カタールワールドカップ2022・グループF 第2節「クロアチア代表 vs カナダ代表」の日程&キックオフ日本時間(時差計算)、テレビ放送・ネット中継予定、代表メンバー、結果速報など、観戦に役立つ最新情報をまとめています。

クロアチア代表 vs カナダ代表の日程・試合開始キックオフ予定時刻(日本時間)|カタールW杯2022

カタールワールドカップ2022 グループF 第2節「クロアチア vs カナダ」の一戦は、日本時間 11/28(月) 1:00頃にキックオフ予定です(現地19:00頃)。

会場はカタール/ライヤーンにある「ハリーファ国際スタジアム(Khalifa International Stadium)」で、日本との時差は6時間(日本が6時間進んでいる)。

クロアチア、カナダの最新FIFAランキング、勝敗予想オッズ

下記ランキングは2022年10月6日に発表された最新順位です。

  • クロアチア:12位
  • カナダ:41位
最新FIFAランキング
順位 国名 ポイント
1 ブラジル 1841.3
2 ベルギー 1816.71
3 アルゼンチン 1773.88
4 フランス 1759.78
5 イングランド 1728.47
6 イタリア 1726.14
7 スペイン 1715.22
8 オランダ 1694.51
9 ポルトガル 1676.56
10 デンマーク 1666.57
11 ドイツ 1650.21
12 クロアチア 1645.64
13 メキシコ 1644.89
14 ウルグアイ 1638.71
15 スイス 1635.92
16 アメリカ合衆国 1627.48
17 コロンビア 1611.04
18 セネガル 1584.38
19 ウェールズ 1569.82
20 イラン 1564.61
21 セルビア 1563.62
22 モロッコ 1563.5
23 ペルー 1561.01
24 日本 1559.54
41 カナダ 1475

クロアチア対カナダの予想オッズ

  • クロアチア勝利 2.25
  • 引き分け 3.30
  • カナダ勝利 3.40

(出典元:bet365)

クロアチアvsカナダの対戦成績

過去に対戦経験がなく、両国は今回が初の顔合わせです。

クロアチア vs カナダのテレビ放送予定(地上波NHK生中継/BS/CS)、再放送|カタールW杯

カタールワールドカップ2022・グループE 第2節「クロアチア vs カナダ」は、NHK総合で地上波生中継があります。

地上波テレビ放送 生中継予定

クロアチア代表 vs カナダの試合は、地上波「NHK総合」にて0:25〜3:01の放送枠で生中継されます(キックオフは日本時間 1:00予定)。

 FIFAワールドカップ2022 1次リーグ・F組「クロアチア×カナダ」

  • 11/28(月) 0:25〜3:01(LIVE、156分)

【出演】宮澤ミシェル、柿澤勇人、高階亜理沙、内山俊哉
【現地解説】播戸竜二
【現地実況アナウンサー】田中秀樹

サッカーの放送予定|NHKスポーツ(NHK公式 放送予定ページ)

◆試合開始 1:00◆前回大会準優勝のクロアチアは司令塔モドリッチとともに再び旋風を巻き起こせるか。17日の強化試合で日本に勝った次回共同開催国カナダと対戦!

BS放送/CS放送 生中継予定

BS放送は「NHK BS4K」にて、地上波と同じ内容の生中継が予定されています。

  • 11/27() 0:25〜3:00(LIVE、155分)

【出演】宮澤ミシェル、柿澤勇人、高階亜理沙、内山俊哉
【現地解説】播戸竜二
【現地実況アナウンサー】田中秀樹

 

CS放送のテレビ生中継予定はありません。

クロアチア vs カナダの再放送予定

テレビ再放送は「NHK BS1」にて、当日中に録画放送が予定されています。

FIFAワールドカップ2022 1次リーグ・F組「クロアチア×カナダ」(録画)

  • 11/28(月) 9:00〜10:50(録画、110分)

【解説】播戸竜二
【アナウンサー】田中秀樹

クロアチア vs カナダのネット中継(ライブ/見逃し配信)|カタールW杯2022

「クロアチア代表 vs カナダ代表」は、NHKプラス(NHK+)にて無料インターネット中継されます。

また、ABEMAでもライブ配信・見逃し配信が予定されています。

この試合は民放5局(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)でのオンエアがなく、TVer、GYAO!での無料インターネット中継(ライブ/見逃し配信)もありません。

