「OK Google」と話しかけると反応して、その後のいろんな問いかけに答えてくれるGoogle Home

今話題のスマートスピーカーの1つで、これからますます注目を集めそうです。

スマートスピーカーとは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタントを利用可能なスピーカーで、AIスピーカーとも呼ばれます。

(中略)

AIアシスタントは近年スマートフォンに搭載され、ちょっとした操作や調べ物などに利用できますが、画面をタッチしたり、キーボードを叩いたりするよりも速く、手軽に目的を達成することができるというメリットがあります。

スピーカーがそうしたAIアシスタントに対応することで、「リビング」や「寝室」といった日常生活の場においてAIアシスタントの活用が広がっていくと予想されます。

テレビCMで目にする機会も多いというGoogle Homeですが、Twitter上では違った意味で注目を集めており、なんと大喜利が大流行しています。そういや最近テレビ見れてないな...

スポンサーリンク

OK Googleから始まる物語の数々


なんだか映画の感動的なシーンを見たような気分になります。

なお、すぐさま漫画化された模様。

作業スピードも含め、さすが漫画家!と唸る内容です。適当と言いつつこれはすごい!

 

どちらもリツイートが10万に迫る勢い(公開時には超えているかも)です。戦闘シーンと相性抜群ですねw

 

Siriも登場してきました。シリーズ化できそうな勢いです。

対抗馬は他のスマートスピーカー(アマゾンエコーとか)ではなく、Siriなんですねw

 

個人的に一番のお気に入りはコレです。

突っ込みどころ満載のツイートに対して、なんとGoogleの中の人から突っ込みどころ満載のリプが😂

きちんと話題に乗って、主張しすぎない程度に出てくる「出来る人」感。さすが天下のGoogle...。

 

他にもかなり多くの創作ツイートがあるので、気になった方は検索して調べてみてください!どれも想像力が豊かすぎて羨ましい

 

Twitter上では、Google Homeについて色々と意見や提案が出てきていて...

利用者目線でも作り手目線でも、目の付け所がシャーp...鋭い意見や活用法が続々と登場しています。

※ちなみにGoogle Homeは6人まで声を識別してくれる優れものです。

 

こうやって見ているとGoogle Homeが欲しくなりますが、こんなことになりかねないので自重します。

買ってしまったら最後、家庭内で壮絶な争奪戦が勃発しかねません...。

 

正しい使い方の出来るご家庭でしたら、クリスマスプレゼントに選んでも面白いかもしれませんね!

 

以上、今(だけ?)大注目の、Google Home大喜利のご紹介でした!

ツイートばかりで大変失礼いたしました...。

※本記事内のすべてのツイートは、管理人が独断で選んだものを、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載しております。

コメント一覧
  1. ジェイミー より:

    ダサセーターは???
    今年のATPのクリスマスソング・・・

  2. ジェイミー より:

    来年(全豪)は銀皿までお願い致します

  3. mori_ichi_ より:

    >ジェイミーさん

    こんにちは!
    全然記事を更新できてなくてゴメンなさい...。
    リア充すぎて、ダサセーターも見逃してしまいそうな勢いです😇(子どもの体調が不安定)

    そろそろ復活祈願記事のアップ時期ですね!
    近いうちに頑張ります。
    そして次の全豪はお皿じゃなくてトロフィーですよ!笑

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