全豪オープン2020の出場選手、ワイルドカード、シード順予想、エントリー速報
テニスの最新情報
錦織圭の試合予定など最新情報はこちら
錦織圭 速報

大坂なおみの試合予定など最新情報はこちら
大坂なおみ 速報

全豪オープン2020・男子シングルスの出場選手、ワイルドカード、シード順予想とエントリー速報をまとめています。

全豪オープン予選についてはこちら。

画像引用元:ATP公式全豪オープン大会ページ

全豪オープン2020のエントリー速報

全豪オープン2020に出場する選手のエントリー変更について、こちらでは速報をお届けします。

2020/01/17更新
デミノーが腹筋の怪我のため、アデレード国際に続いて全豪オープンも欠場します。
マイクシャクと、禁止薬物で陽性反応のジャリーも大会に参加せず、代わりにラッキールーザーが本戦出場となります。
2020/01/11更新
デルポトロの欠場が確定したため、WCで出場予定だったギロンが繰り上がりました。
また、ガスケが欠場するため、杉田祐一が繰り上がりで本戦出場となっています(日本人4人目)。
2020/01/07更新
ドナルドソンが欠場で、代わりにマイクシャクが繰り上がりで本戦出場です。
2019/12/30更新
まだ100%の状態ではないため、錦織圭はATPカップに続いて全豪オープンも欠場します。
代わりにダックワースが繰り上がりで本戦出場、杉田祐一はAltの2番目です。
2019/12/24更新
世界ランキング22位のプイユが全豪オープンを欠場すると発表しました(エキシビション大会での右肘の状態悪化が原因)。
代わりにプロテクトランキング99位のドナルドソン(アメリカ)が本戦出場です。
2019/12/14更新
ドルゴポロフが右手首の故障で全豪オープンを欠場すると発表しました。
代わりに99位のハリス(南アフリカ)が繰り上がりで本戦出場です。
2019/12/12更新
2019/12/9付の世界ランキングを元にエントリーリストが作成され、本戦出場選手やワイルドカード、繰り上がり待ちの補欠選手の一覧が発表されました。

全豪オープン2020のワイルドカード(主催者推薦枠)

全豪オープン2020・男子シングルスのワイルドカード出場選手について。

伊藤竜馬がAO2020アジア・パシフィック ワイルドカード・プレーオフで優勝して全豪オープン2020のワイルドカードを獲得しています。

 

また、ヒューゴ・ガストンがフランステニス連盟(FFT)の推薦枠で、マルコス・ギロンが全米テニス協会(USTA)の推薦枠で本戦出場を決めています。

2020/01/11更新
ギロンは繰り上がりで本戦出場が決まったため、USTA枠2位のマイケル・モーにワイルドカードが移されました。

オーストラリア国内プレーオフではジョン パトリック・スミスが優勝してワイルドカードを獲得しました。

残る数名のワイルドカード出場選手については、発表後に更新します。

    全豪オープン2020の出場選手(エントリーリスト)

