全豪オープンテニス2018は5日目を迎え、トップハーフの3回戦が行われました

大会3日目まで(というより杉田戦まで)は結構ライブで観られてましたが(#仕事しろ)さすがに観戦がキツくなってきました...。

 

実際に試合を観てないのに詳細を書くわけにはいかないのと、見逃し配信をチェックして記事を書く元気もないので、自分用(+忙しくてハイライトとざっくり全容だけ把握したい方用)に全豪2018の記録を綴っておきます。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

キリオスが全豪元準優勝者ツォンガとの熱戦を制して4回戦進出!

全豪のツォンガといえば、未だに2008年の衝撃的なツォンガの映像がすぐに頭に浮かびます(ナダルファンは忘れたいやつ)

2回戦でも若手のホープ・シャポバロフを相手に、明らかな劣勢からの逆転勝ちをおさめていたツォンガ。

実力も実績も申し分ないのですが、3回戦で次世代No.1候補のキリオスとの対戦というのはドロー運を嘆くしかありません。

さて、ハイライトとスーパープレーくらいしかチェックしていませんが、キリオスが大接戦をモノにしました。

最終スコアは7-6(7-5)  4-6  7-6(8-6)  7-6(7-5)、試合時間は3時間17分です。

全セットで6ゲームを獲得しながら敗れたツォンガ、なんとトータルポインツウォンはキリオスを2ポイント上回っていました(144-142)

どちらに転んでもおかしくない熱戦だったようです(ライブで観たかった...)。

 

【キリオス vs ツォンガのハイライト動画】

観客席には有名俳優のウィル・スミスさんの姿もあったということで、前の試合のユーチューバー(サーブを打つ際に大声で妨害して即つまみ出されたバカ)といい、キリオスはインパクトある観客をよく連れてきますねw

次に待ち構えているのは、灼熱地獄の中でルブレフを倒した、第3シードのディミトロフ。

厳しいドローですが、キリオスには昨年の鬱憤を晴らすべく、一気にメジャータイトル獲得へひた走って欲しいです。

カルロビッチ大先生がまたも歴代TOP10入り

杉田戦で53本ものエースを叩き込んだカルロビッチは、3回戦のセッピ戦でも52本のエースを記録。もちろん2戦連続のフルセットマッチです。

そして、それだけのエースを記録しながら散っていきました。いつもの大先生の得意技ですね。

1試合52本のエースも、歴代10位タイの記録なので、これにより上位10位中で7度もカルロビッチの名前が出現する事態になっています。

1位と2位の記録は伝説の70-68なので、それを除くとカルロビッチばかりです。

それだけのエースを叩き込むも、勝率は決して良くないのが「らしさ」全開ですね。

あまり需要はないかもしれませんが、こちらもハイライト動画を。

 

【カルロビッチ vs セッピのハイライト動画】

強すぎるナダル、3試合連続ストレートの圧勝

シード勢が苦戦する中、ナダルだけは順風満帆です。

直前のエキシビションでガスケに敗れたという情報が嘘のような、完璧なテニスで相手を圧倒しています。

 

1回戦からのスコアは次の通り。

(1回戦)6-1  6-1  6-1

(2回戦)6-3  6-4  7-6(7-4)

(3回戦)6-1  6-3  6-1

まだ1セットも落としていません...。

 

今のところ死角なしのナダル、4回戦はツアー屈指のリターン巧者・シュワルツマンとの対戦となります。

これまで3試合で各1度ずつしかブレイクされませんでしたが、さすがに違った試合内容になりそうです。

 

【ナダル vs ジュムホールのハイライト動画】

 

明日の大会6日目はボトフハーフの3回戦・8試合が行われます。

個人的に最も注目なのはチョン・ヒョン vs アレクサンダー・ズベレフのNext Gen対決。

チョン・ヒョンは調子がいいので、これまでGSで冴えない成績ばかりのズベレフ撃破も十分にあり得ます。

シード同士の対戦となるベルディヒ vs デルポトロは言うまでもありませんが、ノーシード同士の2試合も楽しみです。

マーテラー、サングレン、フクソービッチ、キッカー...フクソービッチ以外は見事に馴染みのない名前ばかりですが...このうち確実に2人は16強入りを果たします。

 

ドローの偏りも一興ということで...それぞれの全豪観戦を楽しみましょう。

巷ではインフルエンザが流行っているようなので、くれぐれもお気をつけくださいね。

以上、@mori_ichi_でした。

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