LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

マレーが錦織と2016年4度目の対戦を迎える!

    2016/11/19

murray-nishikori-4th-match-2016

ツアーファイナルは両組ともラウンドロビンの第1試合が終了しました。

ジョン・マッケンロー・グループの勝者はアンディ・マレーと錦織 圭。

 

つまり、次の試合でマレーは錦織との2016年4度目の対戦を迎えることになります。

現地時間11月16日の14時(日本時間11月16日23時)頃に試合開始です。

スポンサーリンク

過去の対戦成績はマレーから見て7勝2敗

head-to-head-murray-nishikori

初の対戦は2011年の上海ロレックス・マスターズ。

この大会で優勝を飾るマレーに、錦織は準決勝で3-6 0-6と完敗。

それ以降、2015年まではマレーが勝利した試合は全てストレートでの決着でした。

 

しかし、2016年に入ってからは錦織がパワーアップします。

2016年の初対戦となったデビスカップ第3試合は、稀に見る大接戦、死闘と呼ぶに相応しい試合でした。

マレーが7-5 7-6(8-6)と接戦をものにしセットを連取。それまでの錦織なら一気に諦めムードでしたが、食らいついてセットオールまで挽回します。

結局7-5 7-6(8-6) 3-6 4-6 6-3で破れはするものの、錦織の気迫は素晴らしいものがありました。

 

リオ五輪の準決勝で対戦した時は、マレーのサーブが絶好調(1stサーブ%が76%)でなす術なしだった錦織。

連戦の疲労も相まって、1-6 4-6のロースコアで敗退でした。

 

全米オープン準々決勝についてはもうご存知の通りです。

マレーはセットを先行するも6-1 4-6 6-4 1-6 5-7の逆転負けを喫しました。

恵みの雨・除夜の鐘・蝶々と色々ありました(笑)が、錦織の実力が上がってきた証拠です。

 

特に戦術面の工夫(効果的なサーブ&ボレー、ドロップショットを含めた組み立て)が素晴らしいです。調子が良い時は手がつけられません。

 

過去の対戦成績は2勝7敗ですが、マレーに対する苦手意識もだいぶ薄れてきているようです。

 

錦織・マレーの第1試合を振り返って

錦織はスタニスラス・バブリンカと対戦。

バブリンカはムラっ気のありすぎる選手として有名ですが、この日はダメな方(ダメリンカ)でした。

(個人的にはグランドスラム補正がある選手だという認識ですが…)

錦織側は、バブリンカがリターンにスライスを多用する点をついて、サーブ&ボレーを多めに仕掛ける作戦で挑みます。

これがピタッとはまり、バブリンカのラリーの不調もあって一気にたたみかけました。

6-2 6-3で勝利し、全米オープン準決勝の雪辱を果たしました。

 

一方のマレーはマリン・チリッチと対戦。

こちらもムラっ気のある選手で、グランドスラム・マスターズ補正も顕著です。

マレーとしてはシンシナティ・マスターズのリベンジを果たす絶好の機会。

そして、この試合が世界ランキング1位になって初の試合です!

 

第1セットは両者とも緊張もあって動きの固い立ち上がり。

ラリーではマレーが優勢も、サーブがイマイチな仕上がりです。

1stサーブ%こそ61%でしたが、ダブルフォルトが4本、2ndサーブポインツウォンが43%とサービスキープに不安を残します。

それでも2度のブレイクポイントをしっかりと物にして、6-3で先行。

 

第2セットに入ると、マレーはいつも通りに近い活き活きとしたプレーを披露。

ついでに1stサーブの入らなさ(41%)も披露しますが、そこはご愛嬌。

海パンのような悪趣味なパンツ着用のチリッチは、時折強力なストロークを見せるも全体的にグダグダなまま試合終了となりました。

結局6-3 6-2でマレーが勝利しました。失ったゲーム数も錦織と全く同じです。

 

【錦織 VS バブリンカ、マレー VS チリッチのハイライト動画】

 

予選突破へ運命の一戦、注目は「ロングラリー」「サーブ」

勝てば予選突破が一気に近づく第2試合。

錦織との対戦で注目はロングラリーをどちらが制するかサーブの出来だと見ています。

 

02アリーナのハードコートは、ここまでの試合を見る限り、割と球足が遅いように感じます。

(球足が速いと感じた選手もいるようですが…)

ということは、ストロークに自信のある両者の対戦ではロングラリーが増えるはずで、どれだけ我慢強くラリーを続けられるかがカギとなりそうです。

 

また、1ポイント取るのにストロークだと苦労するので、余計にサーブで崩しての短いポイントが重要になります。

錦織はバブリンカ戦、5本のエースを生み出しましたが、トータルの1stサーブ%は47%と低調でした。

不調のバブリンカ相手で2ndサーブポインツウォンが74%と高かったので一方的な試合となりましたが、マレー相手では通用しないでしょう。

 

錦織・マレーとも1stサーブの確率が最重要課題なのは言うまでもありません。

あとは錦織は、調子の良いショットをどれだけ自信を持って打てるか

どれだけコート内に入ってアグレッシブに攻撃しつつ、アンフォーストエラーを抑えられるかです。ネットプレーも不可欠でしょう。

デビスカップや全米の時のように、試合中にコーチと相談するチャンスがないので、劣勢の場合の切り替えが難しい点が懸念材料です。

 

マレーは、全米での失敗を糧に、リターンでプレッシャーをかけ続けられるか

ストローク(特にバックの打ち合い)でスライスに終始してポジションを下げずに、錦織のフォアの回り込みを封じられるかです。

ホームアドバンテージは、地理面・観客面ではありますが、O2アリーナは苦手としている為(照明の影響?)、あって無いようなものです。

 

マレーには全米のリベンジを果たして欲しいですが、一方的な試合ではつまらないので、接戦を物にしての勝利を期待します。(わがままが過ぎますね…)

 

Let’s Go Andy!!

 

解くだけで人生が変わる!修造ドリル [ 松岡修造 ]

 - テニス ,