LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

スピッツ・草野マサムネが歌う「いざゆけ若鷹軍団」が感動的でSBファンになりそう!

    2016/11/19

spitz-softbankhawks

いいえ、そんなに簡単にオリックスファンをやめる訳がありませんが…。

 

2016年シーズンも序盤から首位を独走し、北海道日本ハムファイターズの15連勝があってもまだ5ゲーム差の首位でいる福岡ソフトバンク・ホークス。

15連勝でも5ゲーム差!? 改めて際立つソフトバンクの強さ(ベースボールキング)

ホークスの人気は絶大で、有名人にも数多くのファンがいます。

スピッツの草野 マサムネもその1人。

福岡出身のマサムネは、ただのファンではなく「熱狂的な」ファンなのです。

ファンクラブ会報の担当ページ「ネム様惑星」にはほぼ毎回ホークスネタが盛り込まれているほどです。

スピッツの草野マサムネも熱狂的なホークスファンだそうだ。好きすぎて試合の勝敗で、彼の感情に変化をきたしてしまうらしい。例えばコンサートの当日にホークスの試合が先にあれば、その勝敗の結果を耳に入れないようにするという。ホークスが負けたりしたら、コンサートで高い声が出ない可能性もあるからだ。

藤井フミヤとスピッツ・草野の“ホークス愛”を、博多華丸・大吉が明かす。(Techinsight)

 

そんなマサムネが、ホークスの応援歌「いざゆけ若鷹軍団」を熱唱する動画を発見しました!

スポンサーリンク

スピッツの若鷹軍団、当たり前だけどものすごく上手い!

何かの番組内のコーナーだったのでしょうか。

赤いバージョンのユニフォームを身にまとい、気合十分のマサムネ。

見事な熱唱ぶりです。

スピッツファンで、野球はどこも特に応援していない方が聞いたら、みんなソフトバンクファンになってしまいそうな動画です(笑)

応援歌というよりは、「スピッツのアルバム曲のうちの一つ」みたいな感じになっているのが何とも味があってGoodです。

 

近所のダイエー系列店で鳴り続けていた「若鷹軍団」

ここからはめっちゃ個人的な話ですが…

昔よく近所のスーパーに親の買い物に同行して行っていました。

そのスーパーはダイエー系列のスーパー(サカエ→グルメシティと名前変更)で、そこの売り場で常に鳴っていた(今も鳴っている?)のが「いざゆけ若鷹軍団(ダイエーバージョン)」

いつ行っても「玄界灘の〜♪」でした(笑)

ちなみにダイエーバージョンといっても、最後の「ソフトバーンク♪(はしょり気味)」が「ダイエー♪(ゆとり)」だっただけです。

ソフトバンクホークスになった時には、応援歌も変わってしまうのかと心配していましたが、まさかはしょって無理やり6文字入れるとは…。

 

1994年にイチローが登場して以来ずっとオリックスファンですが、応援歌がバッチリ歌えたのは「いざゆけ若鷹軍団」と「阪神タイガースの歌(いわゆる六甲おろし)」の2つでした。

六甲おろしは、関西に住んでいたらJos○inやら阪神戦やら知人友人やらで何度も耳にするので嫌でも覚えます(笑)

ずっと京都在住だったので、桧山 進次郎選手(京都出身)の応援歌も振り付け込みで完璧でした(笑)

 

7月27日にニューアルバム『醒めない』が発売!

スピッツは15枚目のアルバム「醒めない」のリリースが決定しています!

個人的に名曲だと思う「みなと」(NTT東日本のCMで使われていたようです)をはじめ、ダウンロード限定シングルの「雪風」も入っている模様。

38thシングル「さらさら」の時にも感じましたが、スピッツは年々歌がうまくなっていて(特にビブラート)表現に深さが出てきているように思います。

それでいて素朴でほんのり哀愁漂う雰囲気と、歌詞の独特さはそのままに。

 

スピッツファンで良かったなあと、しみじみ感じる今日この頃です。

 

 

醒めない (初回限定盤 CD+Blu-ray) [ スピッツ ]

 - 雑記