全豪オープンテニス2018はいよいよ14日目、2週間にわたるトーナメントも大詰めを迎えました。

カイル・エドマンドを破ったマリン・チリッチが中2日で、チョン・ヒョンに勝利したロジャー・フェデラーに挑みます。

 

フェデラー優勝の予想が多い中ですが、見どころをプレビューしておきたいと思います。

と言っても、このあとすぐに試合開始ですが...(うっかり寝坊)。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

準決勝はチョンが万全でもフェデラーに軍配?

記録として、フェデラー vs チョンの準決勝について触れておきます。

残念ながら酷い足のマメが原因で、途中棄権せざるを得なかったチョン。

万全だったらもしかしたら...という声もありましたが、フェデラーのサービスゲーム攻略は難しかったと思われます。

 

ストロークで粘る相手であっても、自身のサービスゲームは落とさないフェデラーのサーブの強力さ。

若い頃は圧倒的威力のフォアハンドと抜群のフットワークを武器に相手にプレッシャーを与えるテニスでしたが、今はフットワークに代わってスーパーライジングショットがあります。

 

"2度目の全盛期を迎えている" と言っても過言ではないフェデラーのテニス、特にストロークのスピードに、試合を通じて食らいついていくのは厳しかったでしょう。

仮についていったとして、次にスコアに差としてあらわれてしまうのが、サーブの出来です。

 

そうは言っても、善戦は間違いなかったでしょうし、見応えあるロングラリーも多く観られたはずなので残念の一言でした。

手負いとはいえ、フェデラーのリズムを体感できたチョン。ある程度手応えも掴んだはずなので、まずは体をケアしてツアー復帰を果たしてください。

2018年のうちに、いくつのタイトルを獲得できるのか。

相性の良さそうな全仏オープンでも全豪躍進の再現なるか。

楽しみな若手の、一皮むけようとする過程をこれからも見守りたいと思います。

 

【フェデラー vs チョンのハイライト動画 】

1-6 2-5 RET、1時間2分での決着でした。

皮肉にも、はじめて試合のほぼ全てを観られましたが...次は両者万全の状態での対決を期待しています!

フェデラー優勢だが、チリッチはサーブ次第でチャンス有

さて、決勝はチリッチ vs フェデラー。

全米2014のようなプレーをできない限り、ストローク戦ではフェデラー有利で間違いないので、チリッチにとって大事なのがサービスキープです。

 

両者の調子が普通だと仮定すると、チリッチにはブレイクチャンスがそうそう訪れません。

内容ではフェデラーが終始押し気味の展開が予想されます。

しかし、セットを取るには、サービスキープをひたすら続けて、タイブレークの「ここぞ」の時にスーパープレーを見せれば可能です。

チリッチにはそれだけのサーブがあります。調子が良ければ触れることすら困難な強力なサーブが。

 

今大会のチリッチのタイブレーク成績は6勝2敗。うち1敗はリターンの強いナダルです(ちなみにフェデラーのタイブレーク成績は3勝0敗)。タイブレーク勝負にできれば、チリッチにもチャンス拡大とみます。

 

僕の予想スコアはこのようにしました。

タイブレークのスコアまで付けると、なんだかそれっぽく見えますね...。

どこかで決勝までストレートで6-3  6-3  6-3とかいうスコアも期待してる自分がいますが(どこかで見たスコア)。

 

タイムアップなので、今日はこのあたりで(ただいま17:30)。@mori_ichi_でした。

それでは決勝戦を楽しみましょう!!

コメント一覧
  1. ジェイミー より:

    I can't believe they’ ve the roof

  2. mori_ichi_ より:

    >ジェイミーさん

    おはようございます⛅️
    英語でのコメントとはオシャレですね...!
    そして理解力の無い僕は困っていますが😲笑

    決勝戦が屋根が閉まった状態で行われたことについては、決勝翌日の記事でちょっとだけ触れてみました(もし違った意味だったら教えてください)。

    https://ichimame.com/tennis/summary-of-ausopen2018

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