LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ。テニス・野球のコラムを中心に、Mac、Web、節約、雑学なども更新しています。

マレー、ナダル猛追でランキング1位陥落の危機

 

ラファエル・ナダルの優勝で幕を閉じた全仏オープンテニス2017。

 

前年優勝のノバク・ジョコビッチをはじめ、前年準優勝のアンディ・マレー、前年ベスト4のドミニク・ティームらがポイントをディフェンドできず。

トップ10だけを見てもポイントの増減が激しく、世界ランキングの変動がありました。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

全仏前後の世界ランキング10傑

全仏前のランキング

  1. アンディ・マレー 10,370ポイント
  2. ノバク・ジョコビッチ 7,445ポイント
  3. スタン・バブリンカ 5,695ポイント
  4. ラファエル・ナダル 5,375ポイント
  5. ロジャー・フェデラー 5,035ポイント
  6. ミロシュ・ラオニッチ 4,450ポイント
  7. ドミニク・ティーム 4,145ポイント
  8. マリン・チリッチ 3,765ポイント
  9. 錦織 圭 3,650ポイント
  10. アレクサンダー・ズベレフ 3,150ポイント

 

全仏後(現在)のランキング

  1. アンディ・マレー 9,890ポイント
  2. ラファエル・ナダル 7,285ポイント
  3. スタン・バブリンカ 6,175ポイント
  4. ノバク・ジョコビッチ 5,805ポイント
  5. ロジャー・フェデラー 4,945ポイント
  6. ミロシュ・ラオニッチ 4,450ポイント
  7. マリン・チリッチ 4,115ポイント
  8. ドミニク・ティーム 3,985ポイント
  9. 錦織 圭 3,830ポイント
  10. アレクサンダー・ズベレフ 3,070ポイント

 

フェデラーは2年連続で全仏欠場でしたが、90ポイントマイナスとなっています(ポイント算出基準の上位18大会の内訳が変わったんでしょうか?)

ナダルは一気にランキング2位に上昇、RACE TO LONDONは6,915ポイントとなり、ツアーファイナル出場権獲得一番乗りです。

マレーも全仏を終えて7位にランクインで、圏内に入っています!

昨年のようにここから怒涛の快進撃を見せて、北米ハードシーズンあたりでツアーファイナル出場権を手中におさめているのが理想です。

 

ウィンブルドンまでの失効ポイント

次に、上位10名の、ウィンブルドンまでに失うポイントを見ていきます。

 

ウィンブルドンまでに失効するポイント

  1. アンディ・マレー -2,500ポイント
  2. ラファエル・ナダル 0ポイント
  3. スタン・バブリンカ -45ポイント
  4. ノバク・ジョコビッチ -90ポイント
  5. ロジャー・フェデラー -900ポイント
  6. ミロシュ・ラオニッチ -1,500ポイント
  7. マリン・チリッチ -450ポイント
  8. ドミニク・ティーム -135ポイント
  9. 錦織 圭 -225ポイント
  10. アレクサンダー・ズベレフ -300ポイント

 

やはり優勝2回のマレー、準優勝2回のラオニッチのポイント失効がエライことになっています…。

これを全て失効したとして、ランキングを並び直すと以下のようになります。

 

失効ポイントを反映させたランキング

  1. アンディ・マレー 7,390ポイント
  2. ラファエル・ナダル 7,285ポイント
  3. スタン・バブリンカ 6,130ポイント
  4. ノバク・ジョコビッチ 5,715ポイント
  5. ロジャー・フェデラー 4,045ポイン
  6. ドミニク・ティーム 3,850ポイント
  7. マリン・チリッチ 3,665ポイント
  8. 錦織 圭 3,605ポイント
  9. ミロシュ・ラオニッチ 2,950ポイント
  10. グリゴール・ディミトロフ 2,890ポイント

 

ナダルに1位返り咲きのチャンス

恐ろしいことに、ナダルは昨年の芝シーズンを全休していたため、全く失効ポイントがありません

マレーがクイーンズ選手権で早期敗退などしようものなら、ウィンブルドン2017開始時点での暫定ポイント差はかなり肉薄します。

 

ナダルは充実のクレーコートシーズンを送りましたが、芝に順応できるかは未知数。

おまけに、出場予定だったクイーンズ選手権の欠場も発表(休養のため)したので、余計にウィンブルドンでどんな動きをするのか全く読めません…。

ただ、体調万全であれば、芝でも走り回るテニスで勝ち進む可能性は高そうです。

 

ウィンブルドンのシード順の行方は…

こうなってくると気になるのがウィンブルドン2017のシード順。

全仏直後の時点ではナダルやフェデラーの第2シードがまだあり得る状況でしたが、ナダルがクイーンズ欠場で、フェデラーがメルセデス・カップでトミー・ハースに敗戦…。

 

これにより、ジョコビッチの第2シードが確定したようです。

 

ウィンブルドンまでの、バブリンカとフェデラーの結果次第では、フェデラー第5シードもあるのでしょうか(あったら大迷惑)

少なくとも準決勝、できたら決勝まで、マレーがフェデラーと当たらないドローであることを祈るばかりです…。

 

ちなみに、グランドスラムのうちウィンブルドンだけがシード順の決め方が特殊で、芝での戦績に重きを置いたものとなっています。

(1)最新の世界ランキングのポイントに
(2)過去12カ月間に芝のコートで行なわれた大会で獲得したポイントの100%を加え
(3)さらにその前の12カ月間に芝のコートで行なわれた大会で獲得したポイントの75%を加える
この(1)+(2)+(3)のポイント合計でシード順が自動的に決まります。

この算出方法により、ビッグサーバーの迷惑ノーシードが少しでも減りますように!(笑)

 - テニス , , , , ,