【渋野日向子】シモーネアジアパシフィックカップの中継・放送予定、スコア・結果速報リーダーボード、組み合わせスタート時間|Simone asia pacific cup 2022 live

渋野日向子が姉妹で出場している2022年 シモーネ アジア・パシフィック・カップの放送予定、インターネットのライブ・見逃し配信、組み合わせスタート時間、スコア・結果速報(リーダーボード)などについてまとめています。

シモーネ アジアパシフィックカップ2022の日程・日本時間

シモーネ アジアパシフィックカップ2022は8月18日(木)~8月20日(土)の3日間で開催されます。

現地インドネシアと日本の時差は2時間(日本が2時間進んでいます)。

  • 現地 8月18日(木) 大会1日目
  • 現地 8月19日(金) 大会2日目
  • 現地 8月20日() 大会3日目

大会ルール

3日間、54ホールのストロークプレーで、個人戦に加えて16ヵ国のナショナルチーム戦(2人ひと組の合計によるダブルス戦)が行われます。

会場

コースはインドネシアの「ポンドック・インダ・ゴルフコース(Pondok Indah Golf Course)」で、6806ヤード・パー72。

シモーネ アジアパシフィックカップ2022の賞金

大会の賞金総額は750,000ドル(約1億1,460万円)

優勝賞金は個人戦とチーム戦でそれぞれ次の通りです。

  • 個人:500,000ドル(約6,760万円)
  • チーム:250,000ドル(約3,380万円)

シモーネ アジアパシフィックカップ2022 リーダーボード|渋野日向子ら結果速報

各日程終了後に、スコア・順位などリーダーボードを更新。

個人戦の順位・スコア・結果速報(最終日終了)

順位 選手名 スコア 1日目 2日目 3日目 トータル
1 プリンセス・スペラル(フィリピン) -12 66 71 67 204
2 ユ・ソヨン(韓国) -9 65 75 67 207
3 リディア・コ(ニュージーランド) -8 66 72 70 208
4T パチャラジュタール・コンクラファン(タイ) -3 70 73 70 213
4T 櫻井 心那(日本) -3 70 75 68 213
6T パトリシア・シノルガン(インドネシア) -2 71 72 71 214
6T イ・ボミ(韓国) -2 67 72 75 214
8T カリス・デイビッドソン(オーストラリア) -1 72 75 68 215
8T ティファニー・チャン(香港) -1 73 72 70 215
8T クリスティーナ・ヨーコ(インドネシア) -1 74 72 69 215
8T キム・ヒョージュ(韓国) -1 72 68 75 215
12 ファン・ヨウミン(韓国) 0 71 70 75 216
13T シー・チェンファン(台湾) +1 72 77 68 217
13T 篠原 まりあ(日本) +1 71 72 74 217
13T ジャラビー・ブンチャン(タイ) +1 73 70 74 217
16 スイ・シアン(中国) +2 76 73 69 218
17 モモカ・コボリ(ニュージーランド) +3 76 70 73 219
18T アマンディープ・カウル(インド) +5 72 77 72 221
18T ポーリーン・デル・ロサリオ(フィリピン) +5 75 70 76 221
20T バニ・カプーア(インド) +6 78 70 74 222
20T サラポーン・チャムチョイ(タイ) +6 73 76 73 222
22T キャシー・ポーター(オーストラリア) +7 80 73 70 223
22T 渋野 日向子(日本) +7 73 74 76 223
22T セキ・ユウリ(中国) +7 74 74 75 223
22T ガウリカ・ビシュノイ(インド) +7 77 74 72 223
26T ヴィルジニー・ディン(香港) +8 78 72 74 224
26T ディクシャ・ダガー(インド) +8 74 75 75 224
26T ヤーリミ・ノー(アメリカ) +8 77 72 75 224
29T チャン・シュエンピン(台湾) +11 74 75 78 227
29T アウンチサ・ウタマ(タイ) +11 76 79 72 227
31T 渋野 暉璃子(日本) +12 75 78 75 228
31T プー・プウィント・ヤティ・キーン(ミャンマー) +12 81 74 73 228
33 ジェイミー・ウン(シンガポール) +14 76 78 76 230
34T アリヤ・アブドゥルガニー(マレーシア) +16 74 79 79 232
34T エイミー・コガ(アメリカ) +16 79 81 72 232
36T アロイサ・アティエンサ(シンガポール) +18 81 74 79 234
36T メラティ・プトリ(インドネシア) +18 81 78 75 234
38 ディー・マヘンドラ(インドネシア) +19 79 76 80 235
39 タティアナ・ウィジャヤ(インドネシア) +22 78 81 79 238
40 プトリ・アイシャ・アマニ(インドネシア) +23 80 76 83 239
41 サオ・マイ・グエン(ベトナム) +25 81 80 80 241
42 バオ・ギ・ゴー(ベトナム) +34 84 83 83 250
43 ナターシャ・オーン(マレーシア) +37 90 84 79 253
44 キン・トゥー・トゥー(ミャンマー) +38 86 88 80 254

