ついに2018年のプロ野球が開幕し、開幕戦で巨人の絶対的エース菅野が炎上したというニュースが並んでいます。

 

こんにちは、@mori_ichi_です。

普段はテニスばかり追いかけていますが、野球の方が観戦歴も長くて詳しいです。

絶賛子育て中なのでライブ観戦は限られていますが、今年はできるだけ野球関連の記事もアップできればと思います!

 

ちなみにオリックスファンなので、開幕早々ショッキングな内容でした(1安打・打者27人で零封負け)。心中察してください😭

 

前置きが長くなりましたが、菅野炎上に関するニュースとハイライト動画を見てみて感じたことを綴っていきます。

画像提供:gettyimage

スポンサーリンク

制球難に苦しみながらも開幕戦で7回を投げ切った菅野のスゴさ

菅野炎上関連のニュースには次のように記されています。

開幕3戦3勝と無双だったエースが1度も見せたことのない姿だった。

巨人菅野智之投手(28)が2年ぶり4度目の大役を務めた阪神との開幕戦で、自己ワーストの12安打を浴びるなど7回5失点で崩れた。

巨人菅野7回5失点、開幕無双エース“炎上”のワケ

普通に考えて、開幕3戦3勝で無双って...母数が少なすぎますよね...。

 

被安打12も5失点も確かに多めですが、「よく7回まで投げたな」というのがスコアを見た時の率直な感想です。

 

2番・鳥谷、3番・糸井、5番・福留らは選球眼が良い選手なのでボール球や際どいコースは見極めてきます。

自然と球数も増えますが、5失点しながらも120球で7回を投げ切りました。

 

全体的に投球が上ずり傾向で、逆球も多い中でも、与四死球は0なのが菅野のスゴさだと思います。

ストライクゾーンで勝負できる球種を複数持っているからこそ出来る芸当ですね。

技術の高さを見せつけた福留と大山のホームラン

菅野は、オフの間にマスターした新球・高速シンカーも投げていましたが、この日は今ひとつ制球が定まらず。

伝家の宝刀スライダーも好調時のキレはありませんでした。多少のコンディション不良はあったかと思います。

 

しかし何よりの誤算は、早い段階で福留にアウトハイのファストボールを上手くさばかれ、ホームランで先制されたことでしょう。

アウトローに構えてたので制球ミスではありますが、福留の技術の高さが凝縮された一打でした。並みのバッターであれば振り遅れてファールになります。

レフトポール際フェンスギリギリのあの打球が仮にファールだったら...福留の後の3連打は生まれてなかったかもしれません。

味方打線を一気に勢いづかせた、大きな意味のある先制打でした。

 

2点目の高山の内野安打は完全に打ち取られていましたが、追い込まれていた中で鋭い変化球に何とか食らいつき、執念のヘッドスライディング。

阪神のバッターには、「菅野相手なので何とか食らいついていこう」という姿勢がよく表れていましたね。

 

立ち直りたい菅野でしたが、次の回にも失点してしまいます。

飛び出したのは、大山の右方向へのホームラン。これはお見事でした。

キャッチャー小林はインコースに構えていたので、アウトコースいっぱい(ボールゾーン?)への投球は逆球でしたが、捉えた打球は右中間スタンドへ一直線。

ダイエー時代の井口を彷彿とさせるような、右方向へ伸びる打球にホレボレしました。

このバッティングが出来れば、長打力はそのままに打率が上がっていきます。ドラ1入団でプロ2年目の大山の打撃にこれからも注目です。

 

菅野の失投をミスショットせず仕留めた、福留のソロと大山のツーラン。

菅野も5失点したものの与四死球0な上に、2本のホームラン以外は全て単打(シングルヒット)

ワンサイドゲームに見えますが、各選手のレベルの高さが垣間見えた良い試合だったと思います。

 

菅野炎上のワケとしては、阪神打線が逆球・失投を逃さずよく打った(よく食らいついていった)ということでいいのではないでしょうか。

 

【巨人 vs 阪神(3/30)ハイライト】

開幕戦炎上で思い出すのはダルビッシュ、ちなみにシーズン最終成績は

不動のエースが開幕戦で炎上。

野球ファンなら、2011年のダルビッシュを思い出したのではないでしょうか。

 

ライオンズ打線につかまったダルビッシュは、7回7失点の大炎上

4年連続で防御率1点台という難攻不落の絶対的エースのまさかの姿に、日本中が驚きました。

とどめの中島のスリーランは「そこをホームランにされたらどうしようもない」というアウトローの完璧なファストボールを右方向へ放り込んだもの。

これですね、ナカジの化け物ぶりがよく分かります。なおメジャー挑戦を経て...(中略)...どうしてこうなった。

 

ただ、2011年のダルビッシュの最終成績は防御率1.44、WHIPは驚異の0.83。

この年から導入された統一球の影響も大きかったのですが、それでもこの成績はとんでもないです。

開幕戦以外で集計すると防御率は1.20でした(最優秀防御率は田中マー君の1.27)。

 

 

2017年は5回をもたずに降板したことのなかったエース菅野(ワーストは5/30楽天戦の5回8失点)。

そして昨年も東京ドーム初登板(4/11広島戦)は5回2/3を5失点で敗戦投手でした。

 

過去4年で3度の最優秀防御率を誇る、巨人のみならず球界のエース菅野がこのまま終わるわけがありません。

必ず修正してきて、秋頃には「また菅野がダントツで防御率のタイトルか...」となっていると予想して、お開きとさせていただきます。

 

 

以上、久々の野球記事でぎこちなさMAXの@mori_ichi_でした!

(今日は2安打以上をお願いしますバファローズ😭)

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