ラファエル・ナダルの優勝で幕を閉じた全仏オープンテニス2017。

 

前年優勝のノバク・ジョコビッチをはじめ、前年準優勝のアンディ・マレー、前年ベスト4のドミニク・ティームらがポイントをディフェンドできず。

トップ10だけを見てもポイントの増減が激しく、世界ランキングの変動がありました。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

スポンサーリンク

全仏前後の世界ランキング10傑

全仏前のランキング

  1. アンディ・マレー 10,370ポイント
  2. ノバク・ジョコビッチ 7,445ポイント
  3. スタン・バブリンカ 5,695ポイント
  4. ラファエル・ナダル 5,375ポイント
  5. ロジャー・フェデラー 5,035ポイント
  6. ミロシュ・ラオニッチ 4,450ポイント
  7. ドミニク・ティーム 4,145ポイント
  8. マリン・チリッチ 3,765ポイント
  9. 錦織 圭 3,650ポイント
  10. アレクサンダー・ズベレフ 3,150ポイント

 

全仏後(現在)のランキング

  1. アンディ・マレー 9,890ポイント
  2. ラファエル・ナダル 7,285ポイント
  3. スタン・バブリンカ 6,175ポイント
  4. ノバク・ジョコビッチ 5,805ポイント
  5. ロジャー・フェデラー 4,945ポイント
  6. ミロシュ・ラオニッチ 4,450ポイント
  7. マリン・チリッチ 4,115ポイント
  8. ドミニク・ティーム 3,985ポイント
  9. 錦織 圭 3,830ポイント
  10. アレクサンダー・ズベレフ 3,070ポイント

 

フェデラーは2年連続で全仏欠場でしたが、90ポイントマイナスとなっています(ポイント算出基準の上位18大会の内訳が変わったんでしょうか?)

ナダルは一気にランキング2位に上昇、RACE TO LONDONは6,915ポイントとなり、ツアーファイナル出場権獲得一番乗りです。

マレーも全仏を終えて7位にランクインで、圏内に入っています!

昨年のようにここから怒涛の快進撃を見せて、北米ハードシーズンあたりでツアーファイナル出場権を手中におさめているのが理想です。

 

ウィンブルドンまでの失効ポイント

次に、上位10名の、ウィンブルドンまでに失うポイントを見ていきます。

 

ウィンブルドンまでに失効するポイント

  1. アンディ・マレー -2,500ポイント
  2. ラファエル・ナダル 0ポイント
  3. スタン・バブリンカ -45ポイント
  4. ノバク・ジョコビッチ -90ポイント
  5. ロジャー・フェデラー -900ポイント
  6. ミロシュ・ラオニッチ -1,500ポイント
  7. マリン・チリッチ -450ポイント
  8. ドミニク・ティーム -135ポイント
  9. 錦織 圭 -225ポイント
  10. アレクサンダー・ズベレフ -300ポイント

 

やはり優勝2回のマレー、準優勝2回のラオニッチのポイント失効がエライことになっています…。

これを全て失効したとして、ランキングを並び直すと以下のようになります。

 

失効ポイントを反映させたランキング

  1. アンディ・マレー 7,390ポイント
  2. ラファエル・ナダル 7,285ポイント
  3. スタン・バブリンカ 6,130ポイント
  4. ノバク・ジョコビッチ 5,715ポイント
  5. ロジャー・フェデラー 4,045ポイン
  6. ドミニク・ティーム 3,850ポイント
  7. マリン・チリッチ 3,665ポイント
  8. 錦織 圭 3,605ポイント
  9. ミロシュ・ラオニッチ 2,950ポイント
  10. グリゴール・ディミトロフ 2,890ポイント

 

ナダルに1位返り咲きのチャンス

恐ろしいことに、ナダルは昨年の芝シーズンを全休していたため、全く失効ポイントがありません

マレーがクイーンズ選手権で早期敗退などしようものなら、ウィンブルドン2017開始時点での暫定ポイント差はかなり肉薄します。

 

ナダルは充実のクレーコートシーズンを送りましたが、芝に順応できるかは未知数。

おまけに、出場予定だったクイーンズ選手権の欠場も発表(休養のため)したので、余計にウィンブルドンでどんな動きをするのか全く読めません...。

ただ、体調万全であれば、芝でも走り回るテニスで勝ち進む可能性は高そうです。

 

ウィンブルドンのシード順の行方は...

