2019年は5年ぶりに日本(埼玉)で開催されるフィギュア・世界選手権(世界フィギュアスケート選手権)のチケット(男子ショート・フリー他)を購入する方法についてまとめています。

 

羽生結弦出場が確定したフィギュアスケートの世界選手権2019。

男子は2017年の羽生結弦以来、女子は2014年の浅田真央以来の優勝を目指して、日本の若きスケーターたちが挑みます。

なお、浅田真央の2014年優勝も日本・埼玉での開催。浅田真央の後継者と騒がれている紀平梨花の活躍にも注目が集まります。

 

さて、そんな世界選手権ですが、チケットが入手困難になっています。

その人気ぶりは、フィギュアのプログラムを30分程度しか観戦できないにも関わらず、2万円以上もする「臨時当日券」の登場が控えているほど。

一般販売では全て完売している世界選手権2019のチケット、ネットオークションやメルカリ等以外で、安心・安全にチケットを入手・購入する方法をご紹介します。

世界選手権2019 日程

世界選手権2019(日本・埼玉開催)の競技日程は以下の通りです。

 

3/20(水):女子シングルのショートプログラム

  • ペア(ショートプログラム) 9:00〜
  • 氷上オープニングセレモニー 14:10〜
  • 女子シングル(ショートプログラム) 14:55〜

(※21:00頃に競技終了予定)

 

3/21(木・祝):男子シングルのショートプログラム

  • ペア(フリースケーティング) 10:00〜
  • 男子シングル(ショートプログラム) 14:55〜

(※21:00頃に競技終了予定)

 

■3月22日(金):女子シングルのフリースケーティング

  • アイスダンス(リズムダンス) 10:45〜
  • 女子シングル(フリースケーティング) 17:30〜

(※21:30頃に競技終了、22:00頃に表彰式終了予定)

 

3月23日(土):男子シングルのフリースケーティング

  • アイスダンス(フリーダンス) 12:30〜
  • 男子シングル(フリースケーティング) 17:30〜

(※21:30頃に競技終了、22:00頃に表彰式終了予定)

 

3月24日(日):エキシビション

エキシビション 15:00〜

※18:00頃にエキシビション終了予定)

 

 ※各種目の競技時間は変更になる場合があります。
 ※開場は、各日とも最初の競技開始時刻の約2時間前です。

 

世界選手権2019 大会概要

2019年世界フィギュアスケート選手権の概要を表にまとめています。

大会種ISU選手権
シーズン2018-2019
日程3/18(月)〜3/24(日)
開催地日本・埼玉
会場さいたまスーパーアリーナ
賞金総額$686,750(約7,600万円)
出場選手枠男子シングル 3枠
女子シングル 3枠
アイスダンス 1枠
ペア 1枠
男子シングル前回優勝ネイサン・チェン
女子シングル前回優勝ケイトリン・オズモンド

チケット購入はチケットトレード or チケットフリマ

前売り券はほぼ完売しているため、確実にチケットを手に入れるには「チケットトレード」か「チケットフリマ」を利用するのが得策です。

 

チケットトレードでの購入方法

「チケットトレード」は、世界選手権2019公式サイト内でも紹介されているトレードサービスで、2/14から出品が始まっています。

出品・購入するならチケットトレード

出品・購入にはEMTG Lite会員登録(無料)が必要です。

購入可能枚数の上限は2枚です。

 

サイトを覗くとすぐに分かりますが、購入するには抽選にエントリーして当選する必要があり、抽選自体も待ち時間が発生している大盛況ぶりです。

5日間通し券や男子ショート開催の3/21(木・祝)、男子フリー開催の3/23(土)はほとんど出品がされていません。

公式チケットトレードサービスなので安心・安全なのは言うまでもありませんが、こちらでも入手は困難を極めています。

 

チケットフリマでの購入方法

そこで、次に登場するのがチケットフリマサービス「チケットストリート(チケスト)」です。

"完売チケット"なら"チケスト"で

※会員登録が必要ですが、外部サイト(Yahoo!やTwitterなど)のアカウントで会員登録が可能です。

 

完売チケットでも合法に二次販売されているので、非常に安心できるサイトです。

サッカー日本代表戦や野球の侍ジャパンの国際試合など、数々の人気イベントのチケットが出品・購入されています。フィギュア世界選手権も例に漏れず出品があります。

チケストが選ばれる 3つの理由

・チケット代金事務局預かり

・売り手本人確認の徹底

・出品チケットのパトロール

通常よりも高い値段設定が多いとはいえ、羽生結弦を確実に現地観戦できる上、チケットによっては連番が保証されていることを考えれば決して高すぎる値段とも言えないのではないでしょうか。

また、購入枚数の制限も原則ありません。

 

配送保証、本物保証、座席内容保証、入場補償、発送仲介、公演中止補償と「6つのあんしん」も付いているので、観戦の目処が立つようでしたら早めのチケット入手をオススメします。

チケットを取り扱う業界の中では、唯一のメールと電話でのカスタマーサポートで悩みや
不安を徹底サポートしているチケスト。気になる点は問い合わせて解決できます!

 

3/21(木・祝)、3/23(土)のチケットは勿論のこと、5日間通し券も出品されています。

 

次回の日本開催は、これまでの傾向から考えると少なくとも5年後。

その頃には羽生結弦が現役引退をしていてもおかしくないので、この絶好の機会をお見逃しなく!

 

以上、フィギュア・世界選手権(世界フィギュアスケート選手権)のチケット(男子ショート・フリー他)を購入する方法についてでした!