10/21に福岡で行われた第4回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」のレース中に、思いもよらないトラブルが発生しました。

なんと、2区のランナーが中継地点の手前で転倒、走ることができなくなって四つんばいになりながら「はってタスキ」を繋ごうとしたのです。

 

200メートル以上を四つんばいで進んだランナーは右足のすねの骨を骨折しており、全治3〜4ヶ月。

治るまでに通常の骨折の3倍以上もの時間がかかる大怪我を負ってしまいました。

スポンサーリンク

たすきを繋ぐために走れない状態でも前に進む駅伝ランナー

こちらの動画で詳しく解説されていますが、まだ19歳、入社1年目のランナーです。

駅伝ランナーは、たすきを待つ仲間のために、またレースを走れない仲間のためにも、死に物狂いで前に進みます。

その足を、本人が止まることはありません。

賛否両論の「はってたすき」シーン

確かに仲間のため、応援している家族や友人、全ての人々のためにも、途中棄権は出来るだけ避けたい気持ちは分かります。

ランナーは、この日のために相当な練習をしてきていますし、この予選会がどれだけ重要な位置づけなのかはランナーが最もよく知るところでしょう。

 

多少のトラブルでは走るのをやめませんし、箱根駅伝でも毎年あるようなシーンですが、走れなくても前に進もうとしてしまうのです。

 

まだ19歳と将来有望なランナーに襲いかかった悲劇。

膝の流血は痛々しく、美談として片付けるには問題点が多くあります。

 

選手の安全を第一に考えた運営体制を

監督は、転倒したものの四つんばいでレース続行している事態を知って、即座に棄権を申し入れました。

ただし、選手の近くにいた審判にその旨が伝わった頃には、中継地点まで残り20メートルくらいまで近づいていたようです。

 

「監督の棄権要請にもかかわらず、結果として最後まで競技が続行された。誠に遺憾で、再発がないように運営の改善を願う」

はってたすきを繋いだチームの広報部が寄せたコメントですが、レースに携わる関係者なら共通の想いでしょう。

 

今回の駅伝では、フラフラになりながら逆走した挙句、草むらに倒れこんだランナーもいました(そのまま途中棄権)。

脱水症状が疑われる事態でしたが、レース続行の判断は選手生命はおそか、人の命さえ失いかねません。

 

監督が、誰々が、ではなくて、大会運営側も危険を察知して、選手を守る体制を整える必要があるのではないでしょうか。

脱水症状、低体温症など、命の危険にさらされるような状況を、ガッツだとか美談だとかで片付けてはいけません…。

勇気ある途中棄権が増えてくれればと思います。

競技人生も本人の人生も、まだまだ長く続くのですから。

コメントを残す

Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!

過去記事ピックアップ