インディアンウェルズ2017で初戦敗退を喫したアンディ・マレー。

気持ちを切り替え、マイアミ・オープンに備えて練習をしていましたが、ショッキングなニュースが飛び込んできました。

 

右肘の故障により、マレーはマイアミ・オープン欠場です。

画像提供:gettyimages

スポンサーリンク

スポンサーリンク

右肘負傷はインディアンウェルズのボールか、勤続疲労か

奇しくも、ノバク・ジョコビッチもほぼ同じタイミングで、右肘の故障によりマイアミ・オープンの欠場を発表しました。

ジョコビッチは前年優勝なので、1,000ポイント全て失効です(マレーは45ポイント)。

 

大会によって異なるボールへの対応が、フィジカル面に悪影響を及ぼしかねないと、以前から警鐘を鳴らしていた2人。

硬くて非常に速いと言われているインディアンウェルズの特殊なボールが、原因の1つにあったのかもしれません。

 

ボール以外で思い当たるのは、2人とも2016年シーズンを誰よりも長くプレーしていたということです。

 

ジョコビッチは全仏オープンまでの期間中、1強として君臨し続け、ドバイとモンテカルロ以外の全ての大会で決勝進出。

開幕からの9大会中、6大会で優勝という素晴らしいスタートダッシュでした(うちグランドスラム2勝、マスターズ3勝)。

後半も全米オープンでファイナリスト、マレーが欠場したロジャーズ・カップでは優勝を飾り、ツアーファイナルも決勝まで残っていました。

 

マレーは5月のマドリードから年末までの13大会(リオ五輪含む)中、全米オープン以外の全大会で決勝進出という、神がかった成績を残しました。

驚異的な強さを見せたマレーは、ついにジョコビッチを抜いて世界ランキング1位でシーズンを終え、迎えた全豪オープン2017は初の第1シードでの出場でした。

 

2016年前半に最強だったジョコビッチと、後半に最強だったマレー。

後半戦のハードワークによる代償は、小さくなかったようです。

 

帯状疱疹→右肘→インフルエンザと厄年疑惑のマレー

全豪オープンで4回戦負けを喫した後、帯状疱疹に苦しんだマレー

復帰戦のドバイで今季初勝利をあげ、調子を取り戻したかと思った矢先の、今回の右肘負傷です。

 

おまけに、マイアミで練習している時に異変に気付いたようですが、今度はインフルエンザウイルスにやられてしまった模様。

 

2017年になってから、立て続けに悪いことが起きているので、厄年なんじゃ...と思ってイギリスの厄年事情を調べました。

細かい言われは地方によって違うのですが、一般的に、男の人は年齢に4がつく年、女の人は年齢に7がつく年とされています。厄払いの方法は、厄年の数だけ木の実を集め、外気に3日3晩さらしたあとに、近所の庭先で木の実を焼きます。焼くときは大勢の人が見に来てくれると、厄払いの効果が高いと言われています。

【世界の厄年】 - 厄年は怖くない!

 

年齢にもランキングにも4はついていませんが、ちょっと木の実集めてきます。

 

右肘の腱?断裂でモンテカルロも絶望的?

帰国後の検査で、マレーの右肘の状態が、思った以上に悪いことが判明しています...。

兄のジェイミーがアンディの状態を説明した文がこちらです。

 

'Obviously it's some sort of tear in his elbow so he needs to rest. He said he can do everything except serve, and he told me rest was all he had to do. I am not planning that he is going to be there'

 

tear(ティアー)とあって涙?と思いきや、tear(テアー)で「裂ける」でした...。

サーブ以外の動作はできるみたいですが、本人も今は休むべきだと言っているようですね。

 

最後の1文は、デビスカップのフランス戦に同行するかについてで、イギリスチームとしてもマレーはメンバーに入れない方向です。

デビスカップどころか、4月のモンテカルロ・マスターズも難しいとの見方です。

 

'I think he just needs to get a bit settled and get a good crack at it over the next three months because there's a lot of big tournaments to play'

 

