全豪オープン2017の大会6日目は、ボトムハーフの3回戦8試合が行われました。

あいにくの土曜出勤だったため、ライブでしっかりと観られたのはグリゴール・ディミトロフ VS リシャール・ガスケのみ...。

 

さて、前記事で「注目のカード」として挙げていた、アレクサンダー・ズベレフ VS ラファエル・ナダルの試合は、予想どおりの好試合でした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

復活ナダルを相手に一歩も引かないズベレフ

ナダルは復帰して間もないものの、全豪オープンでは1、2回戦ともストレートで勝利しており状態は良さそうです。

一方のズベレフも1回戦ロビン・ハーセに逆転勝ちし、2回戦はストレートで勝利と状態を上げてきています。

 

手に汗握るストローク戦となったこの試合。

ナダルの深すぎるエッグボールに対して、ときおり驚いたような反応になっていたズベレフ。

それでも攻撃的なストロークで、ナダルと互角かそれ以上のラリーを展開します。

 

198cmの長身を生かしたサーブと、長いリーチ+軽快なフットワークでコートカバーリングも十分。

ショットセレクションや打球予測も素晴らしく、アングルショットも自在に操りコートを広く使えるプレーヤーです。

流石は2015年のNew comer of the year(最優秀新人賞)受賞者なだけはあります(過去にナダルや錦織 圭も同賞を受賞しています)。

 

ナダルが「将来グランドスラムを制する」と評するほどの才能の持ち主、ズベレフ。

ナダルは錦織の世界TOP5入りも錦織が18歳の時に「確信」として口に出していました。

超一流には、未来の超一流を見抜く目があるようです。

 

最終セットにはフィジカル面での差が露呈し、足が痙攣を起こして負けてしまいましたが、年内残り3つのグランドスラムではもっと勝ち進むのではないでしょうか。

今大会1番と言ってもいい熱戦は、ナダルが4-6 6-3 6-7(5-7) 6-3 6-2で制しました。試合時間は4時間5分に及びました。

 

【ナダル VS ズベレフのハイライト動画】

 

ちなみに、ズベレフは兄弟揃ってテニス選手で、兄のミーシャ・ズベレフは4回戦でアンディ・マレーと対戦します。

ズベレフ弟は「サーシャ」とよく呼ばれています。

この「サーシャ」はアレクサンダーの愛称で、ロシアでは一般的な人名のようです(※ズベレフ弟はドイツ出身です)。

 

イストミンが2戦連続フルセット勝利、ディミトロフも順調

ノバク・ジョコビッチを2回戦で倒したことで、一躍時の人となっているデニス・イストミン

3回戦の相手パブロ・カレーニョ・ブスタとの一戦はシーソーゲームでしたが、最後まで集中を切らさずプレーし、勝利を手繰り寄せました。

7回のブレイクポイントのうち5回ブレイクに成功し、12回握られたブレイクポイントを9回凌ぐ粘りのテニスで、最終スコアは6-4 4-6 6-4 4-6 6-2。

相変わらず試合後の雄叫び、カッコいいです。

 

【イストミン VS カレーニョ・ブスタのハイライト動画】

 

そんなイストミンの次なる相手は、ガスケをストレートで破ったディミトロフ

先日のブリスベン国際決勝で錦織を倒して優勝しただけあって、全豪でもかなり好調をキープしています。

 

ジル・シモンを退けて4回戦進出を決めたものの、ミロシュ・ラオニッチは体調不良(喉が痛いとの情報も)らしいですし、このままいけばディミトロフがボトムハーフから決勝進出するのではと思うくらいです。

錦織が勝ち上がれば、全豪でブリスベン国際と同じ決勝カードになるかもしれません(笑)

 

最後に6日目のナイスショット5選動画を載せておきます。

ガエル・モンフィスは相変わらずですね(笑)

 

大会7日目に世界中が注目する錦織 VS フェデラー

大会7日目はトップハーフの4回戦4試合が行われます。

 

スタニスラス・バブリンカ VS アンドレアス・セッピ

ジョー・ウィルフリード・ツォンガ VS ダニエル・エバンス

アンディ・マレー VS ミーシャ・ズベレフ

錦織 圭 VS ロジャー・フェデラー

 

マレーファンですが、客観的に見るとマレーの試合が一番惹かれません...(笑)

 

要注目は、言わずもがな「錦織 VS フェデラー」です。

フェデラーは、トマーシュ・ベルディヒを全盛期さながらのスーパープレー連発で一蹴しました。

本人もインタビューで驚いていたように、あれは完全に「出来過ぎ」です。

 

次の錦織戦でも、あのパフォーマンスが出せるとは考えにくいです。

錦織としては、フェデラーの足元付近にボールを集めないことが勝利への必須課題です(フェデラーのラリー展開力は驚異なので)。

 

フェデラーのサービスゲームで隙ができた時に、前後左右に先に揺さぶってラリーの主導権を握れるか。

自分のサービスゲームで、あらゆるプレッシャーをかけてくるであろうフェデラーを跳ね返せるか。(ぜひともSABR <セイバー>されるところが見たい)

 

マレーファンとしては、死闘の末フェデラーに勝ち上がってきて欲しい(錦織は最近デスマッチばかりで嫌な印象があるため&35歳(以下略)のですが、なかなか思うようにはいかないかもしれませんね...。

 

マレーはとりあえず目の前の試合に集中して、打倒・好調のズベレフ兄をお願いします!

 

Let's Go Andy!!

 

※錦織 VS フェデラーは日本時間 午後5時頃からロッド・レーバー・アリーナのナイトセッション第1試合として試合開始です!

コメント一覧
  1. mori_ichi_ より:

    (速報)残念ながらアンディ・マレーはミーシャ・ズベレフに敗れてしまいました。

    ジョコビッチがそうだったように、誰にでもこういった事は起こり得ます…。

    ズベレフ兄、グランドスラム初の4回戦に続いて、初の8強入おめでとうございます。
    いけるところまで、全力を出し切ってください。

    マレーお疲れ様でした。一旦ゆっくり休みましょう(T_T)

  2. テニスファン1号 より:

    錦織おしかったですな。少し怪我が心配ですね。もう少し錦織にサーブ力があればショートポイントで点が取れて体の負担も減りそうなんですが、、、
    あと、やっぱりフェデラーのプレイは見ていて惹かれますね

  3. mori_ichi_ より:

    テニスファン1号さん

    コメントありがとうございます。
    最終セットはトレーナーを呼んでましたから、心配ですね...。
    ワイドへの球速を落としたスライスサーブなんかは、かなり効果的だなと感じましたし、サーブ&ボレーの形もサマになってきているので、まだまだ進化できそうな気はします。

    フェデラーのプレーは本当にホレボレしますね!
    あのエレガントさ、カリスマ性は他の追随を許さないものがあります。

コメントを残す

関連キーワード

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!