アンディ・マレーが、エントリーしていたブリスベン国際の棄権を発表しました。

順調に回復しているかのような論調が多かった中、驚かれた方もいたことでしょう。

 

しかし、僕は全く驚くことはなく、ただただ「やっぱり無理だったか...」と感じています。

前々回の記事でも、こんな内容を書いていました。

全米のドロー発表後ウィズドローによって世界中を騒がせた一件で味を占めて、またブリスベンでもやらかすんじゃないかと、別の意味でも落ち着きません。

最近トランプ大統領が大好きみたいですからね...。

君やめたまふことなかれ(余暇のアンディ)

少々ふざけていますが(ブリティッシュジョーク)「直前まで出場しようと全力で努力して、どうしても無理だったら棄権もやむを得ない」というスタンスで今回も臨むんだろうな、と思ったので書きました。

その通りになってしまって、嬉しいような悲しいような、否、嬉しいわけがありません。

ただ、嬉しく思う面も少しはありました。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

マレーはインスタグラムで長文を投稿(ブリスベン欠場宣言)

1/3のスケジュール予定を確認しても、アンディの名前は出てきません。

「アンディの2018年初戦(ブリスベン国際2回戦 vs ライアン・ハリソン)は1/4がエックスデーだな」と首を長くして待っていた矢先、インスタグラムで重大発表がありました。

Hey everyone.. Just wanted to write a little message on here for anyone interested in what in going through right now. Firstly I want to apologise to @brisbanetennis for withdrawing at late notice and to everyone who wanted to come along to watch me play(or lose😇) The organisers couldn't have been more understanding and supportive and I'll always remember that. Thank you. I've obviously been going through a really difficult period with my hip for a long time and have sought council from a number of hip specialists. Having been recommended to treat my hip conservatively since the US Open I have done everything asked of me from a rehab perspective and worked extremely hard to try get back on the court competing. Having played practice sets here in Brisbane with some top players unfortunately this hasn't worked yet to get me to the level I would like so I have to reassess my options. Obviously continuing rehab is one option and giving my hip more time to recover. Surgery is also an option but the chances of a successful outcome are not as I high as I would like which has made this my secondary option and my hope has been to avoid that. However this is something I may have to consider but let's hope not. I choose this pic as the little kid inside me just wants to play tennis and Compete.. I genuinely miss it so much and i would give anything to be back out there. I didn't realise until these last few months just how much I love this game. Everytime I wake up from sleeping or napping i hope that it's better and it's quite demoralising when you get on the court it's not at the level you need it to be to compete at this level. In the short term I'm going to be staying in Australia for the next couple of days to see if my hip settles down a bit and will decide by the weekend whether to stay out here or fly home to assess what I do next. Sorry for the long post but I wanted to keep everyone in the loop and get this off my chest as it's really hurting inside. Hope to see you back on the court soon 🎾😢❤️

Andy Murrayさん(@andymurray)がシェアした投稿 -

僕を含め世界中のアンディファンの伸びきった首を想ってか、インスタグラムで長文を掲載するというハイセンスさ。

 

訳そうかと思いましたが、すでにエライ人が訳されているので拝借いたします。訳したかったなぁ(棒読み)

 

(́;ω;`)ブワッ

 

(or lose😇)でクスッと笑わせて、メンタルの健康こそアピールしていますが、かなり堪えている様子。

そんな中で、幼い頃の写真を選んだのは、現実逃避ではなく原点復帰です。

 

心の中のリトル・マレーに聞きました。そうしたら『テニスがしたい、テニスで戦いたい』と答えた。それが決断した理由です」

 

僕が訳すとどこかで聞いたような文句に変わりますが、「まだテニスがしたい」「まだテニスで戦いたい」という想いを捨てずに、諦めずにいてくれるアンディ△。

無論、嬉しく思ったのはこの点です。

 

僕たちアンディファンも、起きるたびにあなたのSNSをチェックし、動画を見漁り、スケジュールをチェックし、回復した姿を探して、見つからず絶望しています。

 

手術も選択肢の1つになってきました。

誰もが思い出す2013年秋からの出来事。

もがき苦しんだ2014年シーズン。

 

それでも、帳尻を合わせるのが大得意なアンディ。

しっかりツアーファイナルに滑り込み、安定のラウンドロビン敗退。

 

