム”andymurrayotaku”にアップしましたので
       ご興味ある方はどうぞご覧下さい。(写真は下手なので、ピンボケが多く、概要を掴む程度ですが汗)
    https://www.instagram.com/andymurrayotaku/

  3. はるるん より:

    訂正、今朝読み返して見たところ間違いに気づきました(汗)
    帰国してからまだ1週間でした(照)

  4. Amelie より:

    mori_ichiさん、ブログ記事ありがとうございます(^_^)
    来年は、以前ほどでなくてもアンディの躍動する姿が見れることを祈ってます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ とても待ち遠しいです。全豪には行きますが、見れるチャンスがあれば観戦できるといいんですが・・・
    ツアーファイナルは全く見れず、神戸、豊田とチャレで忙しく、アンディが出ないとこんなにも興味が薄れてるとは(^^;;

    はるるんさん、ありがとうございました╰(*´︶`*)╯インスタ非公開の方にフォロリクしてしまいましたが、ここに来ればレポ及び、IGアカウント見せて頂けたのですね👍👍
    スコットランドは好きなドラマもあって以前から行きたいと思っていましたが、沢山の写真楽しませていただきました💗☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    また今季終了して(?)落ち着きましたら、ブログの記事もゆっくり見させていただきます😘
    mori_ichi さんにも感謝いたします💛

  5. mori_ichi_ より:

    >kumi-madoさん

    こんにちは、お返事遅くなりすぎてごめんなさい…😱
    パパ業はまだまだビギナーなので、足を引っ張らないように必死です💦

    ツアーファイナルは、ずっと神がかりアンディのことを想いながらの観戦でした…😭

    レンドルとの関係は一旦解消ですが、まずはデルガドさんと二人三脚で復活を目標に頑張るってことだと思います!
    そして、必要な時になれば再タッグ、足りないピースを埋めてくれるはずです👍🏼

    もうアンディファンの首は、長くなりすぎて元に戻りませんね😇

コメントを残す

関連キーワード

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!