そう、約3ヶ月後に待ち受けているのは、昨年優勝のウィンブルドン(+前哨戦)。

クレーコートシーズンも充実していましたが、なんといっても芝〜北米ハード〜年末にかけて、最も守るポイントが増えます。

 

マレー本人も承知の上でしょう。

一旦これを機に、しっかり、じっくりと体を休めて、フィジカルを回復させて欲しいなと思います。

最悪、クレーで成績があまり残せなくても、仕方がないです...。

 

現在行われているマイアミ・オープンで、ミロシュ・ラオニッチがハムストリングの怪我により3回戦棄権負けでした。

芝の2大会、ともに決勝戦でコートに立っていた2人だけに、長引いたとしても6月下旬までには回復して欲しいものです。

 

非常に残念ですが、復活に期待しましょう!

コメント一覧
  1. kumi−mado より:

    こんにちは。
    アンディファンにとってはひたすら我慢の日々となってしまいましたね。
    彼が腐らず頑張ってきたからこそのNo. 1、もう少しご褒美あげてほしいなと思うんですが、なかなかうまくいきませんね…

    ここで、ひたすらど素人な質問ですが、アンディさんも30才、テニスをもう少し攻撃的というか、変えていくということは困難な事なのでしょうか?最近のテニスはどうも不満というか出来るはずなのにどうして?と。
    体調、右肘が良くなれば勝ってくれると信じてますが、どうも不安です。
    いつも同じことばかりコメントして…ぐだぐだ言いましたが、とにかく彼が元気になってNo. 1として活躍してほしいなと切に思ってます。

  2. 匿名 より:

    昨年のラオニッチがパリで棄権した際も、確か腰方形筋の"tear"が原因でしたね。
    tearにもグレードがあるらしく、グレードが低ければ彼のように翌週にはほぼ普段通りのプレーができるようですね。ただ、彼の場合は"tearⅠ"という最も低いグレードだった上に、エルボーとは全然違う部位だったなので何とも言えませんが...

    マレー本人は現状でもサーブ以外のことはできている状態だと言っているようですが、何よりも休息を優先させるべきなのかもしれません。ファンにとっても辛いですが。

    今度は持病となりつつあるハムを痛めたラオ、肘を痛めたジョコマレーと、昨年のトップ3には厳しいスタートになってしまいましたね。全員の早期の完全復帰を祈っています。

  3. mori_ichi_ より:

    kumi−madoさん

    こんにちは、コメントありがとうございます。

    残念ですが、春のマスターズの時期で、今のところ失効ポイントが最小限で済んでいるのが不幸中の幸いですね。

    マレーが現在のプレースタイルに落ち着いているのは、この10年くらいのサーフェスの傾向と関係があるように思います。
    年々遅くなっているサーフェスの恩恵を受けられるのは、フィジカル・コートカバリングに長けた守備型のプレーヤーです。
    守備型スタイルを身に付けたことで、クレーでの成績も向上したので、一概に否定はできません。

    ただ、見ていて物足りなく思われる気持ちはよく分かりますし、同感です。

    全豪2017はサーフェスが高速化していたようですし、他の大会も全豪を参考にして高速化する可能性は高いと思っています(試合時間短縮などの目的で)。

    不安はありますが、目先のポイントやランキングよりも、完治を優先して、元気な姿で戻ってきて欲しいですね。

    No.1はしばらく続きますし、回復を祈っておきましょう!

  4. mori_ichi_ より:

    匿名ながら長文のコメントをいただき、ありがとうございます。

    tearにグレードがあるというお話、はじめて知りました!
    ラオニッチは、錦織と並んで故障がちな印象が付いてしまってますね…特にハムストリングはおっしゃるように持病のようになっていて心配です。

    エルボーは選手生命に関わると言っても過言ではないですし、仮に完治したとしても、無意識にかばってフォームを崩してしまわないかなど、不安材料がいっぱいです。

    フェデラー、ナダル、デルポトロらの復活、次の世代の台頭で、ますますトップとの差が詰まりつつあります。

    まずは1テニスファンとして、3選手の元気な姿でのカムバックを祈っています。

    tearについては勉強しておきます、ありがとうございました!

コメントを残す

関連キーワード

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!