チーム戦の順位・スコア(最終日終了)

順位 国・チーム トータル
1 Team KOREA 2 -11
2 Team PHILIPPINES -7
3 Team NEW ZEALAND -5
4 Team INDONESIA 3 -3
5 Team JAPAN 2(櫻井/篠原) -2
6 Team KOREA 1 -1
7 Team THAILAND 2 +3
8 Team AUSTRALIA +6
9 Team HONG KONG +7
10 Team CHINA +9
11 Team INDIA 2 +11
12T Team CHINESE TAIPEI +12
12T Team THAILAND 1 +12
14 Team INDIA 1 +15
15 Team JAPAN 1(渋野姉妹) +19
16 Team USA +24
17 Team SINGAPORE +32
18 Team INDONESIA 1 +40
19 Team INDONESIA 2 +42
20 Team MYANMAR +50
21 Team MALAYSIA +53
22 Team VIETNAM +59
リーダーボード(2日目終了)

個人戦の順位・スコア・結果速報(2日目終了)

順位 選手名 スコア 1日目 2日目 トータル
1 プリンセス・スペラル(フィリピン) -7 66 71 137
2 リディア・コ(ニュージーランド) -6 66 72 138
3 イ・ボミ(韓国) -5 67 61 139
4T キム・ヒョージュ(韓国) -4 72 68 140
4T ユ・ソヨン(韓国) -4 65 75 140
6 ファン・ヨウミン(韓国) -3 71 70 141
7T ジャラビー・ブンチャン(タイ) -1 73 70 143
7T パトリシア・シノルガン(インドネシア) -1 71 72 143
7T 篠原 まりあ(日本) -1 71 72 143
7T パチャラジュタール・コンクラファン(タイ) -1 70 73 143
11 ナターシャ・オーン(マレーシア) E 74 70 144
12T ティファニー・チャン(香港) +1 73 72 145
12T 櫻井 心那(日本) +1 70 75 145
12T ポーリーン・デル・ロサリオ(フィリピン) +1 75 70 145
15T クリスティーナ・ヨーコ(インドネシア) +2 74 72 146
15T モモカ・コボリ(ニュージーランド) +2 76 70 146
17T 渋野 日向子(日本) +3 73 74 147
17T カリス・デイビッドソン(オーストラリア) +3 72 75 147
19T セキ・ユウリ(中国) +4 74 74 148
19T バニ・カプーア(インド) +4 78 70 148
21T チャン・シュエンピン(台湾) +5 74 75 149
21T シー・チェンファン(台湾) +5 72 77 149
21T スイ・シアン(中国) +5 76 73 149
21T ディクシャ・ダガー(インド) +5 74 75 149
21T アマンディープ・カウル(インド) +5 72 77 149
21T ヤーリミ・ノー(アメリカ) +5 77 72 149
21T サラポーン・チャムチョイ(タイ) +5 73 76 149
28 ヴィルジニー・ディン(香港) +6 78 72 150
29 ガウリカ・ビシュノイ(インド) +7 77 74 151
30T アリヤ・アブドゥルガニー(マレーシア) +9 74 79 153
30T 渋野 暉璃子(日本) +9 75 78 153
30T キャシー・ポーター(オーストラリア) +9 80 73 153
33 ジェイミー・ウン(シンガポール) +10 76 78 154
34T アウンチサ・ウタマ(タイ) +11 76 79 155
34T アロイサ・アティエンサ(シンガポール) +11 81 74 155
34T ディー・マヘンドラ(インドネシア) +11 79 76 155
34T プー・プウィント・ヤティ・キーン(ミャンマー) +11 81 76 155
38 プトリ・アイシャ・アマニ(インドネシア) +12 80 76 156
39T メラティ・プトリ(インドネシア) +15 81 78 159
39T タティアナ・ウィジャヤ(インドネシア) +15 78 81 159
41 エイミー・コガ(アメリカ) +16 79 81 160
42 サオ・マイ・グエン(ベトナム) +17 81 80 161
43 バオ・ギ・ゴー(ベトナム) +23 84 83 167
44 キン・トゥー・トゥー(ミャンマー) +30 86 88 174

