大坂まり(大坂なおみの実姉)について、最近の戦績やマイアミ・オープンでの勝利の可能性などを書いています。

 

マイアミ・オープン2019の女子シングルスは、予選2回戦と本戦1回戦の一部が大会2日目に予定されていましたが、雨のため順延。

大坂まりの1回戦も、大会3日目以降に組まれることになります(3日目のOOPに名前がないので大会4日目になりそうです)。

大坂まりのプロフィール

大坂まりのプロフィールを簡単にまとめます。

 

大坂なおみの実姉で1学年上(年子)の大坂まり。

ハイチ人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期にアメリカ移住などは全て大坂なおみと同じです。

 

姉妹はとても仲良しで、大坂なおみが全米オープン2018の優勝インタビューで会いたい人を尋ねられた時に「姉(大坂まり)」と即答していました。

2017年には東レパンパシフィックオープンに姉妹ペアでダブルス出場も果たしました(結果は初戦敗退)。

 

大坂まりの身長は公表されていませんが、色々な写真で確認すると、大坂なおみよりも身長が10cmほど低いように見えます。

180cmの大坂なおみに対して、大坂まりは170cm(+α)くらいだと思われます。

大坂まりの2019年女子シングルス成績

大坂まりの2019年最初のツアー参戦はアメリカ・ニューポートビーチの大会(125K Series)。

初戦で17歳の予選上がりKatie Volynetsと対戦しましたが、結果は0-6  0-6のダブルベーグル...。

 

ちなみに、このVolynetsを次戦で破って、ニューポートビーチで優勝を果たしたのが、インディアンウェルズ2019でワイルドカードから快進撃を見せて優勝したビアンカ・アンドリースク。

18歳のアンドリースクは、メキシコ・オープンでもシード選手2人を倒して準決勝まで勝ち上がっていたんですね!(鄭賽賽、ブザルネスク)

 

大坂まりは翌週のミッドランドの大会にも出場しましたが、388位のEmina Bektasに1-6  4-6で初戦敗退。

大坂まりの2019年の女子シングルス成績は上記の0勝2敗となっています。

現在5連敗中もアンドリースクに縁?

大坂まりの戦績をもう少し遡ると、2018年後半2大会も初戦敗退、その前の大会が準優勝だったので、現在5連敗中となっています。

 

しかし、準優勝を飾った大会の決勝戦の相手は世界ランキング242位だったアンドリースク。

2018年最終戦の相手も、ランキングを185位まで上げたアンドリースクでした。

 

下部大会では、同じ選手と短期間で何度も対戦すること自体はよくありますが、それにしても大坂まりとアンドリースク、何だか妙に縁がある感じがしませんか?

大坂なおみとアンドリースクの快挙から、大坂まりも運を引き寄せて欲しいものです(ワイルドカード出場ですでに運を引き寄せてますが...)。

 

大坂まりのマイアミ初戦相手は16歳

現在世界ランキング338位の大坂まり、マイアミ・オープン2019初戦の相手は同じくワイルドカードで出場の16歳・Osuigwe(オシグウェ・世界ランキング205位)。

全豪オープン2019にもワイルドカードで出場して、1回戦で予選上がりのアンドリースクに敗れていました。

 

2017年10月16日付のジュニア世界ランキングで1位を記録するなど、将来を期待されているアメリカ人選手なので、簡単な相手ではありません。

しかし、2回戦から出場の大坂なおみもきっと応援に駆けつけてくれるでしょう。妹の応援を受けての試合は久々でしょうし、地元マイアミの大会で気合いも入っているはず。

 

ランキング338位ながら、ワイルドカード(主催者推薦枠)でマイアミ・オープン出場を果たしている大坂まりの1回戦にも注目しましょう!

大坂姉妹でマイアミ・オープン2019を盛り上げてくれますように。

 

マイアミ・オープンの大会日程や女子シングルスドロー・試合結果については別記事でまとめています。

 

マイアミ・オープン2019観戦はDAZNで。

DAZN1ヶ月無料