アンディ・マレーの復帰時期が5月になるかも!?という予想ニュースが世に出てきました。

 

「グラス(芝)コートシーズンでの復帰を目指していたのに、思ったより回復が順調なのかしら!?」

「ひゃっほーう!今夜は祝杯だー!!Let's go Andy, Let's go!!(手拍子)」

 

...となる前に、アンディファンの皆さん、落ち着いてくださいね。

このニュース、ソース元がデイリーメールなんです。

一部界隈では "イギリス版の東スポ" とまで言われている、あのデイリーメールです...。笑

 

しかし、なかなか夢のある(現実味がないとは言ってない)話なので、思い切って記事にしてみました。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

アンディの復帰戦が噂されるチャレンジャー大会は存在しない!?

デイリーメールによると、アンディは5月下旬のチャレンジャー大会で実戦復帰するとのこと。

サーフェスはインドアハードで、時期としては全仏オープンの1週目を考えているようです。

 

...違和感しかありませんよね、開催時期を「考えているようです」っていう表現。

実は、現在噂されている5月下旬のチャレンジャー大会はまだ設立されていないんです。

 

これだけだと信憑性のかけらも無いような話に思えてきますが、以下で僕が調査した内容も交えて全容をお伝えします。

デイリーメール「アンディはチャレンジャー大会の設立に向けて交渉中」

まだ設立されていないチャレンジャー大会とは。

ニュースでは、「ローンテニス協会(The Lawn Tennis Association 略してLTA)が、復帰を目指すアンディのためにラフバラー(Loughborough)でのチャレンジャー大会設立を考えている」という内容が記されています。

 

ラフバラー大学の室内コートが使われる予定で、ここは2017年にNEC車いすテニスマスターズ(車いすテニスのツアーファイナル的大会)が行われたり、今年のはじめにもフューチャーズが行われたりした場所です。

さらに調べてみたら2010年〜2012年の3年間はチャレンジャー大会が実際に開催されていました。

さらにさらに、2011年のダブルス優勝者を見ると "Jamie Delgado" の文字が...!

(当時、同じくイギリスのジョナサン・マレーと組んで優勝してました。ちなみにこちらのマレーの綴りは "Marray" で、2012年のウィンブルドンダブルスでイギリス人として76年ぶりの優勝を飾ったことで有名になった、あのマレーです。優勝したのが7月7日。そしてちょうど1年後の2013年7月7日、77年ぶりのシングルス制覇を別のマレーが...あぁ、止まらないのでこのあたりで...

現在、アンディのメインコーチであるデルガド氏が重要人物として、LTAに接触した可能性が...?

 

ニュース内で「チャレンジャートーナメントは比較的短期間でカレンダーに追加(大会設立)できる」と書いてあったのを見たときは懐疑的でしたが、これだけの材料が揃っているなら実現するかもしれませんね。

 

他にも、「クレーは復活を目指すマレーにとっては過酷な環境な(リクスが大きい)上、グラスコートとの差が最も大きい(のでクレーコートでの復帰は無さそう)」と書いてあって、もっともだなぁとは思いました。

クイーンズ・クラブの前にチャレンジャー参戦が濃厚?

2月末にはBBCが「芝シーズンでの復帰にこだわるなら、サービトン・チャレンジャーでの復帰もあるかも」と報道していました(余談ですが杉田が去年優勝した大会ですね)

But if he prefers to wait for the grass, then his first opportunity would come a week later in south-west London when the Surbiton Trophy is staged on the ATP Challenger Tour.

 

どれだけ早くても、サービトンで実戦をこなして、クイーンズ・クラブ入りだとばかり考えていたのでビックリでしたが、今回のニュースはあるような無いような、とても反応に困るものです。

 

LTAからの公式コメントは「トーナメントを開催する新しい会場を探している」以外にはない模様。

うーん、これまた微妙なコメント。

果たして新しいトーナメントがイギリスの英雄・サー・アンディのために開催されるのかどうか...。

 

もしも今回のニュース内容が実現したら、復帰後の参戦スケジュールは次のようになる可能性があります。

チャレンジャー2大会に出場クイーンズ・クラブウィンブルドン

チャレンジャーに連続で出場して腕慣らし...錦織とダダかぶりですが、万全を期す意味でも良い作戦だと思います。

 

 

しかし!今はなによりも焦らず、じっくりです。

筋トレやリハビリだけでなく、今月末あたりからコート上でも練習するとのことですが、思った以上に動けたとしても無理はしないで欲しいです。

 

全仏オープンも欠場で間違いないでしょうし、そうなると復帰時期にはウィンブルドンの360ポイントのみになって、ランキングは150位前後まで落ちているでしょう。

それでも、焦らず...。

我々ファンも、Andy Murray(WC)の活躍を妄想しながら、どっしり構えて待ちましょうね!

 

以上、久々にアンディメインの記事でちょっとスッキリな@mori_ichi_でした。

それではまた!

コメント一覧
  1. Amelie より:

    アンディの記事ありがとうございます😊 ❤️
    アンディも元々は競技が好きなのだから手術までして復帰を願ってのカムバックだと思ってます。また楽しくプレーできるように祈るだけですが、待ち遠しいですね。また見たいなぁ٩( ᐛ )و

  2. mori_ichi_ より:

    >Amelieさん

    こちらこそ、Twitterやコメントでの交流ありがとうございます😊
    根本から解決するのが、今後長く一線で戦っていく上で最善と判断したのでしょう!

    そうですね、まずは本人が楽しくプレーできる日が待ち遠しいです。
    また皆さんと、アンディを応援していきたいです☺️

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