チーム戦の順位・スコア(2日目終了)

順位 国・チーム トータル
1 Team KOREA 2 -9
2 Team KOREA 1 -7
3 Team PHILIPPINES -6
4 Team NEW ZEALAND -4
5 Team JAPAN 2(櫻井/篠原) E
6 Team INDONESIA 3 +1
7 Team THAILAND 2 +4
8 Team HONG KONG +7
9T Team INDIA 2 +9
9T Team MALAYSIA +9
9T Team CHINA +9
12T Team CHINESE TAIPEI +10
12T Team THAILAND 1 +10
14T Team INDIA 1 +12
14T Team AUSTRALIA +12
14T Team JAPAN 1(渋野姉妹) +12
17T Team SINGAPORE +21
17T Team USA +21
19 Team INDONESIA 2 +23
20 Team INDONESIA 1 +30
21 Team VIETNAM +40
22 Team MYANMAR +41
リーダーボード(1日目終了)

個人戦の順位・スコア・結果速報(1日目終了)

順位 選手名 スコア トータル
1 ユ・ソヨン(韓国) -7 65
2T プリンセス・スペラル(フィリピン) -6 66
2T リディア・コ(ニュージーランド) -6 66
4 イ・ボミ(韓国) -5 67
5T パチャラジュタール・コンクラファン(タイ) -2 70
5T 櫻井 心那(日本) -2 70
7T パトリシア・シノルガン(インドネシア) -1 71
7T 篠原 まりあ(日本) -1 71
7T ファン・ヨウミン(韓国) -1 71
10T アマンディープ・カウル(インド) 0 72
10T シー・チェンファン(台湾) 0 72
10T カリス・デイビッドソン(オーストラリア) 0 72
10T キム・ヒョージュ(韓国) 0 72
14T サラポーン・チャムチョイ(タイ) +1 73
14T ティファニー・チャン(香港) +1 73
14T ジャラビー・ブンチャン(タイ) +1 73
14T 渋野 日向子(日本) +1 73
18T クリスティーナ・ヨーコ(インドネシア) +2 74
18T アリヤ・アブドゥルガニー(マレーシア) +2 74
18T ナターシャ・オーン(マレーシア) +2 74
18T チャン・シュエンピン(台湾) +2 74
18T ディクシャ・ダガー(インド) +2 74
18T セキ・ユウリ(中国) +2 74
24T ポーリーン・デル・ロサリオ(フィリピン) +3 75
24T 渋野 暉璃子(日本) +3 75
26T ジェイミー・ウン(シンガポール) +4 76
26T スイ・シアン(中国) +4 76
26T アウンチサ・ウタマ(タイ) +4 76
26T モモカ・コボリ(ニュージーランド) +4 76
30T ガウリカ・ビシュノイ(インド) +5 77
30T ヤーリミ・ノー(アメリカ) +5 77
32T バニ・カプーア(インド) +6 78
32T タティアナ・ウィジャヤ(インドネシア) +6 78
32T ヴィルジニー・ディン(香港) +6 78
35T ディー・マヘンドラ(インドネシア) +7 79
35T エイミー・コガ(アメリカ) +7 79
37T プトリ・アイシャ・アマニ(インドネシア) +8 80
37T キャシー・ポーター(オーストラリア) +8 80
39T プー・プウィント・ヤティ・キーン(ミャンマー) +9 81
39T アロイサ・アティエンサ(シンガポール) +9 81
39T サオ・マイ・グエン(ベトナム) +9 81
39T メラティ・プトリ(インドネシア) +9 81
43 バオ・ギ・ゴー(ベトナム) +12 84
44 キン・トゥー・トゥー(ミャンマー) +14 86