こうなってくると気になるのがウィンブルドン2017のシード順。

全仏直後の時点ではナダルやフェデラーの第2シードがまだあり得る状況でしたが、ナダルがクイーンズ欠場で、フェデラーがメルセデス・カップでトミー・ハースに敗戦...。

 

これにより、ジョコビッチの第2シードが確定したようです。

 

ウィンブルドンまでの、バブリンカとフェデラーの結果次第では、フェデラー第5シードもあるのでしょうか(あったら大迷惑)

少なくとも準決勝、できたら決勝まで、マレーがフェデラーと当たらないドローであることを祈るばかりです...。

 

ちなみに、グランドスラムのうちウィンブルドンだけがシード順の決め方が特殊で、芝での戦績に重きを置いたものとなっています。

(1)最新の世界ランキングのポイントに
(2)過去12カ月間に芝のコートで行なわれた大会で獲得したポイントの100%を加え
(3)さらにその前の12カ月間に芝のコートで行なわれた大会で獲得したポイントの75%を加える
この(1)+(2)+(3)のポイント合計でシード順が自動的に決まります。

この算出方法により、ビッグサーバーの迷惑ノーシードが少しでも減りますように!(笑)

コメント一覧
  1. ひろすけ より:

    こんばんは!

    ナダルとのポイント差がヤバいことになってきましたね…( ̄◇ ̄;)

    1年前、ジョコが鬼のように強かったときには、アンディが1位に1週間でもいいからなって欲しいなと思っていたのに、やはり少しでも長くNo.1でいてほしいと欲が出てきてしまいます。
    何よりNo.1になってからの今季前半戦、病気や怪我で思うような結果が残せなかったのが悔しいです。
    後半戦は、アンディの力が発揮出来ますように!

    ウィンブルドンでは、ホームの声援を力に変えて、ガッツポーズいっぱいの強いアンディが見たいです!
    ディフェンド祭り、乗りきってほしいですね。

  2. はるるん より:

    こんにちは
    ここからが正念場のアンディ君ですが、1位から陥落したとしても仕方ないですね(:_;)
    また来年頑張ればいいじゃないですか!来年の前半には沢山チャンスありますからъ( ゚ー^)

    とはいえ、アンディが言うように年を重ねるごとにチャンスの芽は萎んでくるのは確かです。トップで戦えるのもあと数年。。。なんて寂しい発言の方が1位から陥落するより私にはショックでした(TωT)

    アスリートの引退は避けられない現実ではありますが、1年でも1ヶ月でも長くアンディを見ていたい(TmT)ウゥゥ・・・
    そのためにも身体をケアしながら、そしてプレースタイルも見直しながら頑張ってもらいたいです!(ロジャーのようなサーブ中心の攻撃的なプレースタイルであればな。。。)

    さて、先の事ばかり考えてもそれは想像の域を超えないので、今は目の前のクイーンズに集中です!芝になるとクレーの間息をひそめていたビッグサーバーたちが元気になります。
    厄介ですが、彼らとの対決はアンディの素敵が際立つ対決でもあります((o(^-^)o))ワクワク 

    今年の芝シーズンもキラッキラに輝くアンディをどの選手より沢山見たいですね (〃▽〃)ポッ
    クイーンズの初戦は火曜日です。ドローも気になりますが、1戦1戦調子を上げてくることを願って、一緒に応援していきましょうねy(^ー^)y

    Let's Go Andy p(*^-^*)q がんばっ♪  

  3. Andy Love より:

    こんにちは✨全仏が終わってアンディが休みのうちに仕事&用事は今週中に前倒し、mori_ichi-さんの記事や皆さんのコメントはこっそり見ていた身勝手なAndy Loveです!すみません(笑)

    テロ、総裁選の混乱、高層フラットの大惨事と気が滅入るようなニュースばかりのロンドンでしたがここ数日お天気最高、来週からのクイーンズも最終日まで快晴☀の予報。ナダルに続きデルポも怪我で出場辞退、彼も好きだけどアンディが大事なのでほっとしてます。順当にいけばバブと決勝、全仏のリベンジ頑張れアンディ!

