斎藤佑樹のストレートが、たった3日で最速144キロから150キロ近くまで...

そんなニュースが、チームが2018年CS第1ステージで敗退してすぐに出てきたものだから、「また今年もオフになってから注目されてしまうのか」と考えていました。

たった3日で、最速144キロだった球速が150キロ近くまで伸びたという。

しかし、よく読むと "(2017年9月16日付本紙掲載 年齢、肩書きなどは掲載時)"などと最後に記載があります。

はて?と思っていましたが、しばらくしてから理解しました。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

現在の斎藤佑樹ではないニュースがなぜか速報で

ある意味、新しいインターネットのニュース配信の形なのかなと個人的に唸りました。

日刊スポーツがやったことは、次の通りです。

 

2018年9月に斎藤佑樹の高校時代にスポットを当てた特集を本誌に掲載。

その翌月、日本ハムのシーズンが終了し、契約更改などのニュースが飛び交う準備ができたタイミング(=斎藤佑樹が1年の中で一番注目を集める時期)に、斎藤佑樹のトピックスを "あえて" インターネット配信。

 

インターネットユーザーは、タイトルだけで内容を判断することが多いため、タイトルを見た人は誰もが「俺はまだまだやれる」詐欺だと思ってしまうでしょう。

そのあたりの影響を考えてのネットニュース配信。

本誌の特集記事を最大限に再販した、素晴らしい発想ではないでしょうか。笑

 

現在の斎藤佑樹・最新のニュースではなく、なぜか高校時代の回顧が、最高にややこしいタイミングで引っ張り出されてきた」わけです。

斎藤佑樹の引退・戦力外がついに現実味を帯びてきた

結果が伴わず「引退」の言葉がよぎるたびに、払拭するような明るいニュースがオフシーズンに飛び交ってきた斎藤佑樹。

しかし毎年期待されながら期待を裏切り続けてきただけに、評価は最底辺です(ある意味では期待通り?)。

 

今年(2018年)の登板数はたったの3試合、防御率7.27とあっては、どう見ても一軍の戦力ではありません。

トレード要員に挙げられたなら御の字ですが、実力は二軍でも厳しい、戦力外通告レベルであることは間違いないでしょう。

 

それが一転、「3日でいきなり球速が上がったという "怪しい通販の典型" のようなコメント内容」を残してひょうひょうとメディアの場に出てきたように演出されるのだから、本当にメディアにとって格好の餌食(オモチャ)なんだなぁという感じですね...。

メディアに取り上げられ、メディアに泳がされ、メディアに潰されたわけではなく自分から評価を下げ続きてきた斎藤佑樹。

 

彼の輝かしい高校時代の功績と "スピードラーニング的秘話" が、2018年オフに出てきたということは...

このニュースの反響によって、来年の契約が左右されるところまで来ているのかもしれませんね。

 

高校時代のライバル・田中将大がプレーオフでまたも好投した数週間後、シーズンオフでまたも世間を賑わせる斎藤佑樹。

もはや色んな意味で秘密兵器であり、最終兵器であります。

 

ナックルボーラーでも何でもいいので、1年だけでも活躍する姿を見たいものです。

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