アンディ・マレーは全豪オープン2017に第1シードとして出場予定です。

現在、IPTL(インターナショナル・プレミア・テニスリーグ)2016が開催されていますが、イマイチ興味がわかず観ておりません。

 

つかの間のオフ、過去のプレー動画をゆっくり振り返るのも楽しみの1つです。

今回は、全豪が待ち切れないので、マレーの全豪オープン好プレー集+αをまとめました。

 

※紹介動画は全て公式チャンネルAustralian Open TVのものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マレー全豪オープン好プレーTOP5動画

「Andy's Top 5」と題されたこの動画は、マレーが全豪オープンで見せた好プレーのうち、厳選5つを紹介しています。

 

#5は対戦相手が誰か分かりづらくて、いつの試合か分かりません...。

恐ろしいフォアのクロス、強打のウィナーです。

 

#4は全豪2013の準々決勝、ジェレミー・シャルディ戦です。

バックハンドで完璧なロブウィナー炸裂です。カモーン!

(補足:ロブが決まって思わずカモーン!と言ってしまうのはレイトン・ヒューイットの影響です)

 

#3は全豪2013の準決勝、ロジャー・フェデラー戦です。

フルセットまでもつれる大接戦で、6-4 6-7(5-7) 6-3 6-7(2-7) 6-2でした。

この年のフェデラーは怪我や不振に悩まされますが、タイブレークをいずれも制する勝負強さは流石です。

 

#2は全豪2013の決勝、ノバク・ジョコビッチ戦です。

第1セットを先行するものの、その後のセットは取れず逆転負けでした。

先日のツアーファイナル2016、ミロシュ・ラオニッチ戦でも絶妙なハーフドロップボレーを披露していました。

マレーはあまり目立たないものの、ボレーも相当上手いです。

 

#1は#3と同じく全豪2013のフェデラー戦。

マレーのフォア逆クロスが火を吹きます。

イワン・レンドルコーチ直伝?の逆クロスの威力は凄まじく、マレー史上最も攻撃力の高かった時期だと言えます。

 

こうしてみると、この動画はマレー全豪2013好プレー集だったようですね(それでも#5は分かりません...)。

 

マレーのロブ達人っぷりが分かる動画

先ほどの動画の中でも、見事なロブウィナーがありました。

ウィナーにはならなかったものの、効果的なロブ動画を2本載せます。

またしても全豪2013のフェデラー戦です(公式チャンネルが好きなんでしょうか)。

アプローチショットでネットに詰め、いいコースにボレーを決めたフェデラー。

あとはスマッシュで決まりかと思いきや、マレーのコートカバーリングは尋常じゃありません。

カウンターのストレートロブで形勢逆転し、そのままマレーのポイントになりました。

 

「Murray Magic」と題されたこの動画は、全豪2015の準決勝、トマーシュ・ベルディヒ戦の1シーンです。

第1セットを先行したベルディヒ。

第2セットのこのポイントも準決勝に相応しい高レベルなラリーの中で、積極的にネットプレーを仕掛けましたが、先ほどのフェデラーと同じくマレーのランニングロブで一気にマレーペースに。

このロブがこたえたのか、このセットを0-6で落としたベルディヒは、そのままセットカウント1-3で敗れてしまいました。

 

全豪2017でも、絶妙なロブが見られるよう祈っておきます!

 

マレーの(ある意味、素晴らしい)サーブ動画

ちょっとブレイクで、こんな動画もありました。

全豪2014の3回戦、フェリシアーノ・ロペス戦の1シーンです。

おなじ入らないのなら、いっそコレぐらい外れてくれた方が爽快ですね(笑)

 

ニック・キリオスとのグランドスラム初対戦動画

全豪2015の準々決勝で、地元オーストラリアのホープ、当時19歳のニック・キリオスとのグランドスラム初対戦がありました。

大歓声を味方につけるキリオスを相手に、普段通りのプレーを続けるマレー。

第2セットのセットポイントのロブウィナーは痺れます!

この試合は6-3 7-6(7-5) 6-3のストレートでキリオスを退けました。

 

ここまで5連勝(ホップマンカップは除く)と相性は悪くありませんが、全豪2017では当たりたくない相手の1人です。

 

マレーファンにとってトラウマの全豪2010決勝動画

全豪2010で、全米2008以来のグランドスラム決勝の舞台に立ったマレー。

決勝の相手はまたもフェデラー。

全米2008ではストレートで敗れていたので雪辱に燃えていました。

 

しかし、優勝へのプレッシャーからか、当時対戦成績では勝ち越していたフェデラー相手に良い所がないマレー。

この試合ほどネットが憎かった試合はありません。大事なポイントでネット直行のアンフォーストエラー量産でした。

3-6 4-6 6-7(11-13)で敗れたマレー。

決勝フェデラーだと、頑張ってもセットすら取れない...そんな空気が出来上がってしまったように感じた試合でした。

 

表彰式でのスピーチで伝説のセリフが飛び出したのもこの時です。

マレーはスピーチ中に感極まり、泣いてしまいます。

その後に言った"I can cry like Roger, it's just a shame I can't play like him."はマレーの名言の1つです。

「ロジャーのように泣けるけど、彼のようにプレーができない」...


前年の全豪2009決勝でフェデラーがナダルに敗れた後、表彰式で泣いていたことに触れた精一杯の自虐ジョークです。

 

全米2012でグランドスラム初制覇を成し遂げたマレーですが、全豪では5度の決勝進出で全て準優勝(オープン化以前を含めると歴代最多タイ)。

全豪オープン2016の準優勝記事はこちら

 

スピーチも盾獲得も安定してきていますが、6度目の正直で、そろそろ優勝して生涯グランドスラムに王手といきたいものです!

 

Let's Go Andy!!

 

「アンディ・マレーNo.1キャンペーン」プレゼントキャンペーンエントリー

コメント一覧
  1. ちゃんちゃんこ より:

    再投稿です。
    先ほどのコメントは誤って途中で投稿してしまったものですので、もし可能でしたら削除していただけると幸いです。
    申し訳ありません。

    mori_ichi_さん、こんにちは。
    今日の記事もとても楽しく拝見しました。

    マレーは全豪での準優勝が5回もあったんですか!
    BIG4の存在を考えれば、準優勝とベスト4とでは価値が全然違うのかなと思いますし、その中での5度の準優勝はただ事ではないですね。
    グランドスラムの中でも特に得意としていたりするのでしょうか。
    次の全豪はとても楽しみですね♫
    くじ運の方が心配ですが(笑)

  2. mori_ichi_ より:

    ちゃんちゃんこさん

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    5回はオープン化以降だと単独トップの準優勝回数です。
    最初のフェデラーを除くと残りの4回は全てジョコビッチが決勝の相手です。
    おっしゃるとおり(ハードコートが苦手な時代のナダルがいたとは言え)BIG4やビッグサーバーらとの対戦が避けられない中での準優勝5回は素晴らしい成績と言えます。
    マレーにとって全豪は得意な大会です。
    グランドスラムの中では全豪と地元ウィンブルドンが相性良しです。
    残念ながらジョコビッチが全豪であまりに強すぎるので、マレーは準優勝ばかり増えている状況です...(笑)

    次の全豪はいつにも増して楽しみですが、くじ運が本当に心配です。
    キリオス、デルポトロ、チリッチ、錦織、フェデラーあたりと対戦があるかどうか、どのラウンドで対戦するのかで、かなり結果に影響しそうです。

コメントを残す

関連キーワード

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!