男子プロテニスのATPツアー最終戦で、毎年行われているATP Finals(ツアーファイナル)開催都市の最終候補リストに、東京が残っています

 

ツアーファイナルは何年かに一度、開催地と名称を変更して行われてきており、2020年までは現在のロンドン開催が予定されています。

ところが、2021年からは白紙状態。ロンドン継続かもしれませんが、別の都市で開催する可能性もありそうです。

 

今回は、ツアーファイナルの新開催地に関するあれこれをまとめています。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

ATP最終戦の歴史(過去の開催都市)

ATPツアー最終戦のATPファイナルズは、前述の通り開催地と大会名を変えて開催されてきました。

 

実は、第1回大会が開催されたのは日本の東京都体育館で、1970年のこと。サーフェスはカーペットでした。

当時の名称はMasters Grand Prix(マスターズ・グランプリ)。1976年まではパリ、バルセロナ、ボストン、メルボルン、ストックホルム、ヒューストンと毎年開催地が変わっていましたが、1977年から1989年はニューヨーク。

1990年からフランクフルトで6年間、1996年からハノーファで4年間開催された後に、2000年リスボン、2001年シドニー、2002年上海、2003・2004年ヒューストンとまたも転々としますが、2005年からの4年間は上海で開催。

2009年からは現在のロンドンで開催されており、2020年までの開催が予定されています。

 

シーズン最終戦が一ヶ所で最も長く行われたのは、ニューヨークの13年連続です。

ロンドンは予定通りだと12年間の開催が決まっているので、延長されれば過去最長を更新します。

ATPファイナルズ2021〜の開催地が決定するまで

今回発表された最終候補地は、2018年8月の入札開始から候補地に挙げられた多くの都市の中から、4つに絞られたもの。

イギリスのマンチェスター、シンガポール、東京、イタリアのトリノが候補です。アジアが半分を占めていますね!

 

ATPファイナルズ開催地の最終決定は2019年3月までに行われます。

それまでに関係者が各候補都市を訪問して決めるようです。

今回の候補地の中から選ばれた場合、2021年から2025年までの5年間の開催が予定されます。冒頭で触れたように、ロンドンでの継続開催の可能性も残っています。

東京でATP最終戦が開催される可能性は

ATPファイナルズの東京開催が実現する可能性について、個人的な意見を述べます。

「あまり可能性は高くないだろうが、期待を込めての選出があるかも」と言ったところではないでしょうか。

 

まず、施設の充実面では現状、トリノとシンガポールが一歩リードしていると言えます。

トリノにはトリノ五輪のために建設された施設があり、シンガポールは女子テニスの最終戦WTAファイナルズが開催されています(2019年からは中国・深セン開催)。

マンチェスターはWTAファイナルズの候補地にも名乗りを上げていましたが、深センに敗れていました(大規模なテニス用の競技場があるのかは調べても出てこず)。

 

東京はATP500の楽天オープンが開催されてきた歴史があり、東京オリンピック開催に向けて有明テニスの森や有明コロシアムの工事が進められていますが、どこまで良くなるのかが未知数です。

ATP大会が過去に開催されていたミランが、Next Gen ATPファイナルズの開催地に決まったことから、可能性は十分にあるとは思われますが...(余談ですが、2005年まで行われたミラン・インドアは、ロジャー・フェデラーが2001年にATPツアーで自身初優勝を飾った大会です)。

 

集客面でも選手の移動面でも、アジアはヨーロッパに比べると弱いです。やはりヨーロッパ開催が優位に立っています。

シーズン後半の大会がヨーロッパを中心に開催されている上、日本やシンガポールでどれだけ集客に成功するのかが疑問視されること必至でしょう。

上海ロレックス・マスターズのように、北京オリンピックの大成功で中国でのテニス開催に期待値が高まっていれば話は別ですが、東京オリンピック開催は最終決定の2019年3月よりも後なので難しそうです...。

 

日本企業の日東電工株式会社がATPファイナルズのスポンサーになったから優位?とも考えましたが、Nittoがスポンサーなのは2020年まで

あまり関係は無さそうですが、NittoがATPファイナルズ日本開催の伏線になったとすれば、日東電工のテープをいっぱい買いたいと思います!←

 

現実的に考えると、東京以外で開催された方が上手くいきそうな気はしますが...東京開催が実現したら大ニュースですね!

2021年には錦織は32歳。まだまだ最終戦出場を争う位置に居てくれているのではないでしょうか?

なおアンディ・マレーは3(略

 

 

以上、ATPファイナルズ(現ツアーファイナル)の新開催地に関するあれこれでした!

コメント一覧
  1. はなさく より:

    こんばんは
    日本で見れたらすごい事ですね
    オリンピックも楽しみ〜
    チケット取れないだろうけど、、

    最近ナオミちゃんと練習の写真や明るい話題が少し出てますね〜
    痩せたなぁて思うけど
    オーストラリアの明るさの中で
    また吠えて欲しいですね

    最近のテニス、応援する気持ちに
    あまりなれなくて、錦織も好きだったけど
    今はなんだか色々あるし

    お忙しいとは思いますが、
    シーズン始まったら情報よろしくお願いします
    長々と失礼しました^_^

  2. mori_ichi_ より:

    こんばんは、ご無沙汰してます。
    日本開催となれば歴史的快挙ですね。
    オリンピックのチケットは手に入るかもですよ!ダメ元でいきましょう!

    ベルダスコよりも良いヒッティングパートナーっていうキリオスのコメントが笑えました。
    順調に来てるみたいなので楽しみですね!

    また見に来て頂けると嬉しいです。
    情報発信で忙しくできるといいですね。笑
    コメントありがとうございました。励みになります!

コメントを残す