LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

マレーがパリバ・マスターズで世界ランキング1位に?

    2016/11/25

murray-won-in-vienna

アンディ・マレーがエルステ・バンク・オープン(オーストリア・ウィーン)で見事優勝を飾りました!

 

余談ですが、エルステ・バンク・オープンは、2015年からATP500に格上げされた大会です。(以前はATP250)

マレーは2014年にも出場して優勝していたので、自身2度目の優勝。

 

チャンナ・オープン、上海ロレックス・マスターズに続く出場3大会連続優勝と、ますます波に乗ってきた印象です。

スポンサーリンク

エルステ・バンク・オープン2016を振り返る

上海ロレックス・マスターズで優勝してから、1週間は休養にあてました。

迎えたエルステ・バンク・オープンは、少しヒヤヒヤの勝ち上がりとなりました。

 

第2シードのトマーシュ・ベルディヒ、上海マスターズで決勝を戦った第4シードのロベルト・バウティスタ・アグーが初戦敗退する中、マレーの初戦の相手は難敵マルティン・クーリザン。

クーリザンはツアー5勝の実力者で、ランキング以上の強さを誇ります。

 

マレーは第1セットこそブレイクポイントを与えながらも凌ぎますが、第2セットには1stサーブの%が48%に…徐々に劣勢を強いられ、タイブレークの末セットを落としてしまいます。

マレーがセットを落としたのは、デビスカップを除けば全米オープン・錦織 圭との対戦以来です。

セットオールとなって目が覚めたのか、ファイナルセットはベーグルを焼き出して圧倒。スコアは3-6 6-7(5-7) 6-0でした。

 

少し不安な中、次なる相手はジル・シモン堅実で粘り強いテニスが身上です。

試合開始直後にブレイクに成功する好スタートも、キープに苦しむマレー。

ブレイクバックしてもまたブレイクされの繰り返しで、合計3度もブレイクされ、第1セットを取られてしまいます。

 

第2セットでも早速ブレイクポイントを握られる苦しすぎる展開も、何とかここを凌ぐと、そこから調子は右肩上がり。

その後はロングラリーでも落ち着いてポイントにし、試合を優位に運びました。

最終スコアは4-6 6-2 6-2で試合時間は2時間41分。2戦連続フルセットと、さすがにシーズン終盤とあって疲れの影響もあるのかもしれません。

 

準々決勝の相手は過去6戦全勝のジョン・イズナー。全仏2016でもストレートで撃破しました。

イズナーが絶好調だと接戦は必至でしたが、調子がイマイチなイズナーに対してマレーはこの試合絶好調。

イズナーがビッグサーバーなのを忘れるくらいリターンゲームでもプレッシャーを与え続け(イズナーの手の怪我もあって)一気に試合を決めました。

6-1 6-3のストレートで快勝です。

 

準決勝の相手は前年優勝のダビド・フェレール。これは一転、難しい試合になるだろうと予想していましたが、何とフェレールが試合直前に棄権を申し入れました。

左足の怪我で、ドクターストップがかかったようです。

フェレールの棄権は、キャリア通算でたったの2度目です。

それまでにこなした試合数は何と1024試合!

棄権率の低さは歴代トップではないでしょうか。

175cm・73kgと錦織よりも小さい体型ながら、大きな怪我なくフル稼働でツアーを走り続けてきたフェレールに敬意を表します。

どうか深刻な怪我ではありませんように…。

 

決勝の相手はジョー・ウィルフリード・ツォンガ。イボ・カルロビッチ相手に大逆転勝利をあげ、勢いに乗っています。

しかし、マレーはフェレールの棄権で1日多く休めたおかげか、試合開始からエンジン全開。あっという間に第1セットを先取しました。

第2セットも早速ブレイクして2-0。圧勝かと思いきや、ここでマレーの「いつもの」が発症

またもや1stサーブが入らなくなり、ブレイクを許して追いつかれてしまいます…。

そのまま逆転されるのは何とか堪えて、タイブレーク突入。

競った展開の中、最後はいいところでエースが飛び出し試合を決めました。

6-3 7-6(8-6)のストレートで、見事優勝を飾りました!

 

【マレー VS ツォンガのハイライト動画】

 

年内ランキング1位の可能性が出てくるも…

マレーが試合に勝つごとに、メディアはマレーのランキング1位について煽ります。

もちろん試合後のインタビューでも、毎回のように「1位のノバク・ジョコビッチに近づいているが」と質問を受けますが、本人は至って冷静

かつてグランドスラムで勝ったことがなくて、イギリスメディアによって可哀想な目に遭っていたガラスのハートのマレーはもういません。

 

常に「年内は目の前の試合で良いプレーをして、来年のはじめ頃にそうなっているといいね」というスタンスで、やんわりとした対応です。

今は1位へのプレッシャーよりも、良いテニスが続けられている自信の方が大きいのかもしれません。

もちろん、イワン・レンドルコーチの存在も大きいでしょう。(アジアツアー以降は帯同せず自宅テレビで観戦のようですが…ツアーファイナルで合流予定です)

 

パリバ・マスターズとジョコビッチ・マレーの関係

全仏オープンで生涯グランドスラムを達成して以降、何かと取りこぼしの多いジョコビッチ。

(最たるものはウィンブルドン3回戦敗退

上海ロレックス・マスターズでも負けたことのないアグーに敗れました。

一方のマレーは連勝街道まっしぐら。

勢いの差は誰の目にも明らかです。

 

とはいえ、ジョコビッチはパリバ・マスターズ3連覇中で4連覇がかかっています。

おまけに、2015年の決勝はマレーが挑むも2-6 3-6であっけなく敗退。

ジョコビッチはこの優勝で、史上初のマスターズ6勝を達成しました。

 

生涯グランドスラムと史上初のマスターズ6勝を決めたフランス・パリに乗り込んで、気分が良くならないわけがありません。

最近の数試合よりも、一段と気合を入れて臨んでくるでしょう。

 

両選手とも、インタビューに答える様子を見る限り落ち着き払っています。

これが嵐の前の静けさなのか、予想通りに両者とも勝ち進むのか…。

 

パリバ・マスターズでマレーが1位になる条件

パリバ・マスターズ終了直後にマレーが世界ランキング1位になるには、以下のどちらかが必要です。

・マレーが優勝、かつジョコビッチが準決勝までに敗退

・マレーが決勝進出、かつジョコビッチが準々決勝までに敗退

 

ただ、個人的には今大会で1位にならなくていいと思っています。

同じ年内に決めるのなら、是非地元のツアーファイナルで決めて欲しいです。

 

あまり知られていませんが、マレーはツアーファイナルが苦手です。

2009年の初出場以来、7回出場してラウンドロビン(予選)突破はたったの2回

おまけに2回とも準決勝でロジャ・フェデラー、ラファエル・ナダルに敗れてシーズン終了でした…。

※上海で行われていたマスターズ・カップは2008年のみ出場で、予選は全勝突破でしたが準決勝でニコライ・ダビデンコに敗れました。

 

悲願のツアーファイナル初制覇で1500ポイント獲得&初のランキング1位が最高のシナリオです。

もちろん、パリバ・マスターズで決めるも大歓迎です。

 

2016年シーズンも残り僅か、最後まで突っ走ってキャリアハイの今シーズンを締めくくってください!

 

Let’s Go Andy!!

 

「エントリーで1箱毎に選べるプレゼント」「HEAD PRO(ヘッドプロ)」ツアーファイナル使用球

 - テニス ,