    全豪オープン2020の本戦出場が決定している選手一覧です(男子シングルス・エントリーリスト)。

    2019/12/9付のATPランキングで98位以内(プロテクトランキング含む)に入った選手が、本戦出場権を獲得しています。

    出場選手名の並びはエントリー時点のランキング順(プロテクトランキング含む)で、名前右の数字がATPランキング、欠場発表選手は打ち消し線に変更します。

    • ナダル(1)
    • ジョコビッチ(2)
    • フェデラー(3)
    • ティーム(4)
    • メドベージェフ(5)
    • チチパス(6)
    • A・ズベレフ(7)
    • ベレッティーニ(8)
    • バウティスタ=アグー(9)
    • モンフィス(10)
    • ゴファン(11)
    • フォニーニ(12)
    • 錦織圭(13)
    • シュワルツマン(14)
    • シャポバロフ(15)
    • バブリンカ(16)
    • ハチャノフ(17)
    • デミノー(18)
    • イズナー(19)
    • ディミトロフ(20)
    • オジェ=アリアシム(21)
    • プイユ(22)
    • デルポトロ(22・PR)
    • ルブレフ(23)
    • ペール(24)
    • ペラ(25)
    • バシラシビリ(26)
    • カレーニョブスタ(27)
    • チョリッチ(28)
    • ツォンガ(29)
    • キリオス(30)
    • ラオニッチ(31)
    • フリッツ(32)
    • ガリン(33)
    • ラヨビッチ(34)
    • シュトルフ(35)
    • オペルカ(36)
    • フルカッチュ(37)
    • ジェレ(38)
    • チリッチ(39)
    • クライノビッチ(40)
    • ラモス=ビニョラス(41)
    • エバンズ(42)
    • マナリノ(43)
    • クエリー(44)
    • クエバス(45)
    • アルボット(46)
    • ティアファー(47)
    • ミルマン(48)
    • ベルダスコ(49)
    • ロンデロ(50)
    • シャルディ(51)
    • ソネゴ(52)
    • ノリー(53)
    • ルード(54)
    • シモン(55)
    • ブブリク(56)
    • アンベール(57)
    • ベデネ(58)
    • ケツマノビッチ(59)
    • ソウザ(60)
    • ガスケ(61)
    • ロペス(62)
    • トンプソン(63)
    • アンドゥハル(64)
    • エルベール(65)
    • ベランキス(66)
    • ドルゴポロフ(66・PR)
    • ククシュキン(67)
    • サングレン(68)
    • エドマンド(69)
    • フチョビッチ(70)
    • チェッキナート(71)
    • ルー・イェンスン(71・PR)
    • セッピ(72)
    • 西岡良仁(73)
    • ポスピシル(73・PR)
    • M・イーメル(74)
    • デリエン(75)
    • デルボニス(76)
    • ジャリー(77)
    • シーネル(78)
    • コールシュライバー(79)
    • カルバレスバエナ(80)
    • 内山靖崇(81)
    • バレール(82)
    • ムーテ(83)
    • マクドナルド(83・PR)
    • トラバグリア(84)
    • ジョンソン(85)
    • ムナール(86)
    • ダビドビッチファキナ(87)
    • クォン・スンウー(88)
    • モンテイロ(89)
    • ポール(90)
    • アンダーソン(91)
    • マイエル(92)
    • ジュムホール(93)
    • コプファー(94)
    • カルロビッチ(95)
    • ステッベ(95・PR)
    • カルーソ(96)
    • ポピリン(97)
    • ゲラシモフ(98)
    • ハリス(99)
    • ドナルドソン(99・PR)
    • ダックワース(100)
    • マイクシャク(101)
    • ギロン(102)
    • 杉田祐一(103)

     

    繰り上がりでの本戦出場を待つ補欠選手は次の通り。

    本戦繰り上がりが無ければ、上位選手は全豪オープン2020の予選ドローにシードで出場します。

    • ラクソネン(104)
    • ベセリ(105)
    • シュナー(106)
    • マルティン(107)
    • ノバク(108)
    • ゴンボス(109)
    • ダニエル太郎(110)
    • グラノイェルス(111)
    • ドンスコイ(112)
    • クドラ(113)
    • ファビアーノ(114)
    • ロレンツィ(115)
    • Hoang(116)
    • ゴヨブチック(117)
    • Mager(118)

     

    全豪オープン2020のシード選手

    全豪オープン2020・男子シングルスのシード選手は、上記エントリー選手のうち大会前週のランキング上位32選手です(16シード案が以前ありましたが、2020年もグランドスラムは32シード)。

    全豪オープン2020までの期間に失効する分を反映したポイントとランキング上位40は次の通り(2020/1/13更新)。

    シード順予想選手名ポイント
    1ナダル10235
    2ジョコビッチ9720
    3フェデラー6590
    4メドベージェフ5960
    5ティーム5890
    6チチパス5375
    7ズベレフ3345
    8ベレッティーニ2870
    9バウティスタ=アグー2640
    10モンフィス2565
    11ゴファン2555
    12フォニーニ2310
    13シャポバロフ2200
    14シュワルツマン2130
    15バブリンカ2045
    16ハチャノフ1995
    欠場錦織圭1930
    17ルブレフ1799
    18ディミトロフ1772
    19イズナー1770
    欠場デミノー1665
    20オジェ=アリアシム1656
    欠場プイユ1600
    21ペール1598
    22ペラ1585
    23キリオス1520
    24ラヨビッチ1516
    25チョリッチ1490
    26バシラシビリ1485
    27カレーニョブスタ1377
    28ツォンガ1340
    29フリッツ1335
    30エバンズ1324
    31フルカッチュ1318
    32ラオニッチ1305
    33ガリン1285
    34シュトルフ1270
    35オペルカ1227
    36チリッチ1205
    37ジェレ1165
    38クライノビッチ1158
    39Ωラモス=ビニョラス1130

    上表は、全豪オープン前哨戦のATPカップやカタール・エクソンモービル・オープン(ドーハ)での獲得ポイントを追加したものです。

    錦織圭は全豪オープン2020の基礎ポイント順では16位なので、ATPカップ欠場で全豪挑戦となるとシードは17以下になる予想です。

     

    注目はティームとメドベージェフによる全豪オープン2020・第4シード争い。基礎ポイント差がわずか120なので、開幕直後から調子の良い方が第4シードを手に入れられそうです(追記:メドベージェフが第4シードを獲得しました)。

    また、32シードから漏れて迷惑ノーシードになる選手たちは誰なのかにも注目していきたいと思います。

     

    以上、全豪オープン2020・男子シングルスの出場選手、ワイルドカード、シード順予想とエントリー速報でした!

    Twitterの(しょうもない)つぶやきはコチラ!