吉田輝星の名前の読み方が分からなかったので、まとめました。

音読みで「きせい」と読みたいところですが...

 

金足農業高校のエースとして高校野球を盛り上げた吉田輝星。

彼の名前「輝星」の読み方はご存知ですか?

画像提供:gettyimage(Kanaashi Nogyo Pitcher Kosei Yoshida Press Conference)

スポンサーリンク

輝星の読み方は「こうせい」

「輝く星」で「こうせい」と読みます。

輝の漢字に「こう」という読みは本来ありませんが、人名の読み方は自由です。

 

「輝星と書いて、こうせいと読みます」と決めるのは親の自由なのです。

輝星の名前は父が名づけ親

名づけ親は、かつて輝星と同じく金足農業高校で投手をしていた父。

父親が大好きな柔道の選手「井上康生(こうせい)」が名前の由来です。

 

両親にとって、野球界にとっての輝く星になれ、井上康生のようなスター(星)になって輝く人生を送れ、という想いが込められているのではないでしょうか。

 

 

歴史に名を刻むであろう吉田 輝星の、名前の読み方は「こうせい」でした。

同じく名前に星がある菊池 雄星のように、プロ野球で活躍してメジャー挑戦も視野に入れる活躍を期待したいものです。

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