錦織 圭が全豪オープンテニス2018の出場を断念し、1月22日開幕のアメリカ・ニューポートビーチでのATPチャレンジャー大会で復帰すると発表しました。

グランドスラムの欠場は、全米オープン2017に続いて2大会連続。

全豪オープンの欠場は2010年以来となり、連続出場は7年連続でストップとなりました。

 

右手首のリハビリを続けている錦織ですが、復帰早々グランドスラムで5セットマッチを戦う準備が出来ていないとの判断です。

昨年はロジャー・フェデラーとの死闘の末破れて4回戦敗退だった錦織。

欠場によりポイントを失って更にランキングを落とすことになりますが、気になるのは他のライバルたちの動向です。

 

今回は、前哨戦を欠場した有力選手たち(マレー・ナダル・ジョコビッチ)の、全豪出場の可能性についてまとめています。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

ブリスベン国際を欠場したマレー、全豪2018もほぼ絶望的か(追記:欠場です)

まず、アンディ・マレーが全豪オープンにエントリーできる確率は5%くらいと見ます。

エントリーが5%で、1回戦を戦える確率はさらに低くなると思われます。

最近エントリーした2大会で、続けてドロー発表後に棄権しているので、そろそろエントリーすら控える動きになるかもしれません。

 

前回の記事で、マレーが現状のありのままを吐露した、悲痛なメッセージを紹介しました。

嘘偽りのない本人の想いを察するに、マレーの復帰の見通しは未だ不透明と言わざるを得ません。

 

「100%の状態になったら復帰」

「世界30位くらいのテニスしかできなかったとしても、テニスがプレーしたい」

復帰に向けて上のように述べていましたが、どれだけ頑張ってリハビリをしても一向に良くならない患部に、苛立ちと絶望が襲ってくる毎日です。

おまけに、手術をしたとしても完治はのぞめず、下手すると引退の時期を早めるだけになる恐れもあるとのことで、非常に難しい時間を過ごしています。

正直言って、全豪オープンに出場することすら困難で、トーナメントを勝ち上がるなど夢物語でしょう。かすかな希望を込めて、エントリーはするかもしれませんが...。

 

錦織と同じく手術を避け、時間をかけて回復を進めているマレー。

復帰のタイミングや形も錦織同様、慎重になるべきです。

 

P.S. アンディ、全豪オープン欠場です。確定です(T_T)

ナダルもブリスベン国際を欠場したが、全豪は出場予定

ラファエル・ナダルもマレー同様、ブリスベン国際を欠場しましたが、全豪オープンには出場予定です。

今日(1月4日)にもオーストラリア入りを果たし、全豪に向けて準備をする段階に入るはずです。

 

昨年末にアブダビで行われたエキシビションマッチを欠場していたので、心配の声も少し上がっていましたが、あくまで全豪に照準を合わせてのスケジュール調整だったようです。

昨年はフェデラーとの大接戦の末、準優勝を果たしたナダル。

世界ランキング1位・第1シードとして出場する全豪オープンはディフェンドするポイントも多く、万全の状態で挑みたいところです。

ジョコビッチも前哨戦欠場だが、直前に実戦復帰で全豪に備える

ノバク・ジョコビッチも長期離脱(右肘痛)からの復帰をかけて動いている1人。

アブダビのエキシビションと開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープンの両大会を欠場しており、全豪でのツアー復帰に懐疑的な見方が増えてきていますが、どうやらジョコビッチは順調に来ているようです。

 

患部を覆っていた包帯が取れた様子をSNSで発信していたジョコビッチ。

1月9日から行われるクーヨン・クラシック(エキシビションマッチ)に出場すると発表がありました。

 

先日のように、また右肘痛が再発すると欠場を余儀なくされるでしょうが、今のところ復帰に向けて前進しています。

クーヨン・クラシックで問題なければ、晴れて全豪オープンでツアー復帰となります。

 

 

他にも、怪我明け初戦はアレックス・デミノーに6-7(5-7) 4-6で破れたものの、これから調子を上げてくるであろうミロシュ・ラオニッチが、全豪オープンに出場予定です。

 

長期離脱からの復帰となると試合勘を取り戻すためにかなりの時間が必要でしょうし、復帰してすぐに本来の強さを発揮することは難しいでしょう。

しかし、共にしのぎを削るライバルたちが復帰・活躍していく姿は、復帰を控える選手にとって大きな希望となるはずです。

昨年のフェデラー・ナダルの大復活劇のように、今年はジョコビッチとラオニッチ(+おそらくバブリンカ)が先陣を切って、それに錦織・マレーが続けて復帰していくような、そんなツアー展開を期待せずにはいられません。

 

全豪オープンテニス2018は、1月15日開幕です(予選は1月10日開幕)。

錦織がいち早く発表しましたが、他の選手の出場(欠場)はいつ確定するのでしょうか...。

 

以上、前哨戦欠場の選手たちの動向についてでした。

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