チーム戦の順位・スコア(1日目終了)

順位 国・チーム トータル
1 Team KOREA 2 -12
2T Team JAPAN 2(櫻井/篠原) -3
2T Team PHILIPPINES -3
4 Team NEW ZEALAND -2
5T Team THAILAND 2 -1
5T Team KOREA 1 -1
7 Team INDONESIA 3 +1
8 Team CHINESE TAIPEI +2
9T Team MALAYSIA +4
9T Team JAPAN 1(渋野姉妹) +4
11 Team THAILAND 1 +5
12T Team INDIA 2 +6
12T Team CHINA +6
14T Team INDIA 1 +7
14T Team HONG KONG +7
16 Team AUSTRALIA +8
17 Team USA +12
18 Team SINGAPORE +13
19T Team INDONESIA 2 +15
19T Team INDONESIA 1 +15
21 Team VIETNAM +21
22 Team MYANMAR +23

渋野日向子ら日本人のスタート時間、組み合わせ(最終日)

最終日のスタート時間、組み合わせペアリング|日本時間8/20(土)

渋野姉妹が午前8:30、櫻井と篠原が午前9:00頃からスタート予定です(日本時間)。

IN/OUT 日本時間 1人目 2人目 3人目 4人目
OUT 8:30 C・ポーター K・デイビッドソン 渋野暉璃子 渋野日向子
OUT 8:45 A・アブドゥルガニー T・チャン N・オーン V・ディン
OUT 9:00 S・チャムチョイ P・コンクラファン 櫻井心那 篠原まりあ
OUT 9:15 J・ブンチャン A・ウタマ P・シノルガン K・ヨーコ
OUT 9:30 ユ・ソヨン ファン・ヨウミン キム・ヒョージュ イ・ボミ
OUT 9:45 P・スぺラル P・デル・ロサリオ L・コ M・コボリ
IN 8:30 セキ・ユウリ S・シアン V・カプーア A・カウル
IN 8:45 D・ダガー G・ビシュノイ シー・チェンファン C・シュエンピン
IN 9:00 A・アティエンサ J・ウン エイミー・コガ Y・ノー
IN 9:15 D・マヘンドラ P・アイシャ・アマニ P・プウィント・ヤティ・キーン K・トゥートゥー
IN 9:30 T・マイ・グエン B・ギ・ゴー T・ウィジャヤ M・プトリ
2日目のペアリング

2日目の日本人スタート時間、組み合わせ|日本時間8/19(金)

渋野姉妹が午前9:00、櫻井と篠原が午前9:45からスタート予定です(日本時間)。

IN/OUT 日本時間 1人目 2人目 3人目 4人目
OUT 9:00 A・ウタマ J・ブンチャン V・ディン T・チャン
OUT 9:15 C・シュエンピン K・デイビッドソン シー・チェンファン C・ポーター
OUT 9:30 V・カプーア A・カウル キム・ヒョージュ ファン・ヨウミン
OUT 9:45 櫻井心那 篠原まりあ P・シノルガン K・ヨーコ
OUT 10:00 M・コボリ S・チャムチョイ P・コンクラファン L・コ
OUT 10:15 ユ・ソヨン イ・ボミ P・スぺラル P・デル・ロサリオ
IN 9:00 渋野日向子 渋野暉璃子 A・アブドゥルガニー N・オーン
IN 9:15 セキ・ユウリ S・シアン G・ビシュノイ D・ダガー
IN 9:30 エイミー・コガ Y・ノー A・アティエンサ J・ウン
IN 9:45 T・ウィジャヤ M・プトリ D・マヘンドラ P・アイシャ・アマニ
IN 10:00 T・マイ・グエン B・ギ・ゴー K・トゥートゥー P・プウィント・ヤティ・キーン

シモーネ アジアパシフィックカップ2022のテレビ放送(地上波/BS放送/CS放送)、再放送

2022年 シモーネ アジアパシフィックカップのテレビ放送は、地上波、BS放送、CS放送とも予定されていません。

※後述のVidioやYouTubeは、Amazon Fire StickやGoogle Chromecastなどを使えばテレビ画面で楽しむことができますので、是非お試しください。

created by Rinker
グーグル(Google)
¥3,399 (2022/10/07 20:36:36時点 Amazon調べ-詳細)

