LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ。テニス・野球のコラムを中心に、Mac、Web、節約、雑学なども更新しています。

【ドバイ2017】マレー快勝で2017年&ドバイ初優勝!!

 

アンディ・マレーがついにドバイのタイトルを獲得し、今季初優勝を飾りました!

 

この優勝で、ツアー勝利数を45に伸ばしました。

来週からの「春の祭典」に向けて、好発進です!

画像提供:gettyimages

スポンサーリンク

両者とも最悪の立ち上がり、どちらが先に抜け出すか

決勝戦の相手はフェルナンド・ベルダスコ。

厳しいドローを勝ち上がってきており、約1年ぶりのツアー優勝を目指しています。

 

マレーサーブから始まったこの試合、サーブの調子がキーになると考えていましたが…

開始早々、ブレイクを許してしまいます。

 

一方のベルダスコも不安定な立ち上がり、すぐにブレイクバックを許してしまい、マレーが追いつきます。

 

追いついたのも束の間、またもブレイクされてゲームカウント1-2…。

決勝戦ですが両者とも精彩を欠く内容で、試合がどう転ぶのか予測不能です。

 

さすがの修正能力を見せつけたマレー

ナンバー1として、プレーを引き締めたいマレー。

セット中盤に差し掛かったあたりから、本来のパフォーマンスを取り戻します。

 

特にストローク面で、優位を保ち続けました。

攻め急いでアンフォーストエラーを量産するベルダスコに対して、マレーは落ち着いた試合運び。

 

ベルダスコは途中で足のマッサージを受けるなど、疲労も溜まっていた中での試合だったようです。

 

最終スコアは6-3 6-2、試合時間は1時間13分と、あっさりした決勝戦となりました。

客観的に見ると、決勝戦としては物足りない内容でしたが、マレーが見事に初優勝を飾りました!

 

【マレー VS ベルダスコのハイライト動画】

 

500ポイント獲得で、2位ジョコビッチとの差を広げる

マレーがドバイで優勝、ジョコビッチがアカプルコで準々決勝敗退となり、ポイントは次のようになりました。

 

(大会開始時)
マレー:11,540ポイント
ジョコビッチ:9,825ポイント

マレー:12,040ポイント(+500)
ジョコビッチ:9,825ポイント(±0)

 

ジョコビッチは昨年のドバイでも準々決勝敗退(目の感染症で棄権)だったので、ポイントは変わらず。

マレーは昨年ATP500に出場していなかった(デビスカップ1回戦で日本と戦っていました)ので、まるまる500ポイント加算となりました。

 

次のマスターズ連戦も、ジョコビッチは各大会優勝で1,000ポイントを守るのに対し、マレーが守るポイントは各45ポイント(ともに2回戦敗退)。

 

ただし、マレーには初夏から、守るポイントが非常に多い過酷なツアーが待ち構えているので、今のうちに差を広げておきたいところです。

シーズン中盤からジョコビッチが本来のパフォーマンスを復活させる恐れもあるため、気を引き締めていきたいものです。

 

まずは、相性最悪のBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)で、一つでも多くの勝利をあげましょう!

ドバイからインディアンウェルズへ、せわしないフライトでの移動となってしまいますが、疲れをケアできて体調が整いますように…。

 

Congratulations Andy!!

 

ヘッド ラジカル・12R・モンスターコンビ (12本用)(283186)

 - テニス