NHKプラス

PCやスマホでいつでもどこでも楽しめるサービスNHK+(エヌエイチケイ・プラス)」にて、総合・Eテレで放送中の番組の同時中継も行われます。

  • 11/28(月) 0:25〜3:01(LIVE、156分)

さらに、放送後1週間までの期間限定で見逃し配信もアーカイブに残されます。

 

放送受信契約のある方は追加費用無しで、1つの放送受信契約に対し、1つID登録ができます。

登録後すぐに視聴可能ですので、是非この機会にご利用ください。

NHK+(公式サイト)

ABEMA

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」にて、FIFA ワールドカップ カタール 2022を日本史上初となる予選を含む全64試合を無料生中継することが決定しています。

ABEMA(公式サイト)

【放送席】
解説:鈴木啓太
実況:三上大樹(テレビ朝日)

【スタジオ】
ゲスト:河本 準一(次長課長)
解説:鈴木隆行
進行:中川 絵美里(フリーアナウンサー)
ナレーション:井上剛

 

月額960円の「Abemaプレミアム」に登録すると、サッカーだけでなくABEMA内の全作品が見放題になります。さらに広告一切なし、過去コメントのチェック可能、見逃し配信の期限無しなどさらに快適便利に。

2週間の無料トライアルで使用感を確認でき、解約手続きも分かりやすく1分程度で完了するので、まだの方は是非試してみてください。

ABEMA(公式サイト)

ABEMAはパソコンのブラウザ、スマホ・タブレットなどのアプリで利用可能なだけでなく、クロームキャストやFire Stickなどを使えばテレビの大画面でも楽しめます。

created by Rinker
グーグル(Google)
¥4,355 (2023/01/30 04:43:59時点 Amazon調べ-詳細)

NHKプラス

PCやスマホでいつでもどこでも楽しめるサービスNHK+(エヌエイチケイ・プラス)」にて、総合・Eテレで放送中の番組の同時中継が行われます。

さらに、放送後1週間までの期間限定で見逃し配信もアーカイブに残されます。

 

放送受信契約のある方は追加費用無しで、1つの放送受信契約に対し、1つID登録ができます。

登録後すぐに視聴可能ですので、是非この機会にご利用ください。

NHK+(公式サイト)

DAZN

2022年のワールドカップ・アジア最終予選アウェー戦を独占放送していたDAZN。

カタールワールドカップ本番の試合中継は行われませんが、幅広くスポーツ観戦を楽しむにはうってつけのVODサービスです。

DAZN(公式サイト)

料金は月額3,000円税込と決して安くはありませんが、契約時の手数料や解約手数料は一切かからず、解約はボタンを押すだけなので1分程度で完了します。

 

現在加入すると、海外リーグで活躍する日本人サッカー選手らの活躍、Jリーグ、プロ野球、女子テニス、格闘技、F1なども追加料金無しでチェックできます(その他バスケットボール、ダーツ、ゴルフ、eスポーツなどの見逃し配信も充実しています)。

また、テレビ放送のように番組放映時間の区切りがなく試合開始が前後してもスタート時点からライブ中継がされる点や、試合開始10分前にプッシュ通知をしてくれる機能があるのも魅力です。

DAZNのスポーツ中継もABEMAと同じく、テレビ、スマホ、PC、タブレット、ゲーム機などさまざまなデバイスでも楽しめますので、大きい画面で見たい方は一度試してみてはいかがでしょうか(テレビで視聴する方法はDAZNのヘルプページ内でご確認ください)。

DAZN(公式サイト)

DAZN料金について(値段は税込表示)
月間プランは3,000円ですが、年間プラン(月々払い)は2,600円、年間プラン(一括払い)は27,000円。年間一括払いだと3ヶ月分が無料(実質負担額は月々2,250円)になる計算でお得です。

クロアチア vs カナダの結果速報、スタメン出場メンバー|ワールドカップ2022

結果速報・ハイライト動画

クロアチア 4 - 1 カナダ

クロアチアの得点

  • アンドレイ・クラマリッチ(前半36分)
  • マルコ・リヴァヤ(前半44分)
  • アンドレイ・クラマリッチ(後半25分)
  • ロヴロ・マイェル(後半49分)

カナダの得点

  • アルフォンソ・デイヴィス(前半2分)