    1つ前の記事、アンディSF敗退で正解、まったく同感です❤決勝でぼろ負けなんてトラウマにならず良かった✨しかしランキングはたしかにナダル猛追怖いですが、アンディのやる気を信じてクイーンズ&WB連覇期待します❤

    以下BBCのアンディインタビュー、海外で見れるかわかりませんが添付しておきます。

    Andy Murray: Wimbledon champion 'may only have couple of years left' at top - http://www.bbc.co.uk/sport/tennis/40295412

    いつになくリラックスした良い表情、いつもながら控えめに残りの選手生活や今年のWBへの抱負を語ってますが、この後アンディを慕うキリオスが「アンディがあと2年そこそこでトップから消えるなんてあり得ない❗あんなに見事に鍛えた体で。もしあるとすればそれは本人が決断した時のみ。アンディ冗談キツイよ」と持ち上げてます!
    (私、外見はとにかくキリオスも天才肌で好きな選手✨)

    では皆さん、時差大変ですが一緒に芝のシーズンも盛り上がりましょうね! mori_ichi_さんもまた寝不足に気をつけて、でも記事楽しみにしてまーす✨

  4. am77 より:

    今後数年がラストチャンスだという発言、寂しいですが確かにその通りでしょうね…
    若い頃のチェンジオブペース重視を捨ててフィジカル重視のスタイルを選択した以上は、本人もいうように35才ではトップにはいてもGS獲れるレベルを維持するのは難しそうです…

    それもあって、去年はクイーンズに練習無しで乗り込んでいたのが、今年はオフを早めに切り上げて大会前から練習を始めたとも発言してます。

    ただこれが吉と出るか凶と出るかはわかりませんね。
    マヨルカでの特訓から休み無しで挑んだ五輪~全米では最後にガス欠してしまった失敗を踏まえて、年末5大会は大会間でたっぷりオフをとったことが成功に繋がったと何かのインタビューで言ってましたよね。
    他方で、最終戦から2週間後にマイアミ特訓を開始して念入りに準備したはずの全豪ではいい結果が残せませんでした。

    結果的には去年の全仏後と同じでたっぷり休養をとればよかった…なんてことにならないように祈っています。まあ練習しないならしないでどっちにしろ心配になっていたと思いますが笑

    全仏欠場したフェデラーや、去年までのぶっつけ本番をやめて前週の250に出るらしいジョコなど、全英にかけているライバルは多いですが、No.1の意地を見せて欲しいです!

  5. mori_ichi_ より:

    おはようございます!
    皆さん素敵なコメント、ありがとうございます✨(まとめてしまってゴメンなさい)

    勝手ながら、金曜〜日曜までデジタルデトックス旅行を満喫していました(いつの間にかドローが!というか明日から試合が…!(°_°))

    No. 1になったからには、少しでも長くいて欲しいんですが、抜きつ抜かれつで年末まで(今後ずっと?)競争が続くのも面白いかもしれませんね!

    あと数年発言…とてもショックですが、アンディのプレースタイルチェンジはまだまだ可能性がありそうだと思います。
    もともとネットプレーも上手くてフットワークが良いので、サーブの工夫次第で戦術の幅が広がりそうです。

    あとは、ジェイミーとの兄弟ダブルスに専念して、40過ぎまで頑張るとかどうですか?(笑)

    そして、Andy Loveさんと同じく、キリオスはお気に入りの選手の1人です!
    彼は天才肌としか言いようがありません、どのスポーツをやらせても一流なのではないでしょうか。

    全英にかける選手は多くて、特にビッグサーバーはここからシーズンスタートくらいの勢いでやってきますね。
    アンディのいないところでビッグサーバーによる大物食いで波乱が起こりつつ、アンディはコツコツ目の前のビッグサーバーをなぎ倒して行く、そんな芝の2大会になればなと思います。

    早めにドロー発表+展望記事をアップして、芝シーズンスタートに備えます!

    またしばらく、一緒に熱く応援できるのを楽しみにしています‼️

コメントを残す

関連キーワード
テニスの関連記事
  • キリオスも臀部の影響で今季終了
  • 深刻すぎる!?チャイナ・オープン(北京)の大気汚染
  • クレーコーターの正しい意味と持論(ナダルはクレーコーター?)
  • ティーム、アジアツアー3連続初戦敗退もツアーファイナル決定!
  • マレーの2017年シーズンが正式終了
  • マレー、テニスは不調でもビジネスは絶好調!

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

おすすめの記事