アンディ・マレーは、ATP復帰戦と噂されていたオランダ・スヘルトーヘンボスで開催される芝の大会リベマ・オープン(ATP250)を欠場すると発表しました。

もともと5月のチャレンジャーで復帰とも言われていたアンディ。

順調に欠場・延期を繰り返しています。経過が順調じゃないということですね...。

 

しかし、ブレることなく一歩一歩、慎重な姿勢は賞賛に値します!

リベマ・オープン欠場について、マレーのコメント

臀部の手術からの回復が思わしくないということで、欠場を決めたアンディ。

BBCが伝えた本人のコメントを引用・紹介します。

"I am not quite ready to return. I am still aiming to play in the coming weeks, but I want to be 100% when I do return,"

"It is with regret that I won't be ready to play in Hertogenbosch. I was excited to play there for the first time."

「まだ復帰の準備が整っていない。数週間後までにプレーするのを目指してはいるが、戻ってくる時には100%の状態でいたい。」

「スヘルトーヘンボスでプレーできないのは残念。同大会は初めての出場でワクワクしていただけに。」

 

"I've been out close to a year now, which is a lot longer than me or any of my team expected, but I'm getting closer to playing again,"

"I've started training a few days ago and am hoping to make my comeback during the grass-court season."

「ツアー離脱してから1年近くが経っていて、これは僕や僕のチームが当初考えていたよりもかなり長くなってしまっている。でも、もう一度プレーできる状態まで戻りつつある。」

「数日前からトレーニングを初めているし、グラスコートシーズンのうちに復帰したいと思っている。」

 

実際、クリスチャン・ハリソンのInstagramにアンディが登場していました!

First time through the gates today

Christian Harrisonさん(@charrison94)がシェアした投稿 -

オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(ウィンブルドンの会場)で練習したアンディ。

髪の毛のボリュームは我々ファンの心境をあらわす鏡でしょうか。寂しく感じます...。

リベマ・オープン欠場で、マレーの次なる復帰戦候補はクイーンズクラブ?

さて、リベマ・オープンの次にアンディがエントリーしているのは、6月18日〜24日にクイーンズクラブで開催されるフィーバー・ツリー選手権です(名前変わったんですね!)。

アンディ以外にも有名どころが多数集結する予定なので、「大会史上最高のラインアップだ」と主催者も鼻息が荒くなっています。

確かにこれはスゴすぎる...。

 

ただ、個人的にはクイーンズクラブでの復帰は無いと思います。主催者の鼻息も少し穏やかになることでしょう。

たったの2週間足らずで、ATP500の大会に100%の状態で望めるようになるとは到底思えません...。

マレーの復帰戦は早くてもウィンブルドン?遅くなると...

ウィンブルドンの直前にはイーストボーンやアンタルヤでのATP250もありますが、出るとしても調整の意味合いが強いでしょう。

アンディにとって、ウィンブルドンは特別です。

それでも、ウィンブルドンまでに100%に戻っていなかったら、アンディの姿はコート上にないはずです。

 

もちろん残念で仕方ありませんが、いまアンディファンが最も重視すべき点は、「アンディが1日でも長く現役を続けられるように」です。

長い目で見れば、約1年間のブランクも大したことはありません。それが1年半、2年と伸びたとしても大丈夫です。

全快アンディが戻ってくれば、半年たらずでのTOP50復帰くらいはやってくれるはずです。

 

忍耐の時間が続きますが、ウィンブルドンでのプレーを望んで頑張るアンディをサポートし、応援していきましょう!

Let's Go Andy!!

Twitterのフォローもお願いします!