ATPカップ2020の日本代表メンバー、出場国(出場選手)とグループ分け組み合わせ

2020年1月に初開催が決まっているATPカップ(錦織圭出場予定)について、日本代表メンバー、出場国(出場選手)、グループ分けの組み合わせなどの情報をまとめています。

ATPカップはAbemaTVが配信決定
ATPカップ2020はAbemaTVが全129試合を配信します!
AbemaTV(公式サイト)

画像引用元:ATP CUP公式フェイスブックページ

ATPカップ2020 日本代表メンバー

ATPカップ2020の日本代表には最低3名、最多で5名のメンバーを招集できます。

シングルス出場候補は、ランキング上位の錦織圭、西岡良仁、内山靖崇らTOP100入りを果たしている選手たち。

ダブルスでは、東京オリンピックで錦織とペアを組む可能性が高い、マクラクラン勉の出場が濃厚です。

日本代表エントリー選手(2019/11/14時点)
錦織圭、西岡良仁、内山靖崇、添田豪、マクラクラン勉の5選手がエントリーしています。

上記5名を除いてATPランキングが高い選手は、年末ランキング順では杉田祐一、ダニエル太郎、伊藤竜馬らが続きます。

ATPカップ2020でマクラクラン勉とダブルスペアを組むのが、楽天オープン優勝経験のある内山靖崇なのか、東京オリンピックを想定して錦織圭なのか…注目が集まります。

内山が肉離れ(2019/12/26時点)
内山靖崇が右太腿の肉離れで全治1ヶ月なので、ATPカップは欠場します。
全豪オープンでの復帰を目指してリハビリをスタートさせており、代わりのメンバーについては招集があれば追記します。

松井が加入(2019/12/30時点)
内山靖崇の代わりに、松井俊英が招集されました。
現在41歳の松井は、シングルスのATPポイントを持っている中では世界最高齢(40代のポイント持ちは他にカルロビッチとクォン・オーヒーのみ)、ダブルスランキングは177位の大ベテランです。
錦織はATPカップ欠場(2019/12/30時点)
まだ100%の状態ではないため、錦織圭はATPカップと全豪オープンテニスを欠場します。
代わりの招集メンバーはいないため、4名で戦います。

ATPカップ2020の出場国・出場選手

ATPカップ2020の出場国、主な出場選手(ATPランキングNo.1、No.2選手)を一覧にして紹介しています(各国のエントリー選手全5名は後述します)。

出場選手の変更アリ
下表は記事公開時点(2019/11/14)の情報なので、錦織圭やマレーなどの欠場によりメンバー変更があります。
エントリー順No.1No.2
1セルビアジョコビッチラヨビッチ
2スペインナダルバウティスタ=アグー
3ロシアメドベージェフハチャノフ
4オーストリアティームノバク
5ドイツズベレフシュトルフ
6ギリシャチチパスPervolarakis
7日本錦織圭西岡良仁
8イタリアベレッティーニフォニーニ
9フランスモンフィスプイユ
10ベルギーゴファンダルシス
11クロアチアチョリッチチリッチ
12アルゼンチンシュワルツマンペラ
13ジョージアバシラシビリMetreveli
14南アフリカアンダーソンハリス
15アメリカイズナーフリッツ
16カナダシャポバロフオジェ=アリアシム
17イギリスマレーエバンズ
18オーストラリアデミノーキリオス
19ブルガリアディミトロフKuzmanov
20チリガリンジャリー
21ポーランドフルカッチュマイクシャク
22ウルグアイP・クエバスM・クエバス
23モルドバアルボットCozbinov
24ノルウェールードDurasovic

    ATPカップ2020 グループ分け組み合わせ

    ATPカップ2020の出場国が決定したことで、グループ分けの組み合わせも確定しました。

    各グループ4ヶ国で予選を戦い、成績上位2ヶ国が無条件で決勝トーナメントに進出できます。

    グループAセルビア、フランス、南アフリカ、チリ
    グループBスペイン、日本、ジョージア、ウルグアイ
    グループCベルギー、イギリス、ブルガリア、モルドバ
    グループDロシア、イタリア、アメリカ、ノルウェー
    グループEオーストリア、クロアチア、アルゼンチン、ポーランド
    グループFドイツ、ギリシャ、カナダ、オーストラリア

    日本は強豪スペインのいるグループBに入っており、予選はパースの会場で行われます。

     

    ATPカップ2020の出場選手一覧

    ATPカップ2020にエントリー済みの選手一覧です(監督は割愛)。

     

    グループA(ブリスベン)

    セルビアフランス南アフリカチリ
    ジョコビッチモンフィスアンダーソンガリン
    ラヨビッチペールハリスジャリー
    ミロジェビッチシモンRoelofseTabilo
    CacicマウクラーセンPodlipnik-Castillo
    トロイツキロジェ=バセランMontsiBarrios Vera

     

    グループB(パース)

    スペイン日本ジョージアウルグアイ
    ナダル西岡良仁バシラシビリP・クエバス
    バウティスタ=アグー添田豪MetreveliM・クエバス
    カレーニョブスタマクラクラン勉TsitvadzeBehar
    ラモス=ビニョラス松井俊英BakshiFumeaux
    ロペスTkemaladzeRoncadelli

     

    グループC(シドニー)

    ベルギーイギリスブルガリアモルドバ
    ゴファンエバンズディミトロフアルボット
    ダルシーノリーKuzmanovCozbinov
    CoppejansワードLazarovMatvievici
    GilleソールズベリーDonskiBaskov
    VliegenJ・マレーAndreev

     

    グループD(パース)

    ロシアイタリアアメリカノルウェー
    メドベージェフフォニーニイズナールード
    ハチャノフトラバグリアフリッツDurasovic
    ガバシュビリボレッリポールHellum Lilleengen
    NedelkoロレンツィラムHoeyeraal
    KravchukGiannessiKrajicekRivera

     

    グループE(シドニー)

    オーストリアクロアチアアルゼンチンポーランド
    ティームチョリッチシュワルツマンフルカッチュ
    ノバクチリッチペラマイクシャク
    OfnerGalovicロンデロZuk
    マラックドディグゴンサレスクボット
    メルツァーメクティッチモーテニMarek

     

    グループF(ブリスベン)

    ドイツギリシャカナダオーストラリア
    A・ズベレフS・チチパスシャポバロフデミノー
    シュトルフPervolarakisオジェ=アリアシムキリオス
    MoraingKalovelonisDiezミルマン
    クラビーツP・チチパスシャマズディンピアース
    ミースSkorilasポランスキーグッチオーネ

     

    以上、ATPカップについて、日本代表メンバーと出場国、出場選手とグループ分け組み合わせまとめでした!