シモーネ アジアパシフィックカップの無料ネット中継・ライブ/見逃し配信|ユーチューブほか

シモーネ アジアパシフィックカップ2022は、日本国内の公式VODサービスでのネット中継はありません

調査した結果、海外VODサービスにて配信がありますが、VPNなどを利用した上で別途契約をする必要があります。

Astro SuperSport

マレーシアの中継局「Astro SuperSport」のCH813「Astro SuperSport 3 HD」にて、Simone Asia Pacific Cup 2022 全日程のライブ配信があります。

AstroSuperSport(公式サイト)

Astro SuperSport 3 HDを視聴するには、Sportsパッケージのサブスク登録が必要で、単月契約の料金は89.99マレーシア リンギット(日本円で約2,720円)となっています。

 

しかし、今大会を視聴するためだけに3,000円弱の海外VODサービスと契約するのは、全くオススメできません。

ということで、オススメするのは以下の2つの方法です。

Vidio

大会が開催されているインドネシアのストリーミングサービス「Vidio」でも視聴が可能です。

Vidio(公式サイト)

 

Vidioはアプリ視聴が便利で、iPhoneアプリ・Androidアプリとも用意されています。

Vidio: Sports, Movies, Series(App Store)※iPhone用

Vidio: Sports, Movies, Series(Google Play)※Android用

 

こちらの魅力は何と言っても料金の安さで、最安なら月額30,000インドネシア ルピア。

日本円に直すと、Vidioの月額料金はApple ID決済なら¥300/月(クレジットカード決済も約300円/月)です。

 アプリはインドネシア語のみですが、アカウント登録はApple、Google、Facebookとの紐付けができ、決済画面の言語は「Hari=日、Beli=購入」。
Rp300のPlatinumプランを選択すればOKです。

シモーネ アジア・パシフィック・カップは「Champions TV 1」にて連日生中継されるほか、プレミアリーグ、UCL、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アンなどの海外サッカー、WTA女子テニス、カタールW杯などゴルフ以外のスポーツも幅広く配信されます(そのほか、韓国ドラマなども多数配信)。

 

なお、Vidioはインドネシア国内でしか利用できないため、日本国内など海外からVidioを使うには別途VPNサービスが必要です。

VPNには有料/無料とも数多くのサービスがありますが、無料は情報漏えいやウイルス感染等のリスクが付きまとうため避けた方が無難です。

有料VPNサービスであっても、無料トライアルがある場合がほとんどですので、無料期間に安心してご利用ください。

 

実際に使ってみて良かったのは以下の2つ。

接続速度、接続先、料金など機能面を重視するなら「NordVPN、英語が苦手で日本語ヘルプが必要などサポート面を重視するなら「セカイVPNをおすすめします。

NordVPN(公式サイト)

セカイVPN(公式サイト)

 

どちらも無料体験が可能で、NordVPNは最大30日間、セカイVPNは最大2ヶ月間、無料で使えます。

それぞれの詳しい情報は、公式サイトにてご確認ください。

YouTube

ユーチューブでも(違法アップロードですが)ライブ配信があります。

 

確認できたのは、以下の2つのチャンネルとページです。

Jakarta Golf Life(現地日本人によるYouTubeチャンネル)

Simone Asia Pacific Cup 2022 - Day 1(1日目のライブ配信ページ、韓国からのアップ?)

 

Jakarta Golf Lifeでは、動画内に「チャンネル登録50人突破したら現地からライブ配信します。」とのコメントがあり、(すでに50人以上の登録があるため)2日目以降のライブ配信の可能性があります。

2つ目の配信ページも、同様のキーワードで動画検索をすれば中継映像が見つかる可能性があります。

Simone Asia Pacific Cup 2022 - Day 2(2日目のライブ配信ページ、韓国からのアップ?)

 

動画視聴はあくまで自己責任でお願いします。

 

 

 

以上、シモーネ アジア・パシフィック・カップ2022のテレビ放送、インターネットのライブ・見逃し配信、組み合わせスタート時間、結果速報(リーダーボード)などについてでした!