ドバイ・テニス選手権の準決勝2試合が行われました。

 

先に決勝へ駒を進めたのは、フェルナンド・ベルダスコ。

今大会絶好調だったロビン・ハーセの猛追を振り切り、7-6(7-5) 5-7 6-1の勝利です。

 

もう1試合はアンディ・マレー VS ルカ・プイユ。

プイユは、2016年にMost Improved Player of the Year(最も上達した選手)の表彰を受けた、期待の若手選手(2017年3月時点で誕生日が来て23歳)。

強力なサーブと強打のストロークが決まり出すと怖い、オールラウンダーです。

画像提供:gettyimages

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プイユとは3度の対戦で、いずれもマレーが圧倒

プイユとマレーはこれまで3度対戦しています。

舞台は全て2016年のATPマスターズ1000。

 

初対戦のローマが6-2 6-1。上海では6-1 6-3。

パリでも6-3 6-0と、合計で5ゲーム以上を失ったことのない相性の良い相手です。

 

マレーはコールシュライバー戦がタフだっただけに、快勝が期待されます。

 

強打も要所で決まり、初めて競る展開

これまでの対戦では、プイユがラリーの主導権を握れず一方的なやられるか、攻めるもしぶとく拾われてミスが出て自滅するかのパターンでした。

 

この試合も、あっという間に3-0とマレーがリードします。

このまま一方的な展開のまま試合が進むかと思いきや、プイユが盛り返してきます。

 

まるで決勝の相手・ベルダスコの好調時のように、ハードヒットで攻め立てるプイユ。

マレーは思い切りの良いショットに押され、グダグダタイム発動で気がつけば3-3と追いつかれてしまいます...。

 

しつこくボールを拾いまくるマレーに流れが傾き...

こうなるとマレーとしてはプラン変更です。

しっかりと自身のサービスゲームは集中してキープをして、得意のリターンゲームでプレッシャーをかけ続けます。

 

5-6プイユサーブの第12ゲームで、マレーにセットポイントが到来します。

2本目のセットポイントに、見事なバックのパッシングショットが決まり、苦しみながらも第1セットを物にしました!

 

第2セットはプイユの集中が切れたようで、一気に5-0として試合を決定づけました。

結局7-5 6-1、1時間34分の快勝で決勝進出を果たしました!

 

【ドバイ2017・準決勝2試合のハイライト動画】

 

2012年以来の決勝進出、初制覇なるか

マレーにとって、ドバイの決勝進出は2012年以来、2度目です。

その時は、残念ながらロジャー・フェデラーに破れて準優勝でした。

 

ベルダスコとの通算対戦成績は12勝1敗と大きく勝ち越していますが、決して簡単な相手ではありません。

勝ってはいるものの、ほとんどの試合でフルセットまでもつれています。

インタビューでも、ベルダスコのストロークを「自らがラリーの主導権を握っているときには世界でも有数」と分析していました。

 

ロベルト・バウティスタ・アグー、ガエル・モンフィスと、シード勢を続けて破ってきた勢いそのままに、リアルテニスが発揮されてしまうと危険です。

 

全豪の後、帯状疱疹からの復帰戦という難しい状況でしたが、見事に決勝まで来ました。

あと1試合、プイユ戦のようなサーブの悪い立ち上がりでは、劣勢を強いられることでしょう。

 

常に課題と言われてきたファーストサーブの出来が試合を左右しそうです。

ベルダスコの(ダブルフォルトも含めた)自滅を誘発するような、マレーらしいクレバーな試合運びに期待です。

 

Let's Go Andy!!

 

【マレー使用シリーズ】ヘッド 2016 グラフィン XT ラジカル

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!