5月15日。

1年に1度だけ訪れる、アンディ・マレーの誕生日です。

 

2017年シーズンは故障や病気が重なりスランプ気味ですが、調子が悪い中でも一生懸命にプレーを続けている姿には胸を打たれます。

(謎のニヤニヤは勘弁ですが...)

 

今はBNLイタリア国際に向けてローマ入りしているので、現地では日本時間の朝7時、故郷スコットランド(サマータイム中)では同朝8時に、日付が変わります。

30歳の誕生日、おめでとうございます!

 

祝福の意を込めて、今こそWOWOW追悼CMを捧げたいと思います。

WOWOWが愛を込めて制作する約1分半のCM

このCMによる弊害を度外視すれば、素晴らしい名作CMです。

(テニスファンの方々は見たことがあると思いますが)じっくりとご覧ください。

 

【CM内文字抜粋】

すべてのボールを全力で追いかけた

強敵(ライバル)たちの背中を見失わないように

不屈の男 アンディ・マレー

 

登っても登っても届かなかった  

あの山の頂へ

「SO MANY TIMES!!!」

(全豪オープンテニス 5度の決勝敗退)

 

彼らがいなければ  

もっと勝てただろう

しかし

彼らがいなければ  

ここまで強くなれただろうか?

(206.11.7 悲願の世界ランキング1位)

 

ライバルたちの壁を越えて  

「この世代のテニスの一翼が担えて幸せだよ

フェデラー ナダル ジョコビッチ

彼らと戦う経験が僕をより強くしてくれるからね」

 

(悲願の全豪初制覇へ)

 

WOWOWのCM=追悼CMと揶揄される理由

感動的なドキュメンタリー調のCMであるにも関わらず、目にした時には背筋が凍りつきました。

追悼CMと揶揄される理由になるのですが、作られた選手がその大会で勝てない+故障などのトラブルに見舞われてしまうからです。

 

現在Youtubeに上がっているWOWOWのCMは、マレーを含めて3点2点。

 

【全仏2016 ラファエル・ナダルのCM】

※削除されました、見つかり次第再アップします。

 

【ウィンブルドン2016 ロジャー・フェデラーのCM】

 

全仏2016のナダルは、手首の負傷で3回戦敗退(試合前棄権)...。

 

全英2016のフェデラーは、ミロシュ・ラオニッチに敗れ準決勝敗退。

試合終盤で転倒してしまい、左膝を痛めて残りのシーズンを全休することに...。

 

そしてマレーも続いてしまいました。

ミーシャ・ズベレフに敗れて4回戦敗退、その後は帯状疱疹やら右肘やらで、散々なことになっています...。

 

作られると呪われる...恐ろしいWOWOW追悼CMのジンクスです。

 

WOWOW追悼CMの中にマレー不調のヒントが!?

全豪オープン2017以来、ドバイこそ優勝したものの、不本意なシーズンとなっているマレー。

ここまで15勝5敗と不調の原因が、追悼CMのテロップに隠されていました。

この世代のテニスの一翼が担えて幸せだよ

フェデラー ナダル ジョコビッチ

彼らと戦う経験が僕をより強くしてくれるからね

今年は彼らと戦う経験が、年始のカタール・エクソンモービル・オープン決勝でジョコビッチに敗れた試合しかありません。

 

気になったので、過去のマドリード・オープン終了時点での、BIG3との対戦数を調べてみました(DJ=ジョコビッチ、NAD=ナダル、FED=フェデラー)。

2017年:1(DJ×1)

2016年:4(DJ×2 NAD×2)

2015年:4(DJ×3 NAD×1)

2014年:2(DJ×1 FED×1)

2013年:2(DJ×1 FED×1)

2012年:5(DJ×3 NAD×1 FED×1)

2011年:2(DJ×1 NAD×1)

2010年:2(NAD×1 FED×1)

2009年:6(DJ×1 NAD×3 FED×2)

2008年:2(DJ×1 FED×1)

 

マドリード終了時点で3人全員と対戦したのは、過去に2度だけでした。

対戦数が2の年も多いので、あんまり関係がなさそうな気はしますが...今のマレーにはBIG3との対戦、中でもクレーでのナダルとの対戦が必要です。

先のバルセロナ・オープンで、ドミニク・ティームが良いパフォーマンスを引き出してくれたように、ナダルとの対戦はマレーにとってプラスに働くはずです。

 

ローマ・マスターズでBIG3と対戦するための条件は、決勝進出です。

簡単ではありませんが、30歳で迎える初大会、好結果を期待して...

 

Let's Go Andy!!

 

P.S.

WOWOWの別のCM(15秒ver.) 一瞬だけですが、マレーのジャックナイフ気味バックハンド、素敵です。