LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

知らなきゃ損!Macメールの「マークアップ機能」が便利すぎる!

    2016/11/19

mac-mail-mark-up-useful

何かと不評なMac標準の「メール」アプリケーション。

MacユーザーでもメールだけはGmailなどの違うサービスをメインで使っている方も多いのではないでしょうか。

 

かくいう僕もこれまでMacのメールは少し使いづらくて、Gmail等のサービスを利用する派でした。

ただ、Macのメールに搭載されている「ある機能」を知ってからは、あまりの便利さにMacのメールを積極的に使っています。

 

それが、OS X 10.10(Yosemite・ヨセミテ)から搭載されている「マークアップ機能」です。

スポンサーリンク

添付ファイル(画像やPDF)の編集がメール上で完結!

マークアップ機能のスゴい点は、添付されている画像やPDF書類の編集がメール上だけで行える点です。

少しの編集のためだけに、わざわざ画像編集ソフト(「写真」アプリやPhotoshopなど)やAcrobat系ソフトを立ち上げる必要が今後なくなります!

mac-mail-default-screenあまり進化のないように見えていたMacのメール。

しかし、新規メール作成画面を開いて書類を添付すると世界が変わります。

 

添付ファイルの右上に出る「∨」マークに注目!

先ほどのApple Watchが魅力的すぎる画像を新規メール作成画面で添付して色々と加工してみます。

まずは、新規メール作成画面を開きます。

mac-new-mail

マークアップ機能はファイルを添付してから使えるので、まだ何も見えていません。

先ほどの画像をメール内に添付します。

mac-mail-mark-up-1添付したファイル上にマウスを乗せると、右上に「∨」マークが出てきます。

mac-mail-mark-up-zoom

「∨」マークをクリックして「マークアップ」を選べば、いよいよ編集作業スタートです。

 

マークアップ機能を使えばこんなことが出来る!

mac-mail-markup-8items

マークアップ画面には、上の8つの項目があります。

順にざっくりと見ていきます。

 

①スケッチ

フリーハンドで線が描けます。

自動補正機能があるので、適当に線を描いても補正してくれます。

具体的には「そのままの適当な線」か「キレイに補正された線」か選べます。

場合によっては吹き出しや矢印が候補に登場することもあります。スゴい!

 

②シェイプ

直線、矢印、長方形、角丸長方形、円形、吹き出し、星型、多角形などの図形が配置できます。

配置後に修正が可能なので、⑤⑥⑦あたりでシェイプを編集すればかなり色々な形が作れます。使い方も無限にあると言えます。

takakkei

 

配置したシェイプには「青の点」と「緑の点」があります。

おおまかには、青は拡大縮小や回転、緑は形そのものの変更になります。

多角形の場合、緑をドラッグすると三角形から十二角形以上まで変更できます。

 

また、指定範囲をそのまま表示し、残りをグレーアウトさせる効果円で指定した範囲をズームする効果もシェイプの中に用意してあります。

 

③テキスト

文字が入力できます。ボタンを押した瞬間、ファイル内に「テキスト」と配置されます。

どこも押さずにすぐに入力すれば、そのまま文字が入力される仕組みです。

 

④署名

試したことはありませんが、トラックパッドで書いた直筆のサインが登録できたり?するようです。

上手く使えば一味違ったカッコいいメールが作れるのかもしれません。

 

⑤シェイプのスタイル、⑥枠のカラー、⑦塗りつぶしのカラー、⑧テキストスタイル

そんなに詳しく説明しなくても、触ればすぐに分かる部分なので端折ります。

それぞれ、配置したシェイプやテキストに対して、属性を指定する項目です。

フォントはシステムにインストールされてるものが全て使えます。

 

作業をする上で便利なショートカットとしては、以下の3点を挙げます。

・配置したシェイプやテキストは、「option」を押しながらドラッグすれば複製できます。

・「shift」を押しながらドラッグすれば、形を保持したまま拡大縮小ができます(星型だけは例外でデフォルトが形を保持で、「shift」を押すと自由変形です)

一つ前の作業に戻る場合は「command(⌘)+Z」、反対に一つ進む場合は「shift+command(⌘)+Z」で出来ます。

 

マークアップ機能を使って完成した画像がこちら!

mac-mail-default-screen-2勝手に「アップルウォッチ」と見出しを強調するわ、花火(星型から変更で作れます)打ち上げ出すわ、意味なく右端の時計をズームするわ、やりたい放題です。

アップルからこんなメールが送られてきたら確実に引きます…。

 

何はともあれ、かなり編集できるという雰囲気は何とか出せているでしょうか…。

これくらい編集して、作業時間は5分くらいです。

とても直感的に編集できちゃうので、慣れれば短時間でかなり編集できるようになりますよ!

 

この機能を使えば、「わざわざソフト立ち上げてやるのは面倒」だった親切な作業に手が届きます。

グーグルマップを画面キャプチャして、ルートや一方通行を矢印なりで指定して見せたり。

添付ファイルに関する注意書きを、メール本文だけでなく直接書き込んで渡したり(もちろん本データとは別にしてくださいね!)

 

色々と想像できてしまうメールのマークアップ機能。

 

まだ使っていない方は色々いじって、豊かなメールライフをお楽しみください!

 

名刺通販の修正やりとり時などにも活用できるかも?

 - Mac