LGA-BLOG

アンディ・マレー応援ブログ

【日本シリーズ2016】第5戦は西川のサヨナラ満塁ホームランで劇的勝利!

    2016/11/19

nishikawa-sayonara

2番でスタメン出場の西川 遥輝が劇的なサヨナラ満塁ホームランを放ち、チームを勝利に導きました。

さっそく西川のサヨナラ弾をご覧ください。

スポンサーリンク

西川のサヨナラ満塁ホームラン動画

動画は9回裏の日ハムの攻撃、先頭の陽 岱鋼から始まります。(西川のサヨナラ満塁ホームランのみは下にあります)

守護神・中﨑 翔太が岡 大海に初球デッドボールで一触即発ムードになる場面も収録されています。

 

こちらは西川の打席のみ。1:48からの両チームベンチ比較映像が秀逸です。

 

日本シリーズのサヨナラホームランは15度目。

直近では2009年に巨人の阿部 慎之助が日ハムの武田 久からソロホームランを放ちました。(前年にも巨人のアレックス・ラミレスが打っていました)

 

日本シリーズのサヨナラ満塁ホームランは2度目

サヨナラ満塁ホームランとなると、1992年のヤクルト – 西武の第1戦、代打で出場の杉浦 享が鹿取 義隆から放って以来、史上2人目の快挙です。

当時の映像がありましたので、載せておきます。

スタメン出場でのサヨナラ満塁ホームランは初です。

1点勝負の緊迫した試合でしたが、最後は派手な幕切れでした。

 

第5戦のハイライト動画(カープ二遊間好守備連発)

これが連勝中のチームの強さなのか、日ハムに勢いがある感じで試合が進みます。

シーズン15連勝の底力はダテじゃありません。

 

そんな中ジョンソンは中4日での登板、再三ランナーを背負うもののバックの好守備にも助けられ、何とか無失点で切り抜けます。

やはり田中 広輔・菊池 涼介の二遊間は、これぞプロフェッショナル!と唸るプレー連発です。

 

両軍とも流石は頂上決戦という好プレー連発で、見ていて楽しい試合です。

日ハムが同点に追いついた犠牲フライも、最終回の中島 卓也の内野安打も、全力を出し切った同士の紙一重の勝負だけに素晴らしいです。

ちなみに誕生日のジャクソンは、前日までの鬱憤を晴らす快投でした。

 

日ハム王手も残り2戦は鬼門の広島開催

お互いに本拠地でのゲームにのみ勝つ「内弁慶シリーズ」化している今シリーズ。

先に王手をかけたのは日ハムでした。

しかも、カープのエース・ジョンソンに対して加藤を当てたゲームでの勝利です。

 

ということで、第6戦マツダスタジアムでの試合は、大谷 翔平の先発となります。

大谷は中6日、満を持しての登場です。第1戦のリベンジなるか注目です。

 

一方カープの先発は野村 祐輔でしょう。

最多勝に輝いた勝ち運を、運命の第6戦でも発揮できるか。

逆王手で第7戦にもつれると、引退表明の黒田 博樹の「本当の」現役最終登板となります。

個人的には、黒田には最後の勇姿を地元・広島ファンに見せてあげて欲しいと感じていますが、大谷がそうさせてくれない気がします(笑)

リーグ優勝決定戦の時の対西武戦1安打完封のような投球を、完全アウェーの広島で見せたとしてももう驚きません…。

 

(追記)

大谷は第7戦にまわして、増井 浩俊が第6戦の模様です。

第6戦、リードしていたら「ストッパー・大谷」の出番もありそうです。

最後までどちらが日本一に輝くのか分からない、近年稀に見る面白さの日本シリーズになってます。

もしもあるなら、外野手・大谷の活躍にも注目です!

 

西川遥輝メッセージBOOK [ 西川遙輝 ]

 - 野球