テニスの最終戦、Nitto ATP Finals(以下ツアーファイナル)では熱戦が繰り広げられていますが、2連勝で準決勝進出を確定させていたロジャー・フェデラーがマリン・チリッチも撃破。

これにより、ラウンドロビン(予選ブロック)での戦績を3勝0敗としました。

 

1年ぶりにツアーファイナル出場のフェデラーが依然として好調をキープしており、優勝へ待ったなしの状況です!

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

ラウンドロビン全勝は、自身5度目(ロンドン開催の2009年以降)

最終戦が上海開催からロンドン開催に変更になったのが2009年(名称もATP Finals等に変更)。

2009年当時のフェデラーは28歳、それ以降の戦績は次のようになっています。

予選の戦績最終結果敗れた相手
2009年2勝1敗準決勝敗退デルポトロ(RR)
ダビデンコ(SF)
2010年3勝0敗優勝なし
2011年3勝0敗優勝なし
2012年2勝1敗準優勝デルポトロ(RR)
ジョコビッチ(F)
2013年2勝1敗準決勝敗退ジョコビッチ(RR)
ナダル(SF)
2014年3勝0敗準優勝ジョコビッチ(F)
2015年3勝0敗準優勝ジョコビッチ(F)
2016年は出場できず
2017年3勝0敗

(RR=ラウンドロビン、SF=準決勝、F=決勝)

 

ご覧の通り、2009年以降出場したツアーファイナルは全て準決勝進出以上という異常な成績です(マスターズ・カップ時代の2008年のみ予選敗退)。

ツアーファイナルになってからは、ラウンドロビンでフェデラーを破ったのは、デルポトロとジョコビッチの2人しかいません(マスターズ・カップ時代を含めても2007年のフェルナンド・ゴンサレス、2008年のジル・シモンとアンディ・マレーが増えるだけです)。

 

初出場となった2002年以降、最終戦全体を振り返っても、上記の他には2002年のレイトン・ヒューイット(SF)、2005年のダビド・ナルバンディアン(F)に敗れたのみです。

しっかりと最終戦にコンディションを合わせてくるのは、さすがとしか言いようがありません...。

 

現在36歳のフェデラーですが、引退するまでツアーファイナル予選通過記録は続いていく気がします。

チリッチは何故か勝てない、ティームは予選通過をかけて運命の一戦

一方、フェデラーに敗れたチリッチは予選全敗となりました。

ツアーファイナル出場は2014年、2016年に続いて3度目ですが、勝利をおさめたのは2016年の錦織戦のみ(3-6 6-2 6-3)。

通算成績は1勝8敗となっており、何故か勝てません。

球足の速いコートは得意なはずですが...最終戦特有の緊張感や、あのよく分からない青の照明が苦手なんでしょうか...。

来年以降もチャンスはあると思うので、嫌なイメージを払拭できるといいですね。

 

別ブロックのドミニク・ティームにはチャンスが到来しています。

決して得意なサーフェスではありませんが、現在1勝1敗。

次の対戦相手ダビド・ゴファンも同じ戦績で、勝った方が準決勝進出の大事な一戦です。

怪我からの復帰を目指すアンディ・マレーの練習パートナーも引き受けてくれたティーム。

集合写真での亡霊っぷりが話題となっていましたが、ぜひ勝利をおさめて欲しいです。

フェデラー戦のハイライト動画(ラウンドロビン3試合)

本当はまだ書きたいことがありましたが、記事を分けます(大人の事情により)

僕がフェデラー戦を見たのは、2試合目 vs サーシャの新旧王者対決のみですが、とても36歳とは思えない身のこなしでした...。

そんなフェデラーのラウンドロビン3試合分のハイライト動画を、最後に載せておきます。

 

【フェデラー vs ソックのハイライト動画】

【フェデラー vs ズベレフのハイライト動画】

【フェデラー vs チリッチのハイライト動画】

 

上のハイライト動画に収録されてなかったので、おまけでお尻ソックを。

かつてのウィンブルドン vsトミー・ハースの時みたく、和やかな雰囲気ではなかったようですね😓

 

以上、ツアーファイナル2017についてでした!

コメントを残す

関連キーワード

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!