あの姿をもう一度見たいのです。

あの素晴らしいカモンをもう一度。

箱根駅伝を見ながらでも、心はつねにブリスベン

1月2日は、箱根駅伝を見ていました。これぞ正月という感じがして好きです。

近年稀にみる混戦模様となった箱根駅伝2018の往路。

トップ争いや伏兵の躍進が注目を集めていましたが、個人的には神奈川大の失速が衝撃的でした。

5区山登り突入の時点では3位だったものの、5区のランナーが大失速(痙攣)で結果は15位と惨敗。

 

上位進出に向けて、順調に来ていたチームを襲ったまさかのアクシデント。

その走りに、復帰に向けて頑張っているアンディの姿を重ねてしまって胸騒ぎを覚えた日本人は、きっと僕だけです。

いつだって、心はブリスベンにあります。

 

 

予想はしていたものの、正直あまり気持ちの整理が出来ていません。

全豪オープンの出場も、限りなく赤信号に近い黄信号です。欠場が濃厚でしょう。

 

アブダビでのプレーを見て「結果は度外視」だと素直に感じたので、どこかで安心しているのも事実です。

でも、リハビリに全力を注ぐ姿を見てきただけに、本当に悲しくて、悔しくて、しょうがないです。

 

どれだけ大きな絶望でしょう😢

どれだけの無念でしょう😢

 

ただ寄り添うことしかできません。

しかし、ずっと、ずっと、待ち続けます。

インスタの写真を見た瞬間「もう終わりだね 君が小さく見える」とオフコースの曲が脳内再生されましたが、まだまだ終わりません。そして小さく見えたのは幻覚ではありませんでした。

 

どんな決断になっても、全力で応援します!

Let's Go Andy!!

コメント一覧
  1. Cagalli より:

    主様、おはようございます。
    Andy Murrayの状態はAbū Dhabīでも注目しておりましたが「極めて悪い」と本人も他も判断せざるを得ない情報(材料)が揃っていると思われます。
    私は形あるものはいつか崩れる若しくは壊れてしまうと幾許か悲観的虚無的に捉えてしまう事が多くあります。
    ー私の戯言は程々にして、Andyの回復とリハビリの充実、ツアーレベル復帰にとても期待しています。
    彼のプレーを好む1人として

  2. ひろすけ より:

    こんにちは!
    今年も宜しくお願いします🐶

    アンディ、まさかのブリスベンの実現は
    やはり厳しかったようですね…😢

    5ヶ月振りにアンディの試合が見られるかもという期待感と、本当に試合が出来る状態なのだろうかという不安感で落ち着かない年越しでした。

    今回の長文コメントからメンタル面の辛さが伝わってきて泣きそうです😭😭
    4ヶ月以上休んでリハビリを頑張っているのに、まだ動きに違和感があり深刻だなと思うばかりです。
    ファンも辛いけど、もちろん一番辛いのはアンディ本人ですよね😭😭

    どうかどうか、本人の希望通り手術をせずに回復出来ることを祈るのみです。

    心身ともに万全の状態でツアーに戻ってこれることをもちろん信じて待ち続けます❗️

    (アンディのいないAO、想像できないほど
    寂しい… 。゚(゚´Д`゚)゚。 )

  3. mori_ichi_ より:

    >Cagalliさん

    コメントありがとうございます😊

    おっしゃる通りで、極めて悪い状態であることに疑う余地はない状況です…。
    これからリハビリの方向転換、最終手段として手術もあるかもしれませんが、それらによって少しでも良くなることを祈るばかりです🙏🏼

    僕も同感で、たまに聞くアーティストたちの歌の詩に「形あるもの皆終わりが来るというのに〜」「一度栄えしものでも必ずや衰えゆく〜」などがあって、本当にそうだなぁと噛みしめる年頃になっています(年齢のせいなのか分かりませんが)。
    アンディもいずれ一線から退きますが、その時が今ではないはずです😔

    アンディらしいプレーが復活してくれますように…。

  4. mori_ichi_ より:

    >ひろすけさん

    ありがとうございます😊
    今年もよろしくお願いします🙇

    ブリスベンでの復帰は酷だったようですね。
    同じく落ち着かない年越しでした、カレンダーもまだ届きませんし…😂

    本当に深刻な事態になっています😔
    アンディがこれだけの長文をこしらえて、SNSで発信したというのは、相当参っている証拠ですよね😭😭そりゃジョコやナダルもコメントしますよ。

    出来れば手術は避けて欲しいですし、するとしても小さな規模の手術で済ませて欲しいです…。
    2014年を超えるであろう苦しみを味わうのは、もう勘弁です😇

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