【速報】フェデラーvsイズナー優勝ハイライト動画|マイアミオープン2019

マイアミ・オープン2019はフェデラーの101度目のツアー優勝で幕を閉じました。イズナーはマイアミ連覇ならずも堂々の準優勝。

イズナーは途中にメディカルタイムアウトで左足首を治療するなど、万全ではない中でしたが(むしろ立ってるのがやっとで痛々しい様子)最後まで戦い抜きました。

骨折も疑われるほどの痛みのようで心配ですが、無事を祈りましょう。

画像キャプチャ元:ATP公式マイアミオープン大会ページ

フェデラーvsイズナーのハイライト動画|マイアミオープン2019

【最終スコア】フェデラー 6-1  6-4 イズナー

【試合時間】1時間3分48秒(マイアミオープン公式サイトより)

鉄壁フェデラー、絶妙な攻守の切り替え

試合開始早々にイズナーサーブを攻略してブレイクに成功したフェデラー。イズナーはダブルフォルトのミスが響きました。

「ベストを尽くすつもり。1本でも多くボールを返せるように努力したい」

「どんな試合になるか分かっている。彼(イズナー)はあまりサービスでミスをしない。すごいサービスを打ってくる。最高のサービスを打つ選手の1人。彼との対戦は本当に難しい」

決勝進出を果たした時の会見でこのように話していましたが、イヤらしいブロックリターンと鉄壁のディフェンスで完全にイズナーを翻弄。

フェデラーは相変わらずの超特急でファーストセットを6-1で先取、セカンドセットでも手を緩めず、足の故障で苦しむイズナーを突き放してストレートで勝利を収めました。

 

イズナーは長身から繰り出されるサーブばかりがフォーカスされがちですが、巧みなネットプレーや回り込んでのフォア逆クロス強打も武器の、総合的な攻撃力が高い選手です。

 

フェデラーは何度もバック側をイズナーの逆クロスに深くえぐられましたが、プレースメント抜群のバックハンドスライスで応戦。

スライスの返球が浅くなるのも、フェデラーの計算通りなのでしょうか。

イズナーはアプローチショットを放ってネットプレーを試みますが、フェデラーのライジングクロスの餌食になってポイントを失ってしまいます。

 

フェデラーがスーパーライジングで相手の時間を奪って復活を遂げたのが2017年。

それから2年余りが経った今、謎のタイミングでネットプレーを敢行して超反応ボレーでポイントを奪う「組み立て無視テニス」も散見されるフェデラーですが、やはり強さの基幹は圧倒的な守備力でしょう。

 

通常では追い付けないように見える打球にも、抜群の打球予測と37歳とは思えない俊敏性で食らいつきます。

そして、ラケットが届きさえすれば、器用なラケットワークで面を操って返球。

さらに、相手が少しでも不利な状況に傾いていると判断できれば、攻めに転じて一気に形勢逆転となります。

 

この攻守の切り替えの早さは、幾度となくウィナー級の打球が行き来するロングラリーを経験してきたBIG4ならではかもしれませんね。

 

勢いのある若手、ビッグサーバー、アグレッシブベースライナー...それぞれの魅力を無効化してしまうようなフェデラーのテニス。

2019年8月で38歳を迎えますが、故障さえ無ければまだまだ世界トップレベルでひた走れそうです。

 

フェデラーがレースランキング1位

フェデラーはマイアミ・オープン2019優勝で、なんと2019年のレースランキングで首位に躍り出ました!

  1. フェデラー 2280
  2. ジョコビッチ 2225
  3. ナダル 1605
  4. チチパス 1460
  5. ティーム 1145
  6. イズナー 1060
  7. モンフィス 995
  8. メドベージェフ 895
  9. バウティスタ=アグー 890
  10. 錦織 890

 

錦織はマスターズ2連戦の結果が思わしくなかったため、ティーム。イズナーらトーナメント上位進出者に抜かれていますが、まだシーズン前半なので心配無用です。

昨年準優勝のモンテカルロまで多くの準備期間があるので、しっかりと調整してくるはず。

 

チチパス、メドベージェフをはじめ、オジェ=アリアシム、シャポバロフ、チョリッチら若手もライブランキングのTOP20以内に名を連ねている2019年シーズン。

これからクレーコートシーズンに突入で、ますます勢力図がカオスになること必至です。

今年のフェデラーはクレーにも参戦予定なので、どの大会に出場するのか、誰との対戦が控えていて、どんな名勝負が行われるのかなど、楽しみが尽きません。

 

3月はマスターズ観戦のために3時起き生活もしてみた管理人(@mori_ichi_)。

今後も出来るだけ多くの試合情報を届けられるよう精進します!

気持ち新たに、2019年度もよろしくお願い致します🙇

 

以上、マイアミ・オープン2019フェデラー優勝ハイライト動画+αでした!

 

マイアミ・オープン2019 大会情報まとめはこちら。

マイアミ・オープン2019 男子ドロー・試合結果はこちら。

コメント一覧
  1. ジュディ より:

    フェデラー凄かった…。ポイントを奪う手段がいくつもあるので見ていて楽しいですね。素晴らしいサーブ、高速ライジングストローク、人外ネットプレー、リターン…。
    その中でも変幻自在のバックスライスが好きです😍
    不利な状況も一本スライスで返球してイーブンに(フェデラー微有利くらいまで行ってる時もしばしば)。
    彼特有の切れ味鋭い滑るやつに加えドロップや止まるスライスなど、球種も多彩でホントに憧れます。
    イズナーの勝ち上がりも見事でしたね。(仕事がタイブレークを制すことなんて言われてましたが笑)
    あのサーブに加え好調時はリターン返球率、ストローク力が跳ね上がりますし一発があるので怖い選手ですよねー
    それと今気づいたんですがアンディは確かイズナーと8回対戦して負けなしですよね、凄!
    コートでの練習も始めたみたいですし少し期待してしまいます。

    さて、マイアミ終わったんでもうすぐ赤土が美しい欧州クレーシーズンに突入!若手はクレーでも活躍するのか、例の3人&ティームの支配ぶりはいかに、ここのところ奮わない錦織、サーシャ、チリッチらの巻き返しなるかなど見所満載ですな〜
    個人的にアンディの他に大好きなエドマンドと錦織の活躍を願っております(長文失礼)

  2. mori_ichi_ より:

    いつもありがとうございます。
    「人外ネットプレー」良い表現ですね!w

    分かります。
    あのバックスライスにアンディもどれだけやられたことか...(あとバックのショートアングルにも振り回されて翻弄されたり)。
    ネットすれすれの滑るスライスと同じテイクバックから放たれるドロップは反則ですよね(褒めてます)。

    イズナーは相変わらずのタイブレーカーw
    でしたが、疲労骨折の一報が入ってきているので残念でなりません...。

    あの思い切りの良さはイズナーの持ち味ですよね。
    そしておっしゃる通り、ビッグサーバー泣かせのアンディさんです。
    フェリロペもカルロビッチも、アンディには全く歯が立たないという。
    身長関係なしでうまロブ決めてきますからね!
    壁打ち動画見てたら、やっぱり復帰してほしくて仕方がないです。

    ナダルは右膝次第ですね!
    そろそろサーシャが眠りから醒める頃な気もしますし、球足の遅いモンテカルロではクレーコーターが一気に本領発揮しそうですね(ラモス=ビニョラスとかw)
    エドマンドも調子が上がってきてるので、期待です!
    錦織も3月から切り替えて華麗なストロークを見せてくれることでしょう!
    (長文大歓迎です、コメントは必ず返すので、気長に待っててください!)

コメントを残す

関連キーワード