クロアチア vs カナダ 試合ハイライト|グループF(ABEMA公式ハイライト)

Croatia v Canada | Group F | FIFA World Cup Qatar 2022™ | Highlights(FIFA公式ハイライト動画)

スタメン

クロアチア代表のスタメン

GK
ドミニク・リヴァコビッチ

DF
デヤン・ロブレン
ヨシプ・ユラノビッチ
ヨシュコ・グヴァルディオル
ボルナ・ソサ

MF
ルカ・モドリッチ
マテオ・コバチッチ
マルセロ・ブロゾビッチ

FW
イバン・ペリシッチ
アンドレイ・クラマリッチ
マルコ・リヴァヤ

カナダ代表のスタメン

GK
ミラン・ボージャン

DF
カマル・ミラー
スティーブン・ヴィトーリア
アリスター・ジョンストン

MF
アティバ・ハッチンソン
アルフォンソ・デイヴィス
リッチー・ラリア
ステファン・ユースタキオ

FW
ジョナサン・デイヴィッド
サイル・ラリン
ダジョン・ブキャナン

代表選出メンバー

クロアチア代表

GK
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
イヴィツァ・イヴシッチ(オシエク)
イヴォ・グルビッチ(アトレティコ・マドリード/スペイン)

DF
ドマゴイ・ヴィダ(AEKアテネ/ギリシャ)
デヤン・ロブレン(ゼニト・サンクトペテルブルク/ロシア)
ボルナ・バリシッチ(レンジャース/スコットランド)
ヨシプ・ユラノビッチ(セルティック/スコットランド)
ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ/ドイツ)
ボルナ・ソサ(シュトゥットガルト/ドイツ)
ヨシプ・スタニシッチ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
マルティン・エルリッチ(サッスオーロ/イタリア)
ヨシプ・シュタロ(ディナモ・ザグレブ)

MF
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/スペイン)
マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
ニコラ・ヴラシッチ(トリノ/イタリア)
ロヴロ・マイェル(レンヌ/フランス)
クリスティアン・ヤキッチ(フランクフルト/ドイツ)
ルカ・スチッチ(ザルツブルク/オーストリア)

FW
イバン・ペリシッチ(トッテナム/イングランド)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ブルーノ・ペトコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)
ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)
アンテ・ブディミル(オサスナ/スペイン)
マルコ・リヴァヤ(ハイデュク・スプリト)

カナダ代表

GK
ミラン・ボージャン(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア)
デイン・セント・クレア(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ)
ジェームズ・パンテミス(CFモントリオール)

DF
ジョエル・ウォーターマン(CFモントリオール)
アリスター・ジョンストン(CFモントリオール)
カマル・ミラー(CFモントリオール)
リッチー・ラリア(トロントFC)
デレク・コーネリアス(パネトリコス/ギリシャ)
サム・アデクグベ(ハタイスポル/トルコ)
スティーブン・ヴィトーリア(シャヴェス/ポルトガル)

MF
イスマエル・コネ(CFモントリオール)
サミュエル・ピエット(CFモントリオール)
ジョナサン・オソリオ(トロントFC)
マーク=アンソニー・ケイ(トロントFC)
アティバ・ハッチンソン(ベシクタシュ/トルコ)
リアム・フレイザー(ダインゼ/クロアチア)
ステファン・ユースタキオ(ポルト/ポルトガル)
デイヴィッド・ウォザースプーン(セント・ジョンストン/スコットランド)

FW
リアム・ミラー(バーゼル/スイス)
ルーカス・カヴァリーニ(バンクーバー・ホワイトキャップス)
アイク・ウグボ(トロワ/フランス)
ダジョン・ブキャナン(クラブ・ブルッヘ/クロアチア)
ジョナサン・デイヴィッド(リール/フランス)
サイル・ラリン(クラブ・ブルッヘ/クロアチア)
アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
デイヴィッド・ホイレット(レディング/イングランド)

グループFの順位表|ワールドカップ2022

※第1節 終了時点

チーム 得点 失点 得失点差 勝ち点
ベルギー 1 0 0 1 0 1 3
モロッコ 0 1 0 0 0 0 1
クロアチア 0 1 0 0 0 0 1
カナダ 0 0 1 0 1 -1 0

 

 

以上、カタールワールドカップ2022 グループF 第2節「クロアチア代表 vs カナダ代表」の試合情報についてでした!