圧倒的な戦力を誇るソフトバンクホークスの打線で、ひときわ異彩を放っている中村晃。

何年も連続でレギュラーとして出場している割に地味な印象ですが、中村晃とはどんな選手で、どこが評価されているのでしょうか。

 

今回は、中村晃というバッターの特徴についてまとめています。

スポンサーリンク

中村晃は職人肌で玄人好みのスタイル

中村晃というバッターは確かに地味かもしれません。他の選手に比べるとあまり目立ちません。

2013年、2014年シーズンは1番を打つことも多くありましたが、2015年シーズンは主に下位打線を任されていました。

 

足は速い方ですが、盗塁はあまり得意ではありません。

守備も外野(ライト)とファーストが守れるのは強みですが、ゴールデングラブ賞を取るほどの内容ではありません。

 

何が秀でているかというと、その「バッティングの巧みさ」です。

特に打席内容が非常に秀でていて、職人肌で玄人好みの成績を残します。

パリーグを代表する「打ち取りにくい」打者

中村晃の最大の特徴は「なかなか打ち取れない」ことです。

2013年、長谷川勇也が首位打者を獲得しましたが、長谷川は開幕当初1番を打っていました。シーズン途中から5番に配置転換し、代わりに1番を任されていたのが中村 晃。

何故首位打者よりも1番が適任だったのかというと、秘密はその異常な出塁率の高さにあります。

 

中村晃と長谷川の2013年の出塁率はともに.392でした。(打率は長谷川が.341、中村 晃が.307)

1番にはリードオフマンとして出塁を、5番にはクリーンナップとして打点を期待するので、長谷川と中村晃との打順変更は理にかなっていました。

 

最近同タイプで日本ハムの中島卓也も台頭してきました。

阪神の鳥谷敬もチームの中心選手でありながら、この「打ち取りにくい打者」に属していると言えます。

 

三振と四球の関係で見える打席での姿勢

実は中村晃は、パ・リーグで唯一2013-2015年シーズンで3年連続打率3割を達成しています。

李大浩や内川聖一、銀次や糸井嘉男もチャンスはあったのですが、怪我の影響などで達成はなりませんでした。

しかも3割打者の数はどんどん減少傾向にあり、

10人(2013年)→7人(2014年)→5人(2015年)となっています。

そんな中での達成は偉業といえるでしょう。

 

しかし、打率だけではどんなスタイルの選手なのか分かりません。

ホームランを見ると中村晃はキャリアハイが1シーズン5本。

今までは打率が高くてホームランが少ないのは、俊足巧打タイプで盗塁が多い選手が一般的でしたが、中村晃は盗塁が苦手で企画数の半分以上が失敗です。

 

そこで注目したいのが、三振と四球との関係です。

実はここを見ると、近い将来ブレイクしそうな選手の発掘に繋がることも多いので要チェックです。

 

2015年パ・リーグで唯一四球が三振を上回ったのが中村晃です。

これは本当にすごいことで、最近では青木宣親や鳥谷敬が複数回達成しているだけで、なかなか達成できない記録です。

 

打席での粘り強さがまず重要で、早打ちしない。

追い込まれてもファールで逃げられて、ボールゾーンはしっかり見極める。

上記の2つが備わっていないと達成できません。

バッターは追い込まれると打率が極端に下がるものなので、四球が三振を上回ってかつ打率が高いというのは素晴らしいの一言です。

 

中村晃の場合、それにプラスしてピッチャーが投げづらいと感じる工夫?があります。

 

中村晃の不思議な「脇パカ打法」

その工夫とは、ピッチャーの投球動作中に発動する左脇のパカパカ運動。

はじめて見た時は、これは投げにくい!と感動したものです。

本人はタイミングを取っている動作なんですが、他にやる人がいないので違和感として伝わってきます。(今では同僚の福田秀平選手が真似てますが)

 

バッターの独特な構えは、最近の例だと...

覆いかぶさるような姿勢で構えて、ストライクゾーン内に足をあげてくる畠山和洋。

やたらとバットを小刻みに動かして、打席で落ち着きのない田中浩康。

打席で全身の上下運動をヒョコヒョコとする青木宣親(楽天に入団したものの全然活躍せずに帰ってしまったユーキリス選手も、謎の上下運動が見ものな選手でした)などがいます。

なぜかヤクルトの選手ばかりになりました。伝統芸なのでしょうか...。

 

あとは際どいボール球を悠々と見逃されると、バッテリーとしては非常にやりづらい打者と見なされます。

2015年は筒香嘉智がそうでした。いつも微動だにしないので怖すぎます。

彼は三冠王をとった時の松中信彦を彷彿とさせるオーラを打席でまとっているので、今後に注目です。

 

脇道にそれながらでしたが、中村晃の魅力は十分に伝わったかと思います。

これからますます増えてくるであろう「打席内容重視のバッター」の先駆け的存在として、ぜひ注目してください!

コメントを残す