アンディ・マレー応援ブログなのに、最近は全然応援記事を更新しないダメ管理人@mori_ichi_です、こんにちは。

2018年9月末の深センオープンでフェルナンド・ベルダスコに破れて以来、チャイナ・オープンも棄権して表舞台から姿を消したアンディ。

テニスは出来ているのでしょうか。ラケットは持たずにリハビリに励む日々なのでしょうか。

 

アンディ・マレーの現在について、速報など最新情報をお届けします。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

速報!アンディ・マレーの最新情報(SNS投稿)

一時期ツイッターにハマってマメに更新していたアンディですが、近頃は専らインスタグラム派です。

10月末の投稿では、長いトンネルを抜ける暗示かのような画像が。相変わらずファンに期待だけはさせてくれます。

体操選手のように躍動するアンディ。現在のリハビリの一環でしょうか。

ハッシュタグのtokyo2020に注目です。東京オリンピックにテニスをしに来てください!絶対に観戦に行きます!!

打って変わって、こちらはプロテニス選手の短いバケーションの様子。

兄ジェイミーも含め家族と素晴らしいオフの時間を共有出来たようです!

モルディブの海がキレイすぎます!アイスクリームは...解説求む!

11/28の投稿で、コーチのデルガドがロンドンからマイアミへ向かっています。

ロンドンの自宅に帰ったばかりかと思われますが、早々に練習再開!?

View this post on Instagram

 

I asked to sit on his lap but he said no😢 So I told him I thought he was a fake anyway. #santa #christmas #rudolphtherednosedreindeer #miami #tennis

Andy Murrayさん(@andymurray)がシェアした投稿 -

クリスマス恒例のダサいセーター公開前に、サンタと仲良く登場しました!膝に乗ろうとしただって!?

現在のマレーの世界ランキングと保有ポイント

アンディ・マレーの11月末時点での世界ランキングは260位。

現在保有しているポイントは13大会分で合計200ポイントです。同じ200ポイントのツォンガが259位と近くにいます。

ポイント内訳は次の通り。

グランドスラムの獲得ポイント

2018年は全豪オープンも全仏オープンもウィンブルドンも出場出来ませんでした。

唯一出場した全米オープンで勝利したものの、ここでもベルダスコに負けて1勝止まりでした。

  • 全豪オープン 0ポイント
  • 全仏オープン 0ポイント
  • ウィンブルドン 0ポイント
  • 全米オープン 45ポイント

ATPマスターズ1000の獲得ポイント

出場できたのはウエスタン・アンド・サザン・オープン(シンシナティ・マスターズ)のみ。

初戦で世界ランキング17位のルカ・プイユに敗れたため、マスターズでは一度も勝てませんでした。

  • マイアミ・オープン 0ポイント
  • ロジャーズ・カップ(トロント) 0ポイント
  • ウエスタン・アンド・サザン・オープン 0ポイント

ATP500・ATP250の獲得ポイント

クイーンズクラブでのATPツアー復帰戦はキリオスに惜敗したものの、イーストボーンではバブリンカに勝利。

最も勝ち上がったのがシティ・オープン(ワシントン)で、準々決勝進出を果たしました。

ちなみに、2017年末の世界ランキングは16位だったので、コミットメントプレーヤーのATP500出場義務違反が発生しています。

  • フィーバー・ツリー選手権(クイーンズクラブ) 0ポイント
  • ネイチャー・バレー国際(イーストボーン) 20ポイント
  • シティ・オープン 90ポイント
  • 深センオープン 45ポイント
  • 出場義務違反 0ポイント×2大会分

マレーの2019年エントリー大会

アンディは2019年のスタートとして、ブリスベン国際2019の出場を表明しております。

本来であればATPツアーに参戦すると予選からの出場になりますが、プロテクトランキングが使えるため本戦ダイレクトインで出場。

扱いはノーシードなので、1回戦から錦織ら上位シード選手との対戦もあり得ますが...。

 

ブリスベン国際の次に控えるのは全豪オープンテニス2019。

7月に入るまで全くディフェンド負担がないので、勝った分だけランキングが上がるボーナスタイムです。

一戦一戦、無理せず丁寧に試合をこなして、テニスを楽しめますように!

 

またアンディ・マレーに関する速報が流れてきたら情報を更新します。

 

Let's Go Andy!!

コメントを残す