大坂なおみが全豪オープンテニス2019決勝戦でクビトバを破り、全米オープン2018に続いて2大会連続でグランドスラム制覇を成し遂げました!

 

全豪オープン決勝進出すら男女を通じて日本人初のことだったので、優勝はもちろん史上初。

全豪オープン優勝で、大会後に発表されるWTA世界ランキングも日本人史上初の1位となることが決定です。

 

勝てば自身初の世界ランキング1位、自身初の全豪制覇となった一戦、クビトバも最後まで諦めない姿勢を貫きました。

次のツイートは、第2セットを取り返す直前につぶやいたものです。

大坂なおみ、クビトバ、どちらが勝ってもおかしくない、白熱した見応え十分の決勝戦でした。

大坂なおみ決勝戦ハイライト動画

大坂なおみ決勝戦のハイライト動画です。

3分5秒にまとめられてはいますが、試合の熱狂ぶりはしっかりと収められています。

優勝セレモニーでのスピーチ動画

「全豪オープン2019を優勝、そして翌週に新しく世界ランキング1位になる大坂なおみです」(意訳)と紹介されてトロフィーを受け取った大坂なおみ。

途中若干詰まったりもありますが、しっかりと優勝スピーチを行いました!

最新ランキング世界1位!唯一の7000ポイント超!

全豪オープン2019終了後に発表される世界ランキングは次のようになります(カッコ内は順位変動)。

準優勝のクビトバが4ランクアップで、自身キャリアハイに並ぶ世界ランキング2位。

大坂なおみに準決勝で敗れたプリスコバも3ランクアップで5位に浮上します。

 

  1. 大坂なおみ 7030(+3)
  2. クビトバ 6290(+4)
  3. ハレプ 5582(-2)
  4. スティーブンス 5307(-1)
  5. プリスコバ 5100(+3)
  6. ケルバー 4965(-4)
  7. スビトリナ 4940
  8. ベルテンス 4430(+1)
  9. ウォズニアッキ 3566(-6)
  10. サバレンカ 3485(+1)
  11. セリーナ・ウィリアムズ 3406(+5)

 

前年優勝のウォズニアッキは6ランクダウン。

来年の今頃には大坂なおみも2000ポイントをディフェンドする立場となっているわけですね。

レースランキングも勿論1位!

グランドスラムに優勝したので当然ですが、レースランキング(年始からの合計ポイント順位)も1位です。

 

  1. 大坂なおみ 2185
  2. クビトバ 1825
  3. プリスコバ 1250
  4. コリンズ 806
  5. バーティ735

 

レースランキングで上位8名に入れば、年末に行われるWTAファイナルズに出場できます。

大坂なおみは2018年に続いて2年連続での出場に期待がかかります。

なお、2019年からは中国の深センに会場が移って大会が行われる予定です。

 

全豪オープンテニス2019女子シングルスは、大坂なおみが日本人史上初の快挙を達成して幕を閉じました!

大坂なおみちゃん、本当におめでとうございます!!

 

惜しくも準優勝に終わったクビトバですが、大怪我からの復活劇、そして開幕からの快進撃は目をみはるものがありました。

絶望の淵から戻ってきたメンタルの強さは、試合中にも随所で見られましたし、本当に紙一重の勝負でした。

大坂なおみがいないところでは、まだまだタイトルを積み重ねていって欲しいです!

両者ともお疲れ様でした!素晴らしい決勝戦をありがとう!!