LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

【日本シリーズ2016】第6戦で決着!日ハムが10年ぶり日本一!

    2016/11/19

nippon-ham-victory

2016年の日本シリーズは北海道日本ハムファイターズが2連敗から4連勝し、見事日本一に輝きました!

第6戦は札幌で3連勝した勢いそのままに、接戦をものにしての勝利です。

日ハムの日本一は10年ぶりの快挙です。

 

先発・大谷 翔平と引退表明の黒田 博樹との投げ合いは実現しませんでした…。

スポンサーリンク

力尽きた広島ベンチ…第6戦ハイライト

前の試合でサヨナラ満塁ホームランを放った西川 遥輝が先頭バッターでいきなりスリーベース。

西川は2本のスリーベースを含む5打数3安打1四球

2番・中島 卓也もこの試合2打数2安打3四球と完全に持ち味を発揮しました。

1、2番で実に9出塁です。

 

広島東洋カープは3番・岡 大海のブレーキに助けられて持ちこたえる形でしたが、8回ツーアウトランナーなしからジャクソンが崩れて勝敗が決しました。

中田 翔のフォアボール、ピッチャー・バースのまさかのタイムリーまでは仕方ないにしろ、レアードのところでピッチャー交代は動けたのではないかと思います。

敗色濃厚と判断したのかジャクソンと心中と腹を括っていたのか、真相は闇の中ですが、この回少し采配に雑さが出たのが残念でした。

 

なお、日本シリーズMVPはレアードが受賞しました。

 

日本シリーズ2016を振り返って

内弁慶シリーズとして、黒田の現役最終登板試合でカープが悲願の日本一、という漫画のようなシナリオを期待していましたが、現実は違いました。

2016年の日本シリーズの総括です。

 

第1戦、第2戦と広島が地元の大歓声の後押しもあって日ハムを圧倒。

日ハムは大谷、増井で1勝も出来ず打線が湿ったまま札幌に戻ることに。

 

カープ2勝で迎えた第3戦が大きな分岐になりました。

 

大谷を歩かせて中田勝負に徹するかがブレたことと、中田の逆転タイムリー時の松山 竜平の守備位置がおかしかったこと(守備固めもなかったこと)。

緒方監督も悔やんだ采配ミスが、このシリーズ第4戦以降も出てしまいました。

 

第4戦では、鈴木 誠也の送りバントサイン見逃し事件でチャンス拡大ならず、直後にレアードに痛恨の被弾。

第5戦では、岡へのデッドボールで不穏な空気になった場面。

当てた側が激昂する意味が分かりませんし、マウンド上の中﨑の動揺を助長しただけとなり、直後に西川に満塁弾を浴びました。

そして第6戦のジャクソン続投…。

 

シーズン中、何度も試合をひっくり返した「逆転の広島」らしい打線の粘りが随所で出ていただけに、ちょっとしたタクトの振り違いが勿体無い印象でした。

 

とある記事では「エラーや無駄な四球が多すぎた」との批評がありましたが、その分良いプレーも多くて、見応えのあるシリーズだったと思います。

エラーが増えたのは経験不足と固くなっていたせいですが、四球が増えるのは両チームとも打席内容の良いバッターが多いのと、慎重になる場面が多いので仕方ない部分でしょう。

 

ちなみに日ハム10年前の日本一はこんな感じでした

新庄が現役引退を表明した中で行われた2006年の日本シリーズ。

中日ドラゴンズに4勝1敗で勝利し、見事44年ぶりの日本一に輝きました。

 

第1戦こそ川上 憲伸とダルビッシュ 有のエース対決に中日が勝利しますが、残り試合は全て日ハムが勝利しました。

第5戦はまたもエース対決でしたが、ダルビッシュが雪辱を果たしました。

 

日本一決定の第5戦のスタメンと投手リレーはこんな感じでした。

1(左)森本
2(二)田中賢
3(一)小笠原
4(指)セギノール
5(右)稲葉
6(中)SHINJO
7(三)稲田
8(捕)鶴岡
9(遊)金子

ダルビッシュ – 岡島 – MICHEAL

 

懐かしい…そういえば新庄は登録名「SHINJO」でしたね(笑)

 

田中 賢介はメジャー挑戦を経て、今回もスタメンで出場していました。

金子 誠はコーチとして戦況を見つめていましたね。

ダルビッシュは海の向こうからビデオメッセージを送って激励していました。

 

10年経つとガラッとメンバーは変わりますが、打線から受ける印象はあまり変わりません。

日ハム打線は、いつでも「嫌な」雰囲気があります…。単純に好打者が揃っているのではなく、個性あるバッターたちがそれぞれの役割を全うしようとするからかもしれません。

 

 

最後は少し寂しい終わり方となった2016年の日本シリーズ。

カープははじめの2試合以外はあまり良い形で戦えませんでした…。

 

しかし敗退した直後、夜中にもかかわらずカープのバッターはバッティング練習をしていたそうです。

短期決戦には敗れたものの、より上手く・より強くなろうというチームのDNAは無くなりません。

黒田の背番号15は永久欠番となることがほぼ確定です。投手陣も黒田の意志を受け継いで成長していくことでしょう。

 

1984年以来の日本一は来年以降に持ち越しですが、近い将来実現できそうです。

 

よく「一年間ありがとうございました!」と言いますが、実質シーズンは半年です。

半年間素晴らしいシーズンをありがとうございました!!

 

\日ハム ファイターズ 日本一 お祝いセール/ 北海道限定商品 5種×2個詰め合わせ (日清食品 どん兵衛 マルちゃん やきそば弁当 カップ焼きそば)【数量限定】

 - 野球